粉飾決算1兆円超で禁固25年…スプリント社買収に失敗した男

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/07/25
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#247粉飾決算1兆円超で禁固25年…スプリント社買収に失敗した男
 〜ベルナルド・エバース氏

1990年代の後半、アメリカを中心にして世界は「ITバブル」に踊った。多くの企業が登場しては株式市場を賑わせ、消えていった。そんな中、一時期はアメリカのIT市場の頂点に立とうかという地点まで上り詰めた男がいた。元はバスケットボールのコーチだったという彼の名はベルナルド・エバース氏(以下敬称略)。今回は彼をキーマンとして紹介しよう。

ベルナルド・エバースは、1941年にカナダ・アルバータ州にて誕生した。高校ではバスケットボールプレイヤーとして活躍。卒業すると、バスケットボールの奨学金を受ける条件でアメリカ・ミシシッピー大学へ進学。いくつかのアルバイトを掛け持ちしながら勉強し、同大学の体育学科を1967年に卒業した。大学を卒業したあとは、とある高校でバスケットボールのコーチに就任した。背が高く笑顔が素敵で、アメリカでは好かれる風貌の典型だったという。

ベルナルド・エバース氏
1941年
カナダ・アルバータ州にて誕生。
1967年
アメリカ・ミシシッピー大学を卒業。バスケのコーチに。
1983年
LDDS社の初期投資家として出資。
1987年
LDDS社のCEOに就任。業績の立て直しに成功。
1998年
MCI WorldCom社に社名変更。
1999年
企業買収を続けてきたが、Sprint社の買収が独禁法により頓挫。
2006年
粉飾決済などにより有罪判決。収監される。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 粉飾決算1兆円超で禁固25年…スプリント社買収に失敗した男<br> 〜ベルナルド・エバース氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 粉飾決算1兆円超で禁固25年…スプリント社買収に失敗した男<br> 〜ベルナルド・エバース氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007162



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ