Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server 2003サポート終了で環境を見直したい

2014/09/11


 2015年7月にサポート終了を迎えるWindows Server 2003。長年にわたり業務やシステム管理を担当してきたサーバーの引退まで1年を切った今、その後のシステム環境について真剣に考えざるを得ない時期に来ている。一部はもちろん最新のWindows Server 2012 R2への移行が適切と考えられようが、本当にすべて単純な移行でよいのかどうかは熟慮する必要がある。ここでは、移行コストもその後の運用管理コストも低減できる可能性がある3つの環境見直しのポイントを紹介しよう。

※「PCサーバ/Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「PCサーバ/Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

サーバー仮想化により既存サーバを少数の物理サーバに統合する

 Windows Server 2003(以下「2003」と表記)登場当初は、1コアCPUのサーバーに1業務システム/管理システムを載せて利用するのが一般的な手法だった。現在ではマルチコア、複数CPUのサーバーマシンが比較的低価格で購入可能になり、メモリ搭載容量も段違いに増えている。その性能差を考えると、わざわざ低スペックのサーバーマシンを同じ台数揃えて単純に旧サーバ1台を新サーバ1台に移行するのは、いたずらに購入費用やメンテナンスコスト、電気代を増やすだけで、運用管理手法を従来のままにするというわずかな、しかも将来的にはあまり好ましくない利点しかもたらさないだろう。
 現在ではサーバー仮想化はごくありふれた技術になっている。サーバー仮想化ツールを入れれば、十年近く以前のシステムを1台の物理サーバで複数システム運用することは不都合がないケースが多いはずだ。
 最新サーバーマシンのリソースを若干の余裕を持ちながら有効活用することが可能なので、新規購入台数を少なくできて、台数に応じてかかるメンテナンスコストも削減できる。もちろん仮想環境の構築・運用には新しいノウハウや管理ツールへの慣れが必要になり、サーバースペックの決定や仮想化する業務システムの選び方にも難しさはあろう。しかし単純に同数の物理サーバを購入するよりは比較にならないメリットが得られそうだ。
 むしろ重要なのはアプリケーションの移行に関わるテストおよび改修コストだ。これはどのような手法で移行するのであれ、旧アプリケーションを使用し続けるなら避けては通れない。サーバー仮想化を今すぐ導入すれば、現在の本番環境をそのまま利用しながら、別途仮想サーバー上でアプリケーションの改修に取り組むことが可能になり、テストを行うにも何かと便利。改修完了後に本番環境として改修アプリケーションを運用しつつ、何か問題が起きたら旧環境に戻すことも難しくない。
 仮想化ツールの導入や環境構築に自信がない場合には、システムベンダが予め仮想環境をセットしたサーバーを販売しており、仮想化に関するサポートも受け付けてくれる場合がある。自社要件に必ずフィットするとは限らないが、仮想化環境構築・運用のエントリーシステムとして利用価値は高い。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

PCサーバ/Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

PCサーバ」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 超高速データ分析専用データベース Vertica 【アシスト】
その他サーバー関連 IT資産管理 DWH
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。

PCサーバ」関連の特集


顧客の声に応えるために、重要なのがコンタクトセンター。今回は、効果的なコンタクトセンターを実現するた…



部門に乱立するファイルサーバー。サーバー管理もバックアップも手間…こんな悩みを一揆に解決するのが今回…



前年比9.3%増の3069億円規模となった2013年度の国内PCサーバ市場。市場占有率(金額ベース)…


PCサーバ」関連のセミナー

【12/13東京開催】そのセキュリティパッチは本当に当たってる? 【日本電気】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜2016年12月13日(火) 東京開催〜NECはこのたび、「そのセキュリティパッチは本当に当たってる?たった1台のセキュリティ対策漏れが脅威になる!脆弱性対策…

データ消去ソフト サーバーディスクシュレッダー 製品セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「サーバーディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいた…

このページの先頭へ

PCサーバ/ Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PCサーバ/ Winサーバ2003サポート終了で環境を見直す」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007138


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ