この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

IP-VPN

2014/04/22


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、IP-VPNのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2013年度のIP-VPN国内市場規模は、スタンダード型とエントリー型の合計で1674億円と見込まれる。
 スタンダード型IP-VPNは既に市場が成熟期を迎えており、各キャリアはエントリー型を投入することで、大手企業の幹線系のバックアップや支線系の需要、中小企業のWAN構築需要などの獲得を進めている。エントリー型の方が回線単価は低く、金額ベースの全体市場規模は縮小傾向で推移していくとみられる。
 キャリア別の市場占有率(金額ベース/見込み)を見ると、1位のキャリアが45.5%で、エントリー型獲得の増加が続き全体も増加傾向となっている。2位もエントリー型の実績が拡大しており15.5%。クラウドやスマートデバイスによるワークスタイル提案を併せて行なっており、2013年度も堅調に推移すると見込まれる。3位は多サービスへの注力から11.4%にとどまっている。
 L2/L3を統合したVPNサービスが登場してIP-VPNと広域イーサネットの機能面での差が少なくなってきており、いずれもコストメリットの高いエントリー型の需要が拡大している。今後の需要見通しは、スタンダード型は広域イーサネットの需要拡大の影響もあり減少傾向だが、エントリー型は、グローバル対応やモバイル回線をアクセスとして利用できるなど、サービス機能強化が続いており、中小企業を中心に新規需要の獲得が続くとみられる。

IP-VPNシェア

IP-VPNシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

VPN/「IP-VPN」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VPN」関連情報をランダムに表示しています。

VPN」関連の製品

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 社内ファイルサーバへセキュアアクセス ThothLink 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
帳票管理システム ファイル共有 その他エンドポイントセキュリティ関連
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 社内・社外のPCやスマートフォンから、Webブラウザを用いて社内のファイルサーバへセキュアなアクセスを可能にする。これにより外出先からの業務を大幅に効率化できる。 デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

VPN」関連の特集


警察庁発表の調査データから、盗聴被害の現状を報告。さらに、IP電話に欠かせないSIPを狙った攻撃手法…



スマートフォンなどの新たなデバイスの普及に伴い、サーバへのトラフィックが急増する中で注目を集めるAD…



今後、導入本格化を迎える“ポストXP”のWindows 7。導入のコスト効果は?移行の注意ポイントは…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VPN/ 「IP-VPN」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VPN/ 「IP-VPN」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007119


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ