オンラインストレージの利用状況(2014年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

オンラインストレージの利用状況(2014年)

2014/07/08


 キーマンズネットでは、2014年5月14日〜2014年5月29日にかけて「オンラインストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:353)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.6%、一般部門が58.4%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、利用・検討しているオンラインストレージの「利用状況」「利用用途」「満足度」「重視ポイント」「利用しない理由」など、オンラインストレージの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の利用率は21.0%で、利用している企業の74.3%は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「オンラインストレージ/オンラインストレージの利用状況(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オンラインストレージ/オンラインストレージの利用状況(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

オンラインストレージ利用は約2割…中小企業での個人利用は約半数が「規則なし」

 最初に「オンラインストレージの利用状況」について尋ねた(図1)。「既に利用している(追加・リプレイスなし)」が19.5%、「既に利用している(追加・リプレイスあり)」が1.4%、「新規で利用を検討している」が3.7%、「必要性を感じるが利用は検討しない」が31.4%、「必要性を感じない」が43.9%と続き、まとめると、全体では20.9%が利用中、5.1%が検討中という結果となった。ちなみに前回の2012年の調査では、全体では11.8%が利用中、7.5%が検討中であったことから、2年間で利用中の割合が2倍近くまで増加している実態がわかった。
 関連して、「会社でオンラインストレージの個人利用を認めているか」について尋ねたところ、1位は「許可していない」で61.2%、2位は「特に規則を設けていない」で28.6%、3位は「許可している」で10.2%という結果であった。この結果を従業員規模別に見ると、従業員規模が小さくなるほど「特に規則を設けていない」割合が高くなる傾向にあった。特に100名以下の中小企業に関しては、46.1%と約半数の企業が「特に規則を設けていない」と回答し、会社での個人利用を黙認していることが判明し、18.4%と約2割の企業が「許可している」と回答する結果となった。

図1 利用状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 利用状況
このページの先頭へ

2

データ共有、ファイル転送に続き、データバックアップ利用の需要が高い結果に

 次に、オンラインストレージを利用中と回答した方に「利用用途」を尋ねた(図2)。その結果、1位は「共有ディスクとして利用」で58.3%、2位は「ファイルの転送に利用」で43.1%、3位は「データのバックアップとして利用」で36.1%、4位は「データの管理に利用」で23.6%、5位は「リムーバブルメディアの代替として利用」で16.7%という結果となった。増え続けるデータ容量にともない、データ共有やファイル送受信といった用途での利用が目立つ傾向にある。また、BCP対策として、万一の時でもデータを復元するためのバックアップ要素としての需要も高い。
 関連して、オンラインストレージを利用中と回答した方に「現在利用中のオンラインストレージの容量」について尋ねた。1位は「10GB以下」で49.3%、2位は「11GB〜100GB」で23.3%、3位は「101GB~500GB」で13.7%、4位は「1TB以上(容量上限有)」で11.0%、同率5位は「501GB〜999GB」と「容量無制限」で5.5%という結果で、半数近くの企業では10GB以下の利用でとどまっていることがわかった。理由としては、特に100名以下の中小企業での導入が進んでおり、その利用シーンは個人間での共有ディスクとしての利用やファイル転送が中心になっていることから、データ使用量が10GBの範囲内におさまっているケースが多いと推測される。

図2 利用用途

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 利用用途
このページの先頭へ

3

7割以上が「満足」と回答も…「容量不足」「使用時に制限がかかる」と不満の声も

 次に、オンラインストレージを利用中と回答した方に、現在利用中のオンラインストレージに対しての「満足度」を尋ねた(図3)。その結果、「とても満足している」が17.6%、「まあ満足している」が56.8%、「やや不満がある」が23.0%、「とても不満がある」が2.7%となり、まとめると全体で「満足」が74.4%、「不満」が25.7%という結果となった。
 満足と回答した方からは、「トラブルなく使用できる」といったコメントが多く寄せられた。その他、「会社・自宅・その他どこでも閲覧・確認ができるところが良い」「たまに(社外の関係者と)メールでは送れないファイル交換程度にしか、現在のところ使用していないので」といった意見も見受けられた。
 不満と回答した方からは、「容量が小さい」「使用用途が限定されている」といったオンラインストレージの使用時に何かしらの制限がかかってしまう点に対する不満の声が多く寄せられた。その他、「操作が面倒くさい。アップロード・ダウンロードともにスピードが遅い」「本来は禁止であるが、許可せざるを得ないのは無償のものが多く、統制が取れていない。またGoogle AppsユーザのためGoogleドライブ推奨だが相手にGmailアカウントが必要など利便性が今ひとつ」「バックアップデータのリストアに難あり」といったコメントが見受けられた。

図3 満足度

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

図3 満足度

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オンラインストレージ/オンラインストレージの利用状況(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

オンラインストレージ」関連の製品

法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】 ソフトバンクの Google Apps for Work 導入支援サービス 【ソフトバンク】 活文 Accelerated File Transfer (旧:活文 デジ活ワイド) 【日立ソリューションズ】
オンラインストレージ/ファイルストレージ グループウェア ファイル転送
社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理できる「ユーザ数無制限」の法人向けオンラインストレージ。「セキュリティ」と「利便性」の両立を追求し生産性の向上を実現。 数ある Google Apps 導入ベンダの中から森ビルが選んだのは…? インターネット回線を利用し、GB単位の大容量データを高速転送できるサービス。アジア等通信インフラの未整備な海外とのやり取りに有効。パッケージやSDKでの形態も用意。

オンラインストレージ」関連の特集


増え続けるストレージの管理にお困りでは?運用管理コストや電気代などの節約に効く、ストレージを効率よく…



 前回の「第1回 意外と癖になる?企業向けオンライストレージ」に続き、本稿では、企業向けオンラインス…



2015年上半期は上位3社の顔ぶれは前年同期と変化がないものの3社合計のシェアが上昇する同市場。占有…


オンラインストレージ」関連のセミナー

業務効率化・ITセキュリティセミナー 【ディー・オー・エス】 締切間近 

開催日 7月27日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

2016年7月27日(水)、株式会社ディー・オー・エスは、ケーエスピー株式会社様と共同で、 三井情報株式会社様、株式会社オーク情報システム様にご協賛いただき、「…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オンラインストレージ/ オンラインストレージの利用状況(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オンラインストレージ/ オンラインストレージの利用状況(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007141


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ