現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!

2014/08/04

 導入されたものの、入力が手間、あるいは実際のメリットが感じられないといった理由で、営業担当者からは使われなくなってしまいがちなSFA。裏を返せば、従来のSFAは営業マネジャーがメンバーを管理することに重点が置かれた仕組みだったということだ。SFAを活用し、商談成立といった実際の効果に結び付けてもらうためには、メンバーが日々、効果を実感できるような仕組みを提供することが求められる。
 そこで今回の特集では、優秀な営業担当者のノウハウを参考にできるスマホアプリやSFAツールの機能など、営業担当者が自発的に活用し、実際の成果に結び付けてもらうための仕組みについて紹介する。また製品選定時の注意点を明らかにしているので、併せてご参照いただきたい。

SFA

※「SFA/現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1知っておきたい、現場で使われる“SFA”

1-1なぜ日本でSFAが浸透しないのか?

 元々SFAが誕生した米国では、営業担当者は“個人事業主”的な働き方をしており、企業とは業務委託契約を結び、成果に応じてコミッションを得るというワークスタイルが一般的だ。そのため、まず自分自身で案件を管理する必要があり、さらには“顧客”である自社に対して活動報告を行う必要がある。そこにSFAを活用する必然性が存在する。
 一方、日本企業の営業担当者は会社に所属し、目標となる営業数字は持たせられるものの、仮に達成できなかったとしても、米国ほどダイレクトに報酬に反映されるわけではない。SFAはメンバーを管理したい営業マネジャーの利用するもので、現場の営業担当者はSFAを利用することが自分の業績に繋がるわけではない。つまりメンバーには、SFAを使う動機がほとんど存在していない。ここに日本でSFAが浸透しない一番の理由がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア CRM グループウェア
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

SFA」関連の特集


今までクラウドベースの業務システムをご紹介してきましたが、ビジネスの場面で一番多い“表計算ソフトの利…



タブレット端末を営業ツールとしてプレゼンテーションに活用すれば顧客へのインパクトは強い。PCよりも持…



若者の“電話離れ”に伴い、企業は顧客対応方法の変革が必要だ。CRMも見直す必要がある。セールスフォー…


SFA」関連のセミナー

次世代営業支援ツールSenses紹介セミナー 【マツリカ】  

開催日 3月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「営業パーソンの属人化から脱却したい」「組織ナレッジの共有不足を解消したい」「非効率な営業を減少させたい」あなたの営業組織でも同じ課題を持っていませんか?これら…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ 現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 現場で使われる”SFA”…最新動向大解剖!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007151


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ