海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の新規市場を狙うため、海外向けに情報を発信したい

2014/09/25


 「海外の成長市場に販路を開拓したい」「自社製品を新興市場にPRしたい」という思いは輸出に関心がある企業なら規模を問わず共通しているはず。輸出入額や海外への拠点進出が増加基調にある中で、中小企業でも輸出を行う企業とそうでない企業の間に業況感に格差が生じてもいる。海外へのビジネス展開を図りたい企業は多いものの、言語と法制度、習慣、契約に対する考え方の違いや、取引の管理に要するオーバヘッドの大きさから手をこまねいているケースも多いようだ。それでも、少なくとも海外の市場に存在を知ってもらい、販路開拓の一歩とするための情報発信だけはやっておきたい。それにはどんな方法があるだろうか。

※「Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

海外向けWebサイトを構築する

 最初の一歩は自社Webサイトの多国語対応だ。中小企業でも日本語版のWebサイトならすでに運営している場合が多いだろう。その中の会社情報と製品情報、ニュースリリースなどビジネスに直接結びつくページ、さらに連絡先や問い合わせフォームなどを優先して、少なくとも英語にだけは翻訳しておきたい。
 翻訳には無償または有償のWeb翻訳サービスが利用できる。ただし、一般的に無償あるいは低価格のサービスでは機械翻訳の結果が提供されるだけだ。ニュアンスを汲んだこなれた翻訳にはほど遠く、誤訳のリスクが高いと同時に、表現の拙さが信頼感を損なう可能性も高い。
 そこでプロの翻訳者が翻訳し、ネイティブ校閲者がチェックする体制がとれる翻訳会社またはWeb制作会社を利用することが望ましい。基本的には実績を調べて品質を確認することになる。

 また翻訳に加えて、元の日本語ページのレイアウト・デザインを生かしたHTML化や画像内の文字の翻訳・修正などの作業も一括して請け負う業者もある。その中には現地で有力な検索エンジンでの上位表示を狙うSEO対策について調査研究している業者もあるので、相談してみることをおススメする。
 翻訳とWeb制作を一括して発注できる利点は、Webページの一部更新や訂正などの発生時に迅速に対応してもらえる可能性が高いことだ。ただし、元のページがCMSツールなどで作成してあれば、コンテンツの差し替えだけなら自社でも行える。一度作成したあとは、翻訳専門会社と自社の担当者で更新作業を行ってコストを抑える方法もとれるだろう。
 Webサイト内には対象国向けの企業・製品/サービス・技術情報、広報資料などを、閲覧/ダウンロードしやすい形で用意しておき、いつでも相手側からの事前調査に応えられるようにしておきたい。またYOUTUBEなどの動画共有サイトでPR動画を公開し、Webサイトに埋め込んで閲覧できるようにすると、低コストで効果的なPRとなる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Webサイト/海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webサイト」関連情報をランダムに表示しています。

Webサイト」関連の製品

統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】
ネットワーク管理 Web会議 EIP
ネットワーク全体のパフォーマンスを可視化、トラブルの予兆を察知する機器など、ネットワークを監視・管理できるネットワーク パフォーマンス管理ソリューション。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

Webサイト」関連の特集


基本スペックは大きくな差がない各社のモバイルPC。製品を選択する際は数字に現れないポイントを見極める…



 今回のタイトルは「法解釈」とさせていただきました。というのも、以前までの流れでタイトルを付けると「…



 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global …


Webサイト」関連のセミナー

社内外の膨大なデータから価値ある情報を見つけるために 【主催:IHSグローバル/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 5月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【散在する膨大なデータ】企業の情報(技術文書など)は、ファイルサーバー、データベース、社内ポータル、メール、PLMシステム、SCMシステムなど、様々なシステムに…

実感、ウェブをとりまくサイバー攻撃とその対策最前線-名古屋 【ラック / アカマイ・テクノロジーズ:共同主催】 締切間近 

開催日 5月30日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

「企業の顔」であるウェブサイトを狙った攻撃は一層深刻さを増しています。WordPressの脆弱性を利用する攻撃が多数報告されたり、IoTを利用した超大規模DDo…

Office 365 失敗しないための社内ポータル構築と運用 【ディスカバリーズ】  

開催日 5月8日(月),5月25日(木),6月8日(木),6月20日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365を導入して社内の情報共有や情報活用のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、どのようなサイトを作ったらよいかイメージがつかない、活…

このページの先頭へ

Webサイト/ 海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Webサイト/ 海外の新規市場を狙うため海外向けに情報発信」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007140


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ