自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?

2014/07/28

 クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環境は劇的な変化にさらされている。そこで重要になってくるのが、ストレージを管理面で支えるストレージ管理ツールだ。ハードウェア付属のツールやソフトウェア製品など様々な形態で提供されているが、実際の機能についてのトレンドは分かりにくい面もある。そこで今回は、ストレージ管理ツールの機能について改めておさらいしながら、2014年におけるストレージ管理動向について概観してみたい。

ストレージ

※「ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ストレージ管理ツールの今

1-1ストレージ管理ツールが置かれている状況

■ストレージを取り巻く環境の変化

 現在ストレージを取り巻く環境は大きく変化している。特に仮想化の進展に伴ってサーバー領域の仮想化が進み、複数のVM(Virtual Machine:仮想マシン)を同一筐体内で動作させる機会が増えた。それゆえ、快適なレスポンスを確保するためのパフォーマンス管理はこれまで以上に重要だ。しかし、最も要求の高いVMのI/Oに合わせてストレージを設計すると、それ以外のVMに対してはオーバースペックになってしまい、仮想化したもののコストダウンに繋がらないという悩みを抱えている企業は多い。
 また、新たな形態のストレージが登場してきたことも、管理の複雑さをより助長していると言っていい。特に高速な処理が可能になるフラッシュストレージが登場し、既存のSANストレージにフラッシュが搭載されたものやオールフラッシュで構築されたストレージなど新たなアーキテクチャも登場している。管理面からするとこれまで以上に複雑なストレージ管理が要求されている状況なのだ。

■ストレージ管理ツールの今

 ひと昔前のストレージ管理ツールは、障害検知やパフォーマンス監視などの機能のほか、複数のストレージを1つの仮想的なプールとして集約する機能やボリューム管理、構成管理、そしてデータ保護や可用性向上に向けたRAID管理やレプリケーション、クラスタといった機能が備わっていた。これらは現状でも備わっているが、現在はI/O最適化に向けた帯域制御やデータ使用頻度に応じた階層管理などを自動化していくオートメーション機能に注力しているベンダが増えている。
 複数のOSやストレージが混在していた以前とは異なり、今はサーバー仮想化が広く普及し、すべてハイパーバイザによって統合的な管理が可能となっている。しかも、サーバー環境は仮想化によって柔軟に構成変更が可能となっているため、ストレージ領域もそのサーバー仮想化環境の柔軟性に追随することが求められている。それゆえ、高速化を目指したI/O最適化や自動階層管理による処理スピードの向上などが技術動向の中心になってきており、ストレージ管理の領域を“ハイパーバイザ化”する方向性を打ち出しているベンダもある。“サーバー仮想化のようにストレージ側で勝手に最適化して欲しい”というのがユーザの本音なのかもしれない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ/自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ」関連の製品

楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」 【伊藤忠テクノソリューションズ】 クラウドオンラインストレージサービス 「HiQZenサービス」 【ソフトバンク コマース&サービス】 iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】
NAS オンラインストレージ/ファイルストレージ その他情報共有システム関連
楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」 社内外とのファイル共有、大容量ファイルの転送、スマートフォンによるファイルの持ち出しを安全かつ簡単に実現するクラウド型の企業向けオンラインストレージサービス。 会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。

ストレージ」関連の特集


2013年第3四半期、前年同期比12.2%増の1317億円となった同市場。x86サーバの出荷額が4半…



脅威の高度化により侵入を前提とした対策が求められている。とはいえ境界セキュリティをおろそかにしてよい…



復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…


ストレージ」関連のセミナー

【大阪開催】Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大阪開催!仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中…

IT Solution Forum 2017 in 福岡 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 6月7日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

企業の抱える【経営課題】を解決することを目的として、『情報セキュリティ対策』『労務管理』『人材育成』『ワークスタイル変革』などをキーワードとした、多種多様なセミ…

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 5月19日(金),6月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化に伴い、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加します…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ/ 自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ/ 自動化に大きく舵を切る“ストレージ管理”はどこへ向かう?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007150


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ