自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?

2014/07/28

 クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環境は劇的な変化にさらされている。そこで重要になってくるのが、ストレージを管理面で支えるストレージ管理ツールだ。ハードウェア付属のツールやソフトウェア製品など様々な形態で提供されているが、実際の機能についてのトレンドは分かりにくい面もある。そこで今回は、ストレージ管理ツールの機能について改めておさらいしながら、2014年におけるストレージ管理動向について概観してみたい。

ストレージ

※「ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ストレージ管理ツールの今

1-1ストレージ管理ツールが置かれている状況

■ストレージを取り巻く環境の変化

 現在ストレージを取り巻く環境は大きく変化している。特に仮想化の進展に伴ってサーバー領域の仮想化が進み、複数のVM(Virtual Machine:仮想マシン)を同一筐体内で動作させる機会が増えた。それゆえ、快適なレスポンスを確保するためのパフォーマンス管理はこれまで以上に重要だ。しかし、最も要求の高いVMのI/Oに合わせてストレージを設計すると、それ以外のVMに対してはオーバースペックになってしまい、仮想化したもののコストダウンに繋がらないという悩みを抱えている企業は多い。
 また、新たな形態のストレージが登場してきたことも、管理の複雑さをより助長していると言っていい。特に高速な処理が可能になるフラッシュストレージが登場し、既存のSANストレージにフラッシュが搭載されたものやオールフラッシュで構築されたストレージなど新たなアーキテクチャも登場している。管理面からするとこれまで以上に複雑なストレージ管理が要求されている状況なのだ。

■ストレージ管理ツールの今

 ひと昔前のストレージ管理ツールは、障害検知やパフォーマンス監視などの機能のほか、複数のストレージを1つの仮想的なプールとして集約する機能やボリューム管理、構成管理、そしてデータ保護や可用性向上に向けたRAID管理やレプリケーション、クラスタといった機能が備わっていた。これらは現状でも備わっているが、現在はI/O最適化に向けた帯域制御やデータ使用頻度に応じた階層管理などを自動化していくオートメーション機能に注力しているベンダが増えている。
 複数のOSやストレージが混在していた以前とは異なり、今はサーバー仮想化が広く普及し、すべてハイパーバイザによって統合的な管理が可能となっている。しかも、サーバー環境は仮想化によって柔軟に構成変更が可能となっているため、ストレージ領域もそのサーバー仮想化環境の柔軟性に追随することが求められている。それゆえ、高速化を目指したI/O最適化や自動階層管理による処理スピードの向上などが技術動向の中心になってきており、ストレージ管理の領域を“ハイパーバイザ化”する方向性を打ち出しているベンダもある。“サーバー仮想化のようにストレージ側で勝手に最適化して欲しい”というのがユーザの本音なのかもしれない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 企業向けオンラインストレージ「GigaCC」 【日本ワムネット】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】
シンクライアント オンラインストレージ/ファイルストレージ NAS
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。 オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる?

ストレージ」関連の特集


導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…



10GbpsのスピードでPCと周辺機器を結ぶ新しいインタフェース「Thunderbolt」。この規格…



コンセントがUPS!今、PCを電源トラブルから守る「テーブルタップ型UPS」が売れています。人気UP…


ストレージ」関連のセミナー

事例に学ぶ ftServer活用 IT基盤最適化セミナー 【日本ストラタステクノロジー】 注目 

開催日 6月13日(火),7月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

24時間365日止まらない高信頼性とシンプルな運用が定評の「ftServer」。でも…「ftServerは高い!?」    「他の可用性システムと何が違うの?」…

データの価値を引き出すヒントがここに、Pure Live 2017 東京 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 注目 

開催日 7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ピュア・ストレージはオールフラッシュベースのテクノロジーと、顧客中心のビジネスモデルの組み合わせによって、使いやすく、効率的で、いつまでも新しさを失わないスマー…

フラッシュ時代を見据えたストレージネットワーク講座 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 締切間近 

開催日 6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

アプリケーションのパフォーマンス向上やユーザーに対するサービスレベルの向上を目的に、オールフラッシュ・ストレージの導入が増えるなか、残念ながら期待する性能がえら…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ 自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ 自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007150


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ