IBMの株価も急上昇!80歳過ぎてもコードを書き続けた先駆者

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/08/01
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#248IBMの株価も急上昇!80歳過ぎてもコードを書き続けた
学習プログラムの先駆者 〜アーサー・サミュエル氏

先日、プロ棋士とコンピュータが将棋で対決する「電王戦」が開催され、話題となった。コンピュータプログラムが人間に勝利したからだ。数年前までは人間が圧勝していたが、ここ数年で将棋対戦プログラムはその力を増している。これもプログラムが自ら「学習」した成果だ。今回は、世界で初めて「学習型プログラム」を開発し、コンピュータによる対戦ゲームを実現することに成功したアーサー・サミュエル氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

アーサー・サミュエルは1901年にアメリカ・カンザス州にて誕生した。高校卒業後に進学した州立エンポリア大学を1923年に卒業すると、MIT(マサチューセッツ工科大学)に進学。電気工学を学んで1926年に修士号を取得すると、そのまま同校で講師を務めることになった。

アーサー・サミュエル氏
1901年
アメリカ・カンザス州にて誕生。
1923年
MITに進学して電気工学を学ぶ。
1928年
ベル研究所へ入所。
1949年
IBMへ入社。コンピュータチェッカーの開発で貢献。
1966年
IBMを退社してスタンフォード大学教授に就任。
1987年
コンピュータパイオニア賞を受賞。
1990年
死去。享年89歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ IBMの株価も急上昇!80歳過ぎてもコードを書き続けた<br>学習プログラムの先駆者 〜アーサー・サミュエル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ IBMの株価も急上昇!80歳過ぎてもコードを書き続けた<br>学習プログラムの先駆者 〜アーサー・サミュエル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007163



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ