国内シェア9割!“98”で“パソコンのNEC”を確立させた男

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/09/19
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#254“98”で“パソコンのNEC”を確立させた男 〜関本忠弘氏

日本において、「パソコン」として最も普及した機種は? と問えば、多くの人は「98でしょ?」と答えるに違いない。「98(きゅーはち/きゅっぱち)」すなわち「PC-9800」シリーズである。今回は、そんな98を日本に広めた立役者の1人である関本忠弘氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

関本忠弘は1926年に兵庫県神戸市にて誕生した。旧制姫路高等学校を卒業すると東京大学へ進学。物理学を専攻した。1948年に日本電気に入社し、同社の中央研究所に配属された。

関本忠弘氏
1926年
兵庫県神戸市にて誕生。
1948年
東京大学を卒業して日本電気へ入社。
1962年
東京大学にて工学博士号取得。
1974年
日本電気取締役に就任。
1980年
社長に就任。
1994年
会長に就任。
2007年
死去。享年80歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ “98”で“パソコンのNEC”を確立させた男 〜関本忠弘氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ “98”で“パソコンのNEC”を確立させた男 〜関本忠弘氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007169



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ