デジタル時代の起源…熱血授業で急死した2進数の権威

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/07/04
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#244デジタル時代の起源…熱血授業で急死した2進数の権威 〜ジョージ・ブール氏

論理学を数式で表わす「ブール代数」。2進数を用いているので、コンピュータを科学を学んだり、コンピュータを設計する場合には欠かせない基礎的な考え方である。今回は、そんなブール代数を産み出したジョージ・ブール氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

ジョージ・ブールは1815年にイギリス・リンカーンにて誕生した。父は小さな靴店を営む自営業者で、さまざまな学問を独学で学んでいた。そんな父は、近くに学校がなかったために学校に通えなかった息子に対しても教師役としてさまざまなことを教えた。父に教わったとはいえ、ブールもまたほぼ「独学」で学問の基礎を身につけたということになる。幼い頃のブールは数学よりも古典文学に傾倒していたそうだ。

ジョージ・ブール氏
1815年
イギリス・リンカーンにて誕生。
1831年
16歳にしてアシスタント教師に。
1834年
地元に自分の学校を創立。
1844年
ブール代数の基礎となる論文を発表。
1854年
ブール代数の原典「思考の法則」を出版。
1857年
ダブリン大学・オックスフォード大学より名誉学位授与。
1864年
死去。享年49歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ デジタル時代の起源…熱血授業で急死した2進数の権威 〜ジョージ・ブール氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ デジタル時代の起源…熱血授業で急死した2進数の権威 〜ジョージ・ブール氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007159



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ