この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

L2/L3 スイッチ

2014/03/18


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、L2/L3 スイッチのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、L2/L3スイッチの、2013年の国内市場規模は1447億円となる見込みである。市場占有率(金額ベース、見込み)を見ると、1位のベンダが39.0%、2位が10.4%、3位が10.0%、4位が9.7%、5位が7.9%、6位が5.2%と続いている。
 当該製品はキャリア向けやデータセンタ向け、エンタープライズ向け、SOHOのような小規模向けなど幅広い需要があり、製品の種類は膨大で、同一のハードウェアでありながらライセンスによってL2とL3への対応を分ける製品も多い。
 製品タイプとしてはシャーシ型とボックス型に分けられ、シャーシ型は通信キャリア/xSPといったトラフィックの多い業種での利用が中心で、ボックス型は主にPCを集線する用途が多く、業種や規模を問わず広く利用されている。シャーシ型は通信キャリアの設備投資抑制、ボックス型はリプレースサイクルの長期化や単価下落などにより、いずれも市場規模は緩やかに減少していくとみられる。ベンダ側では、PoE対応や、産業向け製品のラインアップ、10G Ethernet対応製品の提供などで単価上昇を進めている。
 今後、法人ユーザのクラウド利用拡大やサーバ統合の進展にともない、ソフトウェアで柔軟に設定/運用できるSDN(Software Defined Networking)製品の導入が進んでいくと考えられており、SDNに対応した当該製品の提供が開始されている。

L2/L3 スイッチシェア

L2/L3 スイッチシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

スイッチ/「L2/L3 スイッチ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

スイッチ」関連の製品

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 ワークロード混在を前提とした戦略的な物理環境整備の手法 【伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】
フォレンジック SDN 垂直統合型システム
全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 新しいアイデアはクラウド、本番はオンプレミスで実践する方法

スイッチ」関連の特集


遂に開始されたナンバーポータビリティ。静かな緒戦に起こったソフトバンクの奇襲はキャリアや端末ベンダに…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、2015年4月に発行された、株式会社マ…



Windows Server 2012に搭載されているNAP(NetworkAccess Prote…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スイッチ/ 「L2/L3 スイッチ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スイッチ/ 「L2/L3 スイッチ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007102


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ