【第1回】ワークスタイルの変革1.0→2.0へ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/02/27

ガジェットで変わる!次世代ワークスタイル2.0

自己紹介
株式会社テソロ 佐藤 勝彦
主な経歴
1978年東京都出身。元調理師という異色の経歴をもつ。主に携帯キャリアの販売支援業などで実績を積み、現在は全国の携帯販売代理店(約7000店舗超)へのセールス研修を手掛ける株式会社テソロの取締役を務め…

【第1回】ワークスタイルの変革1.0→2.0へ

■〜ご挨拶〜

 本業であるスマートデバイスのセールスノウハウを企画する傍ら、進化の進むスマホ/タブレットなどのスマートデバイスの様々な活用法や可能性の実証実験をしております。

デジタル武装により外出先のどこでも仕事ができる【ノマドスタイル】
スマートデバイス関連商品を持ち歩き、口上きってその場でダイレクトにお客様へプレゼンし
そのままワンストップで販売する【行商】を組み合わせたスタイルで
【ノマド行商】と名づけられ2013年から注目を頂いております。

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークスタイル/【第1回】ワークスタイルの変革1.0→2.0へ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル」関連の製品

Web会議サービス「MeetingPlaza」 【NTTテクノクロス】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 モバイルデバイスを最大限活用させる「EMM」ソリューションで実現できること 【マクニカネットワークス】
Web会議 グループウェア MDM
国内導入4500社を突破するロングセラーWeb会議。働き方改革における多様なワークスタイルをクリアな音声と高解像度の映像による遠隔コミュニケーションの改善でサポート。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 モバイルデバイスを最大限活用させる「EMM」ソリューションで実現できること

ワークスタイル」関連の特集


スマートフォンの爆発的な普及と業務アプリのクラウド化によって多くの人の関心を引いているBYOD。そん…



作家、教育者、保育園経営者、コメンテーター、スポーツライターとして有名な乙武洋匡さんと、サイボウズ青…



どこまでやるべきか悩ましいクライアントセキュリティ対策。今回は効果的な対策のために役立つフレームワー…


ワークスタイル」関連のセミナー

Windows 10 移行セミナー 〜働き方改革の第一歩〜 【富士ソフト】  

開催日 4月18日(水),4月25日(水),5月9日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

現在、国・政府が本腰を入れて『働き方改革』を推進しているのは周知のとおりですが、時間や場所にとらわれない新しいワークスタイルの実現が求められております。Wind…

G Suite × AI で実践する働き方改革セミナー 【電算システム】 締切間近 

開催日 4月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

最近では、働き方改革・テレワーク・在宅勤務などの単語がトレンドとなっているように、世の中では多様な働き方が着目されています。 このような社会的な背景の中で多様な…

働き方改革でも弱点を作らないためのセキュリティ対策セミナー 【ウォッチガード・テクノロジージャパン】 締切間近 

開催日 4月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ソリューションセミナー 〜働き方改革!ワークスタイル変革でも弱点を作らないためのセキュリティ対策・ランサムウェア対策〜※会場参加が難しい方も、WEBセミナーにて…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル/ 【第1回】ワークスタイルの変革1.0→2.0へ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル/ 【第1回】ワークスタイルの変革1.0→2.0へ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007060


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ