ワークスタイルの変革開始!情シスVSユーザ、成功の要はどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/04/02

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

野球を観るなら?

 野球を観戦するなら「日本のプロ野球」と答えた人は71%、「メジャーリーグ」と答えた人は29%という結果になった。「日本のプロ野球」派は、自分が応援するチーム、そして選手が身近にいることこそが重要だと考えている。メジャーリーグのチームや選手は馴染みが薄くて応援しがいがないということなのだろう。「メジャーリーグ」派では、野球というプレーそのものを楽しみたいという人が多い。確かにメジャーリーグというと、ダイナミックなプレーがつきもの。最近ではメジャーリーグに進出する日本人選手も少なくなく、彼らを応援するためにメジャーリーグを観るという人も多いよう。ただ、気軽に観られるというポイントから、やはり日本のプロ野球観戦のほうに軍配が上がった形だ。

【「日本のプロ野球」派のコメント】

やはり身近なプロスポーツが良いです。メジャーは知らない選手が多いですし。(20代・男性)

好きな選手がメジャーに挑戦しているのですが、やはり日本のプロ野球がなじみ深いです。お酒片手にのんびり楽しみたいです。(30代・女性)

高校、大学、社会人からプロ入りまで、選手を追いかけやすいかなぁと。(30代・男性)

応援している球団があってこそ観戦も盛り上がるというもの。外国人選手には感情移入できないし…。(40代・男性)

メジャーリーグの放送もあまりやっていないし、しかも時差的にリアルタイムでは観られないですしね。(40代・男性)

メジャーは大味な試合でつまらない。やはり日本野球が好き。(40代・男性)

どうせならスタジアムで観たい!となると、アメリカまで行くのはちょっと厳しいですね。(50代・男性)

メジャーリーグの日本人選手以外はあまり知らないので、やはり贔屓の日本プロ野球チームを応援しながら観戦するのが一番です。(50代・男性)

ドラフトで入った選手が成長して活躍していく姿を応援したい(50代・男性)

私の住んでいる所は日本のプロ野球のキャンプ地。やはり身近な選手のプレーを応援したいですね。メジャーリーグはニュースで活躍を観るだけで十分です。(60代・男性)


【「メジャーリーグ」派のコメント】

ホームランかっとばしているところを観たいから、やっぱりメジャーのほうが。迫力が違う。(20代・女性)

スタジアム観戦なら断然メジャーのほうが球場の雰囲気が楽しい。テレビ観戦ならどちらも観ません。(40代・男性)

娯楽と考えるなら、断然メジャーです。サポーターになるなら、日本野球ですが。(40代・男性)

日本のプロ野球にスター選手が減っているので…。(40代・男性)

本場のダイナミックなプレイが観たい。(40代・男性)

やっぱり日本人が世界の舞台で活躍する姿を観たいので!!(40代・男性)

日本人のトップクラスがメジャーに行ってしまうため、日本のプロ野球は観ていても面白くない。(50代・男性)

単純に、レベルの高い方が面白い!(50代・男性)

観客席の様子も含めて、本来の形の野球であるような気がします。(60代・男性)



ワークスタイルの変革開始!成功の要となるのは?

 「ワークスタイルの変革」を開始するとき、成功の要になるのが「情シス部門」と答えた人は34%、「ユーザ部門」と答えた人は66%という結果に。「情シス部門」派のコメントからは、ユーザーの意見をしっかりと把握しつつも、情シス主導でトップダウン気味に対応することが成功に結びつくと考えている人が多いことをうかがわせる。一方の「ユーザ部門」派では、ユーザ部門が自身の視点で変革を進め、具体的に動くことが成功につながると考える人が多いようだ。そして両派のコメントからは相変わらず現場と情シス部門での反目の様子が垣間見える。ユーザ部門からは「情シスからの呼びかけに関しては無関心な人が多い」という声もある中、情シス部門からは「情シスが積極的にユーザ部門へ改革を進めて行きたい」といった前向きな意見も見受けられ、情シス発信の“変革”が起きることにも注目していきたいところだ。

【「情シス部門」派のコメント】

ワークスタイル変革は、情報システムがユーザーの改革を取りまとめて柔軟に対応してこそ成功すると思う。(30代・男性)

情シス部門って、ユーザ部門の変革や改善に一生懸命になるわりには、自分たちの働き方には無頓着なことが多いように思います。(40代・男性)

強引でもトップダウンしないと変革できない。(40代・男性)

ユーザ部門が自ら進んで変革するなんて夢のよう(苦笑)。いつも情シスが泥くさい役どころで支えないと進まないのが現実です…。(40代・男性)

できることとできないことをちゃんと認識して進められると思うから。(50代・男性)

システムがどれくらい使いやすいかにかかってくると思います。(50代・男性)

情シスが積極的にユーザ部門へ改革を進めて行きたい。やはりユーザ部門は実務が優先してシステム関係にはどうしても疎くなるので。(50代・男性)

まだまだ古い体制を引きずっている。考え方を含めて。(50代・男性)

今の世の中、ほとんどの作業はIT関連に結びつく。情報の取り扱いは情シスが直接・間接の指導の中心になって進めるしかない。(60代・男性)

定常的に固定化しているように思える部署からの変革が必要かと思います。(60代・男性)


【「ユーザ部門」派のコメント】

現場の人にとって使いやすい、理解しやすいことが大事。(20代・男性)

お互いが「できない理由」を挙げるのではなく、「働き方を変えるために何ができるか?」を挙げたい。(20代・女性)

頭の固い情シス部門ではなく、ユーザ部門が気軽にSaaSなどを利用し、ワークスタイルが変革していくと思う。(30代・男性)

情シスからの呼びかけに関しては無関心な人が多い。機械だけ進化してワークスタイルは変化しない可能性が高いので、やはり利用者の意識が高まらないと。(30代・男性)

使う側視点が重要!後々文句を言われることもないでしょう。(40代・女性)

やっぱり力関係でユーザ部門が動かないと進まない。システム部門はユーザ部門の要望で24時間稼働しています。(40代・男性)

保守的で変化を求めない情シスには全く期待していない。ユーザ部門で必要なツールを導入していきたい。(40代・男性)

やっぱり使う側が本気にならないと成功しません。(40代・男性)

ユーザ部門がその気にならないと、情シス部門だけが空回りすることが多い。(50代・男性)

情シス部門はいかにパターン化・標準化するかで効率UPを目指す。ユーザ部門は、業務の結果を出すためにいかに工夫するかが重要。その原点が違う。(60代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2014年 3月 6日〜 2014年 3月12日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:308)より抜粋して構成した。


最新特集

227万人がDLした超有名アプリがマルウェアだった、親会社は…… 【金曜Black★ピット】 2017/09/22

公開以来50億回もダウンロードされている人気ユーティリティソフトが汚染されていた。とんでもない事態だ。

「おまえの足、気絶するほど臭いぞ」を優しく伝える方法 【金曜Black★ピット】 2017/09/15

最近、スメハラを人事評価の1つに取り入れる企業もあるそうだ。上司の足が臭いことをどうやって伝えたらいいだろうか。

返事をしないとスマホをロック、お父さんは心配性? 【金曜Black★ピット】 2017/09/08

子どもがスマートフォンを所有する年頃になると、いろいろと悩ましい問題が浮上してくる。そこでお父さんは考えた。

スマホの使い過ぎで、指が曲がらなくなるって本当? 【金曜Black★ピット】 2017/09/01

最近、皮膚科を訪れる人が増加しているという。それと自覚していなくても、なんだか指先が不調だという人もいるそうだ。

えっ、ソレを使うのに顔認証システムが必要なの? 【金曜Black★ピット】 2017/08/25

ATMには「静脈認証」が使われているし、PCやスマホでも「指紋認証」が使われている。でも、ソレはやり過ぎじゃない?

パスワードのルール、提案者が「間違っていた」と衝撃告白 【金曜Black★ピット】 2017/08/18

「大文字、小文字、記号を組み合わせて、定期的に更新」。ルールを作った張本人が「ほとんど間違っていた」と後悔している。




ビッグデータ/ワークスタイルの変革開始!情シスVSユーザ、成功の要はどっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】 性能が全てではない、ハイブリッドIT時代に求められるオールフラッシュの要件 【日本ヒューレット・パッカード】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
ビッグデータ 垂直統合型システム BI
16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 クラウドとIoTという2つの潮流によって、企業ITの在り方は大きく変容しつつある。それはストレージ環境についても同様だ。最新ストレージ技術のトレンドを追う。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

ビッグデータ」関連の特集


キットカットやネスカフェでおなじみのネスレ日本がIoTに挑戦! 静岡工場に突撃し、その実態を探った。



機密情報保護や情報漏洩による企業リスク低減として利用が進み、2014年度は12億円が見込まれるDLP…



国内市場規模およそ9兆円に達した「IoT」ですが、IT部門ではどう取り組むべき?事例も交えつつ企業シ…


ビッグデータ」関連のセミナー

デジタル・プロセス・イノベーションセミナー 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業を取り巻く経営課題(超高齢化にともなう少子化や労働力減少・・・等々)は今もなお深刻な問題で、人材の多様化はもちろん、ICTの有効活用による生産性向上が大…

【G-Tech 2017大阪】今からはじめる!クラウドのビジネス利用 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 11月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

概要「クラウドファースト」が合言葉となり、新規導入するシステムの選択肢としてクラウドを最初の候補に検討することは、半ば常識となりました。クラウドでは、従来よりも…

HPEストレージフォーラム 2017 【日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007019


IT・IT製品TOP > ビッグデータ > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ