この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

WAN高速化製品

2014/04/08


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、WAN高速化製品のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2013年度のWAN高速化製品の国内市場規模は62億円と見込まれる。製造業の設計データや金融業の勘定系データなど、各業種の重要なデータの通信を行なうための帯域を確保するソリューションとして、市場は拡大傾向で推移している。
 通信事業者がVPNサービスの提供に併せて当該製品をマネージドサービスとして提供するケースも目立っており、今後も同様の提供が進んでいくと考えられる。また、製造業などが海外に進出する際に、日本と比較して通信回線品質が悪い拠点と通信を行なう際のパフォーマンス向上でも導入が進んでいくとみられる。
 市場占有率(金額ベース/見込み)をみると、1位のベンダが77.4%で、公共ユーザの大型案件獲得もあり実績が拡大しているほか、通信事業者のWANサービスと組み合わせた販売も堅調である。2位は16.1%で、アプリケーション高速化需要を獲得することで実績を拡大している。他社と比較してコストメリットがあり、数量ベースの市場占有率は30.4%になるものと見込まれる。
 通信回線を通じてアプリケーションを利用する際のパフォーマンス向上を目的に当該製品の導入が進んでおり、今後も成長傾向で推移していくと考えられる。また、東日本大震災の発生にともない、企業のBCPやDRの意識が高じており、バックアップ時間の短縮を目的にした需要も市場を後押しすると考えられる。

WAN高速化製品シェア

WAN高速化製品シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

WAN高速化/「WAN高速化製品」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化」関連情報をランダムに表示しています。

WAN高速化」関連の特集


PCをLANケーブルにつなげば、ネットが使えるのはもう常識。IPアドレスを自動で割り振る、DHCPサ…



帯域は充分!なのに通信は遅くて毎日イライラ・・・。そんな不満を解消する「WAN高速化ツール」の実態を…



今回は、IPアドレスの構造を学びます。規模に応じた「クラス」の概念や、アドレスの枯渇を解決する「サブ…


「WAN高速化」関連の特集


WANを介して利用するアプリケーションのレスポンスタイム向上や、WANを流れるトラフィックのデータ量…



意外に知らないWAN高速化ツール選びのチェックポイントの数々・・。知ると知らぬは大違い!?”魔法の箱…



ピーク・スループットなら100倍以上の高速化も夢じゃない?話題の「WAN高速化機器」の基本的な仕組み…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAN高速化/ 「WAN高速化製品」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAN高速化/ 「WAN高速化製品」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007117


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ