主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア

2014/07/07

 企業のITインフラが次第にクラウドに移行していく中で、基幹系を含めたミッションクリティカルなシステムの可用性をいかに担保するかが課題となっている。そこで役立つのがクラウドサービスでの標準機能では困難な詳細な検知機能を誇るHAクラスタリングソフトウェアだ。今回は、仮想化・クラウド環境のなかでHAクラスタリングソフトウェアがどう活かされるのか、その連携手法と活用によるその効果を見ていくことで、HAクラスタリングソフトウェアの必要性を考察する。

クラスタ

※「クラスタ/主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クラスタ/主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1HAクラスタリングソフトウェアの今

1-1HAクラスタリングソフトウェアの製品・市場動向

■HAクラスタリングソフトウェアの実態

 古くからミッションクリティカルなシステムの可用性を支えてきたHAクラスタリングソフトウェアは、高度なITサービスを継続的に提供していく上で今でも重要な位置づけにあり、安定した需要で推移している。最近では、オンプレミス対応製品のみならず、仮想化環境/クラウド対応製品が拡充してきている。

■アプリ障害は自己責任、仮想/クラウド環境でHAクラスタリングソフトウェアが求められるワケ

 ほとんどの企業にとって、仮想化やクラウドはスタンダードな技術となった。基幹業務をはじめとするミッションクリティカルなシステムをパブリッククラウドに移行するという動きも最近では珍しくない状況となっている。
 背景には、OS以上のレイヤーを仮想化してハードウェアから分離することで可搬性が高まり、運用管理を簡素化すると同時に可用性も高めたいという思いがある。実際、IaaSやPaaSなどのサービスを提供している多くのクラウド事業者が、こうした仮想化ならではのメリットを活かしたHA(High Availability:高可用性)機能のメニューを提供している。

 ただし、特に高度な可用性が要求されるシステムでは、これだけでは不十分だ。仮想化ハイパーバイザーやクラウド事業者が提供するHA機能は、ゲストOSの応答を確認して死活状態を監視するが、アプリケーションの障害までは検知できないからだ。ホストサーバやゲストOSは正常でも、その上で動作するアプリケーションが何らかの原因によってフリーズし、サービスが停止してしまうケースはいくらでもある。裏を返せば、そこにHAクラスタリングソフトウェアが必要とされ続ける理由がある。

■HAクラスタリングソフトウェアが仮想/クラウド環境で発揮する付加価値とは

 端的に言えば、仮想化ハイパーバイザーやクラウドのHA機能とHAクラスタリングソフトウェアでは、障害検知の守備範囲がまったく異なる。
 先述したように、仮想化ハイパーバイザーやクラウドのHA機能が対応するのは、ホストサーバやネットワーク、ゲストOSのレイヤーで起こる障害まで。これに対してHAクラスタリングソフトウェアは、アプリケーションの不具合や操作ミスに至るまで、より幅広い障害をカバーし復旧を図ることができるようになっている。
 また、仮想化ハイパーバイザーやクラウドのHA機能でフェイルオーバを行う際は、移動先のホストサーバ上でゲストOSを再起動しなければならず、復旧までに数分を要する場合がある。これに対してHAクラスタリングソフトウェアでは、待機系ノードですでにOSが立ち上がった状態にあり、より短時間でフェイルオーバを完了することができる。

表1 高可用性ツール比較
表1 高可用性ツール比較
仮想環境での可用性向上は業務サービスレベルに応じて製品を選択
vSphere HA/vSphere HA+SSP/LifeKeeper
資料提供:サイオステクノロジー株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クラスタ/主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラスタ」関連情報をランダムに表示しています。

クラスタ」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】
CMS サーバー管理 Windows
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 ●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。

クラスタ」関連の特集


人類の夢を叶えるサービスとは?人間をはるかに越える処理能力であらゆる質問に答えてくれる…SFの世界が…



方式が異なるとコストも変わるみたいだけど、どれがよいのか?既存システムとの相性は?…など、ワンタイム…



Windows Server 2012の正式リリースを受け、各ソフトウェアベンダでは対応を進めてきた…


クラスタ」関連のセミナー

DRBD入門セミナー(受講無料、半日コース) 【サードウェア】  

開催日 5月16日(火),6月6日(火),7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

DRBDの機能と特徴、高可用クラスタ、災害対策、ストレージソリューションなどの活用シーンを、講義形式で紹介します。<コース内容>・DRBDバージョン8  DRB…

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング 【サードウェア】 締切間近 

開催日 5月11日(木)〜5月12日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング(有償、2日間コース)既存で構築されたLinux-HAシステムを運用するために必要な概念、様々な運…

統計解析ツール体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 4月21日(金),5月16日(火),6月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは統計の基本から VRP の機能、導入事例を紹介いたします。Visual R Platform(略称 VRP) は、世界中で利用されている R 言語…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラスタ/ 主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラスタ/ 主戦場はクラウドだ!進化するHAクラスタリングソフトウェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007147


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ