世界初WAN接続実験…挑戦の連続!インターネットの父

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/08/08
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#249世界初WAN接続実験…挑戦の連続!インターネットの父 
〜ローレンス・ロバーツ氏

ここでも何度か紹介しているが「インターネットの父」と呼ばれる人物は複数いる。それは、インターネットの成立がただ1人の尽力によるものではないからだ。今回紹介するキーマンもその1人。パケット通信の基礎を固めてARPANETの“基礎の基礎”を作った“インターネットの父”、ローレンス・ロバーツ氏(以下敬称略)を紹介しよう。

ローレンス・ロバーツは、1937年にアメリカ・コネチカット州にて誕生した。幼い頃から電子工作に興味を持ち、テスラコイルを自作したり、キット式のテレビを組み立てたりと非凡な才能を示していた。両親が関わっていたガールスカウトのキャンプで使う簡易的な電話ネットワークを設計したりもしていたというから驚きだ。

ローレンス・ロバーツ氏
1937年
アメリカ・コネチカット州にて誕生。
1955年
MITに入学。電気工学を専攻。
1963年
電気工学のPh.Dを取得し、リンカーン研究所に入所。
1966年
ARPA情報処理部へ移籍。
1968年
パケット通信についての基本的な規格を策定。
1971年
ARPANET開始にこぎつける。
1973年
ARPAを離れTelnet社社長に就任。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 世界初WAN接続実験…挑戦の連続!インターネットの父 <BR>〜ローレンス・ロバーツ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 世界初WAN接続実験…挑戦の連続!インターネットの父 <BR>〜ローレンス・ロバーツ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007164



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ