クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP

2014/09/16

 かつては大企業のための業務システムというイメージの強かったERPだが、昨今では中堅・中小企業でも導入が当たり前となりつつある。その1つの理由としては、SaaS版をはじめとするクラウド形式のサービスが普及したことで、導入のハードルが低くなっている点が挙げられる。とはいえ、導入時の既存業務への影響や運用管理面の不安、そしてコストに対する懸念から導入を躊躇する企業も多いのが現実だ。そこで今回の特集では、クラウド型ERPを軸に、最新のトレンドや中堅・中小企業での利用動向などについて、導入実態も踏まえながら紹介することにしよう。

ERP

※「ERP/クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ERPに期待が集まる昨今の事情

1-1デスマーチ2016年まで続く?今ERP導入に本気な企業が多いワケ

 財務会計を中心に、人事給与や生産管理、購買、調達、物流などの統合業務パッケージであるERP。すでに部分的な導入を行っている企業も少なくないが、改めていまERP導入を検討している企業が増えている。
 その理由に挙げられるのが、ここ数年のうちに大きな制度改正として予定されている「10%へ引き上げられる消費増税」や「マイナンバー」などに伴うシステム改修だ。消費増税は2015年10月より引き上げが検討されており、マイナンバーに関しては2016年1月に開始されることになっている。これらの対応に関しては、自社システムをメンテナンスして対応するには膨大な改修コストがかかる可能性があり、特に中堅中小企業ではこのインパクトは非常に大きなものになることだろう。対応を見誤ると、改修作業が長期化するデスマーチに突入してしまうことだって考えられる。
 そこで注目されているのが、財務会計や販売管理などの機能を持つERPだ。これらの制度改正については、ERPパッケージ及びサービスの保守契約内で対応してくれるケースがほとんどだ。将来を見据てERPのパッケージやサービスを検討する企業は少なくない。
 ただし、前回の8%対応の時と同様、消費増税などの方針を政府が正式決定するまではユーザ側としての対応が前に進むことはなさそうだ。おそらく10月以降のタイミングで、軽減税率に対する方針や複数税率に対応するためのインボイス方式(請求書とは別にインボイスを発行する)の実装方法が明らかになってくる。その状況を見た上で、ERP導入に向けて動き出す企業は少なくないと考えられる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 販売管理システム EXPLANNER/Ai 【NEC】 E-ASPRO 【東計電算】
ワークフロー 販売管理システム EC
パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 40年の経験を持つNECが開発した、日本の商習慣・法制度にマッチした販売管理システム。企業・業種固有の機能の追加も専用ツールで簡単に行える。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。

ERP」関連の特集


厳しい経済状況のなか、コスト削減効果を実感しやすいシステムとして、導入検討に着手する企業が増えている…



4月1日の改正労働基準法施行で注目されている勤怠管理システム。同製品の機能から基本となる労務管理のキ…



2015年度は、70億円の市場規模だったワークフロー。ERPとの連携を図り占有率25.7%を獲得した…


ERP」関連のセミナー

アイネスSAPセミナー 2017春 IN 東京 【アイネス】 締切間近 

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 基幹系システムのマスターデータは、企業活動を継続する上で欠かせないものであり、多大なコストをかけて積み重ねてきた最も重要な資産の1つです。 その重要な資産であ…

―隔週開催― SAP Business One 体験・相談会【静岡開催】 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】 締切間近 

開催日 5月11日(木),6月1日(木)   開催地 静岡県   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAPが中堅・中小企業または大企業の子会社向けとして提供しているERP製品です。■最新で正確な情報を取得し、業務の効率化に …

ExcelやAccessを本格データベースにアップする名古屋セミナー 【ニューコム】  

開催日 6月14日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ クラウド、制度改正が後押しへ!使える中堅中小企業向けERP」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007156


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ