3年間で積み上げたワークスタイル変革の確かな手ごたえ/日本マイクロソフト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーインタビュー!ワークスタイルの変革 実録「トップの視点」3年間で積み上げたワークスタイル変革の確かな手ごたえ 日本マイクロソフト株式会社  執行役 常務 エンタープライズビジネス担当 小原琢哉
ワークスタイルの変革へ向けた制度設計の勘所
クラウド基盤をベースにしたセキュアなアプリケーション環境の整備やタブレットなどのスマートデバイスの浸透、LTEや無線LANなど高速なネットワーク回線の普及など、ワークライフバランスに配慮しながら生産性を高めることを目指したワークスタイルの変革に取り組める環境は整いつつある。その中ですでに一部の先進的な企業では多様性を受け入れながら様々な働き方に対応できる環境整備を行っており、具体的な成果も表れている。
そこで第2回目の今回は、数年前から本格的なフレキシブルワークを実践し、実際に効果を生み出している日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務 エンタープライズビジネス担当 小原琢哉氏に、ワークスタイルの変革に向けた具体的な取り組みについてお話を伺った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/3年間で積み上げたワークスタイル変革の確かな手ごたえ/日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】 勤怠管理は必要な機能だけ導入――在宅勤務対応から生体認証まで 【日本アクセス】
タブレット MDM 勤怠管理システム
5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで

ワークスタイル」関連の特集


 2012年秋に、情報サービス産業協会(JISA)は“ワークスタイル変革とIT”というワーキンググル…



従業員が能力を発揮するためには、オフィスにはどのようなレイアウト・設備、機能が必要か。こうした“ファ…



お茶出しやプロジェクタ修理、そんなことまでサービスデスクで対応可能に?今回は、オバマ選挙戦で活躍した…


ワークスタイル」関連のセミナー

第7回 ペーパーレス会議体験アワー 【リコージャパン】  

開催日 3月10日(金),3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「選ばれるのには、理由がある」 5000人以上の役員にご利用いただいています!会議ごとに発生する資料の印刷コスト・配布や回収の手間、情報セキュリティなど会議にま…

Citrix XenApp/XenDesktop 製品紹介セミナー 【アシスト】  

開催日 3月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

業務アプリケーションの仮想化以外にも、BYODや在宅勤務などのワークスタイル変革、情報漏洩対策など、クライアント仮想化の利用シーンが広がってきています。本セミナ…

ワークスタイル変革 実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 3月17日(金),3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ワークスタイル変革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「ワークスタイル変革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/ 3年間で積み上げたワークスタイル変革の確かな手ごたえ/日本マイクロソフト」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/ 3年間で積み上げたワークスタイル変革の確かな手ごたえ/日本マイクロソフト」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007109


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ