海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の新規市場を狙うため、海外向けに情報を発信したい

2014/09/25


 「海外の成長市場に販路を開拓したい」「自社製品を新興市場にPRしたい」という思いは輸出に関心がある企業なら規模を問わず共通しているはず。輸出入額や海外への拠点進出が増加基調にある中で、中小企業でも輸出を行う企業とそうでない企業の間に業況感に格差が生じてもいる。海外へのビジネス展開を図りたい企業は多いものの、言語と法制度、習慣、契約に対する考え方の違いや、取引の管理に要するオーバヘッドの大きさから手をこまねいているケースも多いようだ。それでも、少なくとも海外の市場に存在を知ってもらい、販路開拓の一歩とするための情報発信だけはやっておきたい。それにはどんな方法があるだろうか。

※「Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

海外向けWebサイトを構築する

 最初の一歩は自社Webサイトの多国語対応だ。中小企業でも日本語版のWebサイトならすでに運営している場合が多いだろう。その中の会社情報と製品情報、ニュースリリースなどビジネスに直接結びつくページ、さらに連絡先や問い合わせフォームなどを優先して、少なくとも英語にだけは翻訳しておきたい。
 翻訳には無償または有償のWeb翻訳サービスが利用できる。ただし、一般的に無償あるいは低価格のサービスでは機械翻訳の結果が提供されるだけだ。ニュアンスを汲んだこなれた翻訳にはほど遠く、誤訳のリスクが高いと同時に、表現の拙さが信頼感を損なう可能性も高い。
 そこでプロの翻訳者が翻訳し、ネイティブ校閲者がチェックする体制がとれる翻訳会社またはWeb制作会社を利用することが望ましい。基本的には実績を調べて品質を確認することになる。

 また翻訳に加えて、元の日本語ページのレイアウト・デザインを生かしたHTML化や画像内の文字の翻訳・修正などの作業も一括して請け負う業者もある。その中には現地で有力な検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策について調査研究している業者もあるので、相談してみることをおススメする。
 翻訳とWeb制作を一括して発注できる利点は、Webページの一部更新や訂正などの発生時に迅速に対応してもらえる可能性が高いことだ。ただし、元のページがCMSツールなどで作成してあれば、コンテンツの差し替えだけなら自社でも行える。一度作成したあとは、翻訳専門会社と自社の担当者で更新作業を行ってコストを抑える方法もとれるだろう。
 Webサイト内には対象国向けの企業・製品/サービス・技術情報、広報資料などを、閲覧/ダウンロードしやすい形で用意しておき、いつでも相手側からの事前調査に応えられるようにしておきたい。またYOUTUBEなどの動画共有サイトでPR動画を公開し、Webサイトに埋め込んで閲覧できるようにすると、低コストで効果的なPRとなる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webサイト」関連情報をランダムに表示しています。

Webサイト」関連の製品

基幹業務最適化ソリューション 「AvantStage」 【キヤノンITソリューションズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
ERP グループウェア グループウェア
各企業の業務方式や運用形態に応じて、SuperStream、mcframe、FOREMAST、Asprovaといった導入実績多数の国産ERPパッケージを自由に組み合わせて利用できるソリューション。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 363万人以上のユーザーが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。スケジュール/掲示板/ワークフローなど全25機能が利用可能。

Webサイト」関連の特集


SIP採用でビジネスとの親和性が高い無料インターネット電話サービスが注目されています。Skypeとの…



従業員同士のコミュニケーション活性化に大きく貢献する社内SNS。実際に製品を導入する際にはどんなポイ…



ビッグデータ活用の必要性を感じている企業は、まだまだごく一部にとどまる。そうした認識を持たれている方…


Webサイト」関連のセミナー

野村総合研究所/AWS Cloud Express Roadshow in 札幌 【主催:野村総合研究所/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

クラウドサービスの普及により、情報システムのクラウド移行がトレンドとなっています。AWS(Amazon Web Services)においても、セキュリティや信頼…

データ主導型のデジタル変革 オンラインセミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月29日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

【データ主導型のデジタル変革:Qlik オンラインセミナー 開催】このオンラインセミナーシリーズでは、小売、金融、製造など、さまざまな業種分野でのユーザー事例か…

使えるOffice 365毎日見たくなる社内ポータルの活用事例を公開 【ディスカバリーズ】  

開催日 9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Office 365を導入して社内の情報共有やナレッジの蓄積のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、SharePointでどのようなサイトを作ったら…

このページの先頭へ

Webサイト/ 海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Webサイト/ 海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007140


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ