ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ

2014/09/22

 国内タブレット市場は、個人向け需要が落ち着きをみせ、次の段階として法人向けタブレット需要が拡大しつつある。そしてその中でも、OSにWindows 8(8.1)を搭載した「Windows 8タブレット」の存在が大きくなってきている。そこでここでは、各社がリリースしているWindows 8タブレットの主なスペックや特徴を一覧表にまとめて紹介していくとともに、Windows 8タブレットの特性とビジネスシーンにおけるメリットを改めて整理していき、製品選びのポイントについても紹介していきたい。

Windows 8タブレット

※「Windows 8タブレット/ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Windows 8タブレット/ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1Windows 8タブレットの基礎知識

1-1Windows 8タブレットが支持される背景とは

 IT専門調査会社IDC Japanによれば、2014年第1四半期の国内のタブレット出荷台数は前年比12.3%増の212万台で、このうち法人向けタブレット端末の出荷台数は70万台、同比115.9%増となっているという。法人向けが伸びている要素の1つとして「Windows 8タブレット」が挙げられるが、昨今急速に支持されつつある背景はどのようなところにあるのだろうか。

■Windows 8タブレットとは?

 まず簡単に「Windows 8タブレット」について解説しよう。Windows 8タブレットに細かい製品定義はない。基本的にはパソコンと同じアーキテクチャなので、Windows 8搭載パソコンの中で「タブレット形状」として使えるものがWindows 8タブレットということになる。Windows 8は2012年10月に一般向けに発売された、タッチ操作を意識して開発された最新のWindowsだ。なおここでは便宜上「Windows 8タブレット」と表記しているが、2014年9月上旬時点でWindows 8は数回のマイナーバージョンアップを経て、「Windows 8.1 Update」となっているので、その点はご了承いただきたい。
 Windows 8タブレットは、その形状とタッチ操作が主体となること以外は、従来のWindowsパソコンと同様に使用できる。タブレット形態のほかに、キーボードやマウスを接続して使うことも可能で、最初から取り外し可能なキーボードが付属する「2in1」スタイルのWindows 8タブレットも少なくない。既存の周辺機器も、Windows 8対応ならば問題なく動作する。もちろんWindowsパソコン対応ソフトが動作し、それらで作成した文書やデータもそのまま使える。「Microsoft Office」製品が広く使われてきたビジネスの現場で、Windows 8タブレットを使うことが障害になることはほぼない。

■ワークスタイルの変革

 ここ数年で注目されているキーワードとして「ワークスタイルの変革」がある。ネット接続インフラが充実し、スマートデバイス(スマートフォンやタブレット、フィーチャーフォンなど)が普及したことによって、いつでもどこでもネットに接続して情報を得たり共有したりということが容易となり、場所にとらわれないワークスタイルが確立した。
 まずメールやスケジューラがスマートデバイスで利用できるようになり、次いで文書の電子化によってペーパーレス化が進んだ。スマートデバイスを使った遠隔会議も一般化している。そして最近では、契約業務を行なったり、基幹系業務システムに接続したりという業務も、スマートデバイスでこなせるようになってきている。前述したとおり、Windows 8タブレットはWindowsパソコン同等の機能があり、従来使われてきた「Active Directory」にも対応(Windows RT搭載モデル除く)。セキュリティを確保しながらの業務利用が容易な端末となっている。

■Windows XP搭載PCからの置き換え需要

 さらに背中を押す要因が、2014年4月にサポートが終了した「Windows XP」の存在だ。今、Windowsパソコンを導入するのであればWindows 8/8.1を搭載したパソコンを選択するのが現実的であり、またOSの特性と昨今のワークスタイルに合わせるなら、デスクトップPCよりもノートPCやモバイルノートPCが適している。そこにさらなる機動性を求めるならば「Windows 8タブレット」という流れが本格化しているようだ。
 こうした流れを後押しするのが、ここ数年でスマートデバイスの使用が一般化したことによって、エンドユーザーが業務でタブレット端末を利用することに抵抗感がなくなっていることだ。また、数年前からすでにAndroidタブレットや、iPadを業務用端末として採用している企業も少なくないが、業務をこなす上では「脱Windowsパソコン」はやはり難しいようで、結局それらの端末とWindowsパソコンを併用することとなり、そこからの“脱却”という意味でもWindows 8タブレットが選ばれているのだという。

Windows 8タブレットのメリット

スマートデバイスとしてワークスタイルを選ばない

Windowsパソコンそのままの操作+タッチによる操作が可能

オフィス業務に必須の Microsoft Office がそのまま使える

周辺機器、ソフト、文書、データなどの蓄積された資産をそのまま使える

業務システムへの親和性が高く、対応が容易

Active Directory対応なので従来のパソコンと同様の管理が可能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Windows 8タブレット/ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows 8タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

Windows 8タブレット」関連の特集


従来型POSレジと比べて安価に利用できるメリットゆえに広がりを見せているモバイルPOSレジ。業務部門…



Windows 8/8.1タブレットが存在感を増しつつある。この動きはビジネス現場におけるタブレット…



Win8タブレットとクラウド勤怠管理を使いワークスタイルの変革に挑んだ効果と課題を紹介。現場に使って…


「タブレット」関連の製品

シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】
タブレット タブレット タブレット
高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は? 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Windows 10の知られざる新機能――ユーザーも管理者も救われる認証、他

「タブレット」関連の特集


コンテンツマネジメントを中心としたインフラ構築でワークスタイルを変革したレノボに意識変化やビジネス展…



2015年第3四半期は前年同期比2%増の209万台だった同市場。前年比1.2%減を落としたものの、高…



2015年第2四半期は、ビジネス市場は前年比35%増の54万台だったタブレット市場。占有率1位の獲得…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Windows 8タブレット/ ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Windows 8タブレット/ ついに本格普及!?「Windows 8タブレット」活用のカギ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007157


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ