統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」

2014/07/16


 最新キーワードをご紹介する「5分でわかる最新キーワード解説」。今回のテーマは、「HSA(Heterogeneous System Architecture)」。現在ではCPUとGPU(Graphics Processing Unit)をワンチップに一体化したプロセッサが多くなっていますが、プログラム技術のほうは必ずしもその真価を十分に引き出すに至っていません。「HSA」はCPU用とGPU用で別々に作られていたプログラムを1つにし、アプリケーション開発を容易にしようという取り組み。GPUが持つ並列処理能力をグラフィックス以外にも活用し、CPUとGPUが処理を分けあって協働すれば、ビッグデータ解析が80倍の早さで行える可能性があるとのこと!PCやサーバーのみならず、組込みシステムへの応用も有望な「HSA」のあらましを見てみましょう。

未定

※「未定/統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「未定/統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「HSA」とは

 CPUとGPUの特長を生かしながら上手に処理を分け合うことで、これまで不可能だった高い性能、低消費電力、低コストで価値あるアプリケーションを作り出すための新しいフレームワーク。プロセッサメーカーのAMDが提唱し、ARMやサムスンなど有力企業が参加して標準仕様が今年4月に策定された。

1-1

「HSA」は何を目指すのか?

 「HSA」の前提になっているのはCPUとGPUをそれぞれマルチコア化して1つのチップに集積する、最近の統合プロセッサのハードウェア構造だ。「HSA」の「H」は「ヘテロジニアス」(異種混合といった意味)のことで、CPU、GPUなどの異なるプロセッサのことを指す。そのシステムアーキテクチャを定義しようというのが「HSA」で、従来異なるプログラミングが必要だった異種プロセッサを統合的に利用し、最新統合プロセッサが秘める可能性を100%引き出すことを目指したハード/ソフト両面からの最適化アプローチだ。
 「HSA」を利用したアプリケーションの実行イメージは図1に見るとおりで、1つのHSA対応アプリケーションで統合プロセッサ上のCPUはもちろん、GPUをグラフィック用のほかに汎用数値演算の並列処理に利用することが、従来よりも簡単・低コストに実現すると期待されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ
関連キーワード

未定/統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「未定」関連情報をランダムに表示しています。

未定」関連の製品

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】
CMS
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。

未定」関連の特集


キーマンズネット会員、299人にユニファイドコミュニケーションの導入状況について調査した結果をお届け…



モバイル端末の普及で外出中にインターネットアクセスを行うため、急速に需要が高まっている「モバイルブロ…



IT担当者341名を対象にデータセンターの利用状況の調査を実施。利用率は2年前と比べ約10ポイント増…


「開発環境/BaaS」関連の製品

Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 低コスト・短期間でシニア市場向けのITサービスを開発・提供 【東日本電信電話】 アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く 【東日本電信電話】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
シニア向けサービスが成功するか分からぬまま、シニア用のUI設計や大規模に投資するのは難しい。そこに手軽かつスピーディに開発できるサービスがあればどうなるだろうか? 今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

未定/ 統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「未定/ 統合プロセッサの潜在能力を引き出す新フレームワーク「HSA」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007123


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ