手書きノートをシステム化…受注管理効率UP

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

手書きノートをシステム化…受注管理効率を大幅にUP!

2014/02/27


 以前作った工業製品などをもう一度生産するためには、過去に記録したサイズや材質などのデータを確認する必要がある。ところが、これらを紙で記録している場合、目的の情報を探し当てるまで莫大な時間がかかってしまうのが難点だ。
 今回取り上げるのは、手書きのノートで受注管理をしていたゴム製品メーカー。システムを導入したことで、過去の製造データを簡単に呼び出し可能になった。その結果、営業担当者が1日に3時間程度かけていた作業が、2時間ほどで済んでいるのだそうだ。

※「システム/手書きノートをシステム化…受注管理効率UP」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「システム/手書きノートをシステム化…受注管理効率UP」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社三浦ゴム製作所
従業員数/24人(2014年2月現在)
売上高/非公開
事業内容/各種ゴム製品の開発など
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

製造情報管理システム
自社開発


課題 導入システム 効果

受注したゴム製品のデータを、手書きのノートで管理。過去のデータを探すのにかなりの時間がかかっていた。図面の転記や作業指示書の作成に手間がかかるのも難点だった。

ゴムを作る金型のデータ、受注履歴のデータ、製造データをリンクさせた、オリジナルのシステムを導入。

1日に3時間ほどかかっていた「過去案件検索・指示書作成」などの仕事が、2時間程度で終わるようになった。


1

2万以上の「金型」を手書きのノートで管理

■膨大な受注情報を、手書きのノートで管理していた

 株式会社三浦ゴム製作所は、東京都葛飾区と茨城県下妻市に事業所を構えるメーカー。建材、自動車、バス、鉄道車両などに使われるゴム製品を手がけている。同社の特徴は、「多品種少量生産」。顧客の要望に応じて、一点もの、あるいは、ごく少数のゴム製品を生産する機会が多い。
 同社では2013年まで、顧客からの注文を紙の「受注ノート」で管理していた。

図1 手書きの「受注ノート」
図1 手書きの「受注ノート」

 記録するのは、日付、顧客名、品物の材質、寸法、個数、納期、単価、送り先の住所など。ノート1ページあたり、4件のデータを記録していた。同社では年に300〜400種類の新製品を作っているため、1年間で約100ページ分のノートが増えるペースだった。
 一番困っていたのは、かなり前に作った製品を、もう一度受注したときだ。その製品を作るためには、材質や寸法などの情報をノートの中から探し当てなければならない。正確な受注日が分かっていれば、その時期のノートだけを集中的に探すことが可能。しかし、受注日が不明な場合は、ノートを何冊も何冊も読み直して確認しなければならない。とても古い製品の場合は、見つけるまで数時間かかることもあったという。
「何時間も探した挙げ句に見つからず、お客さまに受注日の再確認をお願いしたところ、『あ、あの製品は他社に頼んだものでした!』と言われてがっかりした経験もあります(笑)」(代表取締役社長・三浦広之氏)

担当者のナマ声:以前からシステム導入は考えていたが…

 「実は、20年ほど前からシステムには興味を持っていました。昔ながらのやり方を捨て、システム化を図れば、従業員も仕事をやりやすくなると思っていたのです。ところが、当社のような『多品種少量生産』方式の場合、市販のパッケージソフトをそのまま使うわけにはいきません。ゼロから開発をするとなると相応の予算が必要で、導入は難しいと諦めていました。
 状況が変わったのは、2年ほど前でしょうか。クラウドが普及したおかげで、社内にサーバなどを置く必要がなくなった。その結果、システム導入費がかなり手頃になってきました。そこでコンサルタントの方に相談し、システム導入へ大きく舵を切ったのです」(三浦氏)

導入の陣頭指揮を執った三浦社長
導入の陣頭指揮を執った三浦社長

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

システム/手書きノートをシステム化…受注管理効率UP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システム」関連情報をランダムに表示しています。

システム」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
統合運用管理 ADC/ロードバランサ IaaS/PaaS
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインタフェースで一元的に行える。 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか

システム」関連の特集


生体認証の導入目的は「個人情報・機密情報漏洩防止」が圧倒的。他、ID・PW管理、なりすまし防止の声も…



 シスコシステムズが発表した新たなブランド「Cisco Start」は、100人規模以下の中小企業の…



導入が進んで久しいグループウェア。ワークスタイルの変化を受けて、ユーザからは新たなニーズが出てきてい…


システム」関連のセミナー

【横浜】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【ネオジャパン】 締切間近 

開催日 7月25日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

システム担当者がITILに準拠して業務改善する方法 【ゾーホージャパン/フェス】 締切間近 

開催日 7月30日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

企業/組織が業務プロセスを改善するために、ITサービス管理における国際的なベストプラクティス「ITIL(Information Technology Infra…

どうやる?特権ID利用履歴の監査 【ゾーホージャパン/フェス】 締切間近 

開催日 7月30日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

WindowsのAdministrator、Linux/Unixのroot、Active Directoryのドメイン管理者アカウント等、高権限を有する特権ID…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システム/ 手書きノートをシステム化…受注管理効率UP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム/ 手書きノートをシステム化…受注管理効率UP」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007070


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ