モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向

2014/08/25

  今ではWebサイトを構築・運用するならCMSが必須となり、企業サイトでも個人サイトでも利用が一般化してきた。しかし、スマートデバイスの急速な浸透の前に新しいモバイル向けサービスを提供しようとすると、既存CMSでは困難が伴う場合も少なくない。またタイムリーなコンテンツ提供を図るとき、専門家任せの運用では時間がかかりがちなことも懸念され、非専門のスタッフでもより使いやすいツールが求められてもいる。今回は、将来を見越したバージョンアップやリプレースを図るときの注意ポイントを紹介しながら、最新CMSツールの選び方のポイントを紹介しよう。

CMS

※「CMS/モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CMS/モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1モバイルファースト時代の最新CMSとは?

1-1CMSツールのタイプを分類すると?

■ECMとWeb CMSに分化

 CMS(Content Management System)はもともとテキストやデータ、画像、動画などのコンテンツを一元的に管理するデータベースをもとに、複数のWebページやWebサイト、印刷物、電子資料などに適切に組み込んで目的に応じた表現を実現するツールとして誕生した。
 やがて一部は文書管理ツールと融合し、帳票や業務書類などの非構造化データを含めて膨大な社内コンテンツの管理と利用を効率化するECM(Enterprise Contents Management)ツールへと発展する一方で、インターネットのビジネスでの存在感が強まるにつれて、大量のWebページを短期間で作成・公開するニーズに対応してWebサイト構築と管理・運用に特化したツールが続々と登場するようになった。

■ブログツールがCMSに進化し、モバイル特化のCMSも登場

 インターネットの個人ユーザを中心に「ブログ」が流行し始めると、簡易的なWebサイトを効率的・簡便に構築できる「ブログ作成ツール」が登場した。これが普及し始め、ファイル管理機能や複数のユーザ権限による管理機能、大量ページ、複数サイトの管理機能などを次々に搭載するようになり、CMSツールとして本格的に利用可能な内容に拡張されていった。
 現在では、「CMSツール」と言えばWeb構築と運用を行うWeb CMSツールと理解され、最大シェアはブログツールから発展したCMSツールが獲るほどになった。現在では、スマートデバイスやフィーチャーフォン用に特化したモバイル専用CMSツールも登場している。今回は、こうしたCMSツールについて紹介する。

図1 CMSツールの分類
図1 CMSツールの分類

■無償製品と有償製品、オンプレミス用とSaaSの種別あり

 特にブログツールから発展したCMSとその派生型CMSにはオープンソースの無償製品と、それにサポートサービスや拡張機能を追加した有償製品の別がある。また、それ以外のCMSツールでも、オンプレミス構築用のパッケージ製品と、それを利用したSaaSが提供されている場合があり、またSaaSのみで提供されているケースもある。それぞれの基本機能のあらましは、過去記事をご参照いただきたい。

■CMSツールの利点は?

 デザイン性が高く使用感にも凝ったサイトが多くなるなかで、非専門のIT技術者や業務担当者が構築やデザイン変更などのメンテナンスを行うことは難しくなってきた。そこでCMSツールによるWebサイト構築は、外部の専門業者に委託するケースがほとんどで、出来上がったWebサイトに日々の追加・更新を企業内部で行う運用が一般的となっている。もちろん、自作にこだわる中小規模の企業や自営業者も存在しているが、いずれにせよ、構築の容易性はコストや構築期間に大きく影響し、運用の手軽さは社内スタッフの時間節約・コア業務への集中を促してくれる。特に社内での運用に関してのメリットとして次のような部分に注目したい。

更新方法が手軽でわかりやすい

 各ベンダが工夫を凝らしている部分で、ドラッグ&ドロップでの画像アップロードなどにより、専門知識がない業務部門の未経験者でも更新作業が行える(図2)。それゆえ、タイムリーな情報発信が可能となる。

図2 Webページの更新画面例
図2 Webページの更新画面例
(左)テキスト入力に集中できるよう他の要素を非表示。(右)画像配置が直感的に行える。
資料提供:デジタルキューブ
図3 Webページの更新画面例
図3 Webページの更新画面例
閲覧イメージに近い画面で入力・編集が可能
資料提供:シックス・アパート
デザインレイアウトが崩れない

 CMSはいわばコンテンツを「型にはめる」仕組み。もともとテンプレートやCSSで決まったレイアウトなので、誰がコンテンツを追加してもレイアウトが堅持される。テンプレートは一覧から選択し、場合によって編集して利用する。外部業者の手を借りなくてもある程度の知識があれば適用可能だ。

図4-1 テンプレートの一覧画面の例
図4-1 テンプレートの一覧画面の例
資料提供:シックス・アパート

+拡大

図4-2 テンプレートの編集画面の例
図4-2 テンプレートの編集画面の例
資料提供:シックス・アパート

+拡大


コンテンツが複数ページ、複数サイトで再利用できる

 

 ページ作成の手間が軽減するだけでなく、内容の間違いが生じる可能性が少なくなる。

大量のページを自動生成可能

 コストと時間が節約できる。

SEO対策として有利

  1つのURLで多くの端末からのアクセスを受け付ける仕組みが簡単に作成でき、またソーシャルメディアからのリンクが統一できること、あるいはサイト構造がシンプルになるため、SEO対策に有利とされている。

 こうした利点があるからこそ、CMSは普及を続けているわけだ。次に、特にいま注目したいポイントを挙げていこう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

CMS/モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

CMS」関連の製品

Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説 【ソフトバンク・テクノロジー】
CMS CMS CMS
豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 Web制作には欠かせないCMS、導入には悩みどころも……製品選定のポイントは? デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説

CMS」関連の特集


基本機能はおおむね網羅されていても、その設計思想は様々。またカスタマイズや拡張の余地が大幅にある製品…



経済低迷下においても、内部統制やJ-SOX法対応等により一定の需要拡大が見込まれる文書管理ツールのベ…



 今回、次回と2回にわたって“コワーキングスペースの運営者の視点”で、コワーキングスペースあるいはシ…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CMS/ モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CMS/ モバイルファースト時代におさえておきたい最新CMS動向」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007153


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ