ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザ部門からの面倒な問い合わせを減らしたい

2014/07/10


 社内に専門のITサポート部門を置くことは、中小企業にとってはなかなか難しいことだ。また、ITサポート部門があったとしても、振り向けられる人員は限られているはず。もし、一般の従業員が「ネットにつながらない」「エクセルのファイルが開けない」などのトラブルに直面するたびにサポート部門の手を煩わしていたら、すぐに処理能力の限界を超えてしまうだろう。この状況をうまく打開し、ユーザからの問い合わせに対して丁寧にかつ迅速に回答できるような仕組み・体制を整備するためには、どんな解決策があるだろうか。

※「情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

社内SNSを活用し、互いに教え合う環境作りを

 もっとも手軽なのが、社内SNSの導入だろう。特定の個人、あるいはITサポート部門の担当者だけがユーザからの質問に答えるのではなく、社内メンバー全員が互いに知識を教え合う環境を作るのである。同じトラブルを経験した人が社内にいれば、実践的な解決方法を学べるだろう。また、質問者と回答者がやりとりした履歴を保存しておけば、ほかのメンバーが参考にすることも可能だ。

 同じようなことは、企業向けのWiki構築ツールを使っても実現できる。これは、おなじみのWikipediaのように、各ユーザが自由に情報を追加したり訂正したりできる仕組みのこと。トラブルの状況・原因・対処法などを充実させていけば、たいていの問い合わせには対処できるようになるだろう。また、グループウェアの掲示板機能を使ってもいい。ただし、社内コミュニケーションが活発でないと、社内SNSはうまく機能しない。誰もが気軽に情報の発信・共有をしたくなるように、SNSを日常業務に組み込む工夫が大切になる。

社内SNSの一例
社内SNSの一例
資料提供:Beat Communication

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有システム」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有システム」関連の製品

オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 HULFT-WebConnect 【セゾン情報システムズ】
EIP FAXサービス ファイル転送
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 HULFTによるファイル転送を、インターネット経由で簡単かつセキュアに実現したSaaS型のサービス。

情報共有システム」関連の特集


自社の新卒採用の対象範囲を「30歳以下」に──。リクルートが打ち出した新たな採用の取り組みが話題を呼…



2015年度は、パッケージが215万ID、SaaSが660万IDと見込まれた同市場。パッケージ、Sa…



「レガシー型のグループウェアから、コストや使い勝手を理由に脱却したい…」歴史の長いNotesからの移…


情報共有システム」関連のセミナー

【福岡】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン/九州日立システムズ】 注目 

開催日 2月7日(火),2月7日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

Office 365/Skype for Business会議ソリューションセミナー 【主催:住友商事マシネックス】 注目 

開催日 1月27日(金),1月27日(金),2月3日(金),2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、様々な企業で「ワークスタイル変革」や「テレワーク」等のキーワードに対する関心が高まっています。そんな中、Microsoft社が提供する「Office 36…

Tradosハンズオントレーニング (中級コース) 【SDLジャパン】  

開催日 2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込)

■SDL Trados Studio 2017 中級コース SDL Trados Studio 2017の基本機能をすでに習得している方を対象に、翻訳環境を1つ…

このページの先頭へ

情報共有システム/ ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有システム/ ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007129


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ