ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザ部門からの面倒な問い合わせを減らしたい

2014/07/10


 社内に専門のITサポート部門を置くことは、中小企業にとってはなかなか難しいことだ。また、ITサポート部門があったとしても、振り向けられる人員は限られているはず。もし、一般の従業員が「ネットにつながらない」「エクセルのファイルが開けない」などのトラブルに直面するたびにサポート部門の手を煩わしていたら、すぐに処理能力の限界を超えてしまうだろう。この状況をうまく打開し、ユーザからの問い合わせに対して丁寧にかつ迅速に回答できるような仕組み・体制を整備するためには、どんな解決策があるだろうか。

※「情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

社内SNSを活用し、互いに教え合う環境作りを

 もっとも手軽なのが、社内SNSの導入だろう。特定の個人、あるいはITサポート部門の担当者だけがユーザからの質問に答えるのではなく、社内メンバー全員が互いに知識を教え合う環境を作るのである。同じトラブルを経験した人が社内にいれば、実践的な解決方法を学べるだろう。また、質問者と回答者がやりとりした履歴を保存しておけば、ほかのメンバーが参考にすることも可能だ。

 同じようなことは、企業向けのWiki構築ツールを使っても実現できる。これは、おなじみのWikipediaのように、各ユーザが自由に情報を追加したり訂正したりできる仕組みのこと。トラブルの状況・原因・対処法などを充実させていけば、たいていの問い合わせには対処できるようになるだろう。また、グループウェアの掲示板機能を使ってもいい。ただし、社内コミュニケーションが活発でないと、社内SNSはうまく機能しない。誰もが気軽に情報の発信・共有をしたくなるように、SNSを日常業務に組み込む工夫が大切になる。

社内SNSの一例
社内SNSの一例
資料提供:Beat Communication

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

情報共有システム/ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有システム」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有システム」関連の製品

ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」 【CIJ】 事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】
ファイル共有 グループウェア テレビ会議/ビデオ会議
参加者のいずれか1台のタブレット端末(iPad)を“発表者”として、資料を共有できるペーパーレス会議システム。 度重なる組織変更でもOffice 365 をスムーズに導入できる秘密 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。

情報共有システム」関連の特集


 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 ストレスチェック制度が2015年12月1日からスタートとなり…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。今回は、前回の続きとして、代表的な考え方のクセをご紹介します。…



 こんにちは。「5分会議」を活用した人財育成家 1分トークコンサルタントの沖本るり子です。 今回から…


情報共有システム」関連のセミナー

Skype for Business との連携で挑む、効率的な会議への改革 【主催:ソフトバンク 共催:日本マイクロソフト、ポリコムジャパン】 注目 

開催日 2月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業での「働き方改革」が求められている昨今、それを実現するために「会議の改革」は必要不可欠なテーマです。本セミナーでは、日本マイクロソフトの現役社員が語る、O…

明日から使える!Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Office 365 を導入して社内の情報共有やナレッジの蓄積のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、SharePoint でどのようなサイトを作っ…

Tradosハンズオントレーニング (PMコースパート1) 【SDLジャパン】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2017 プロジェクトマネージャコース (パート1:プロジェクトの管理) 初めてSDL Trados を使う翻訳発注管理者…

このページの先頭へ

情報共有システム/ ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有システム/ ユーザ部門からの問い合わせを減らしたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007129


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ