ワークスタイルの変革開始!情シスVSユーザ、成功の要はどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/04/02

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

野球を観るなら?

 野球を観戦するなら「日本のプロ野球」と答えた人は71%、「メジャーリーグ」と答えた人は29%という結果になった。「日本のプロ野球」派は、自分が応援するチーム、そして選手が身近にいることこそが重要だと考えている。メジャーリーグのチームや選手は馴染みが薄くて応援しがいがないということなのだろう。「メジャーリーグ」派では、野球というプレーそのものを楽しみたいという人が多い。確かにメジャーリーグというと、ダイナミックなプレーがつきもの。最近ではメジャーリーグに進出する日本人選手も少なくなく、彼らを応援するためにメジャーリーグを観るという人も多いよう。ただ、気軽に観られるというポイントから、やはり日本のプロ野球観戦のほうに軍配が上がった形だ。

【「日本のプロ野球」派のコメント】

やはり身近なプロスポーツが良いです。メジャーは知らない選手が多いですし。(20代・男性)

好きな選手がメジャーに挑戦しているのですが、やはり日本のプロ野球がなじみ深いです。お酒片手にのんびり楽しみたいです。(30代・女性)

高校、大学、社会人からプロ入りまで、選手を追いかけやすいかなぁと。(30代・男性)

応援している球団があってこそ観戦も盛り上がるというもの。外国人選手には感情移入できないし…。(40代・男性)

メジャーリーグの放送もあまりやっていないし、しかも時差的にリアルタイムでは観られないですしね。(40代・男性)

メジャーは大味な試合でつまらない。やはり日本野球が好き。(40代・男性)

どうせならスタジアムで観たい!となると、アメリカまで行くのはちょっと厳しいですね。(50代・男性)

メジャーリーグの日本人選手以外はあまり知らないので、やはり贔屓の日本プロ野球チームを応援しながら観戦するのが一番です。(50代・男性)

ドラフトで入った選手が成長して活躍していく姿を応援したい(50代・男性)

私の住んでいる所は日本のプロ野球のキャンプ地。やはり身近な選手のプレーを応援したいですね。メジャーリーグはニュースで活躍を観るだけで十分です。(60代・男性)


【「メジャーリーグ」派のコメント】

ホームランかっとばしているところを観たいから、やっぱりメジャーのほうが。迫力が違う。(20代・女性)

スタジアム観戦なら断然メジャーのほうが球場の雰囲気が楽しい。テレビ観戦ならどちらも観ません。(40代・男性)

娯楽と考えるなら、断然メジャーです。サポーターになるなら、日本野球ですが。(40代・男性)

日本のプロ野球にスター選手が減っているので…。(40代・男性)

本場のダイナミックなプレイが観たい。(40代・男性)

やっぱり日本人が世界の舞台で活躍する姿を観たいので!!(40代・男性)

日本人のトップクラスがメジャーに行ってしまうため、日本のプロ野球は観ていても面白くない。(50代・男性)

単純に、レベルの高い方が面白い!(50代・男性)

観客席の様子も含めて、本来の形の野球であるような気がします。(60代・男性)



ワークスタイルの変革開始!成功の要となるのは?

 「ワークスタイルの変革」を開始するとき、成功の要になるのが「情シス部門」と答えた人は34%、「ユーザ部門」と答えた人は66%という結果に。「情シス部門」派のコメントからは、ユーザーの意見をしっかりと把握しつつも、情シス主導でトップダウン気味に対応することが成功に結びつくと考えている人が多いことをうかがわせる。一方の「ユーザ部門」派では、ユーザ部門が自身の視点で変革を進め、具体的に動くことが成功につながると考える人が多いようだ。そして両派のコメントからは相変わらず現場と情シス部門での反目の様子が垣間見える。ユーザ部門からは「情シスからの呼びかけに関しては無関心な人が多い」という声もある中、情シス部門からは「情シスが積極的にユーザ部門へ改革を進めて行きたい」といった前向きな意見も見受けられ、情シス発信の“変革”が起きることにも注目していきたいところだ。

【「情シス部門」派のコメント】

ワークスタイル変革は、情報システムがユーザーの改革を取りまとめて柔軟に対応してこそ成功すると思う。(30代・男性)

情シス部門って、ユーザ部門の変革や改善に一生懸命になるわりには、自分たちの働き方には無頓着なことが多いように思います。(40代・男性)

強引でもトップダウンしないと変革できない。(40代・男性)

ユーザ部門が自ら進んで変革するなんて夢のよう(苦笑)。いつも情シスが泥くさい役どころで支えないと進まないのが現実です…。(40代・男性)

できることとできないことをちゃんと認識して進められると思うから。(50代・男性)

システムがどれくらい使いやすいかにかかってくると思います。(50代・男性)

情シスが積極的にユーザ部門へ改革を進めて行きたい。やはりユーザ部門は実務が優先してシステム関係にはどうしても疎くなるので。(50代・男性)

まだまだ古い体制を引きずっている。考え方を含めて。(50代・男性)

今の世の中、ほとんどの作業はIT関連に結びつく。情報の取り扱いは情シスが直接・間接の指導の中心になって進めるしかない。(60代・男性)

定常的に固定化しているように思える部署からの変革が必要かと思います。(60代・男性)


【「ユーザ部門」派のコメント】

現場の人にとって使いやすい、理解しやすいことが大事。(20代・男性)

お互いが「できない理由」を挙げるのではなく、「働き方を変えるために何ができるか?」を挙げたい。(20代・女性)

頭の固い情シス部門ではなく、ユーザ部門が気軽にSaaSなどを利用し、ワークスタイルが変革していくと思う。(30代・男性)

情シスからの呼びかけに関しては無関心な人が多い。機械だけ進化してワークスタイルは変化しない可能性が高いので、やはり利用者の意識が高まらないと。(30代・男性)

使う側視点が重要!後々文句を言われることもないでしょう。(40代・女性)

やっぱり力関係でユーザ部門が動かないと進まない。システム部門はユーザ部門の要望で24時間稼働しています。(40代・男性)

保守的で変化を求めない情シスには全く期待していない。ユーザ部門で必要なツールを導入していきたい。(40代・男性)

やっぱり使う側が本気にならないと成功しません。(40代・男性)

ユーザ部門がその気にならないと、情シス部門だけが空回りすることが多い。(50代・男性)

情シス部門はいかにパターン化・標準化するかで効率UPを目指す。ユーザ部門は、業務の結果を出すためにいかに工夫するかが重要。その原点が違う。(60代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2014年 3月 6日〜 2014年 3月12日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:308)より抜粋して構成した。


最新特集

ついに現実世界に登場、「ロボコップ」は銃撃戦の夢を見るか 【金曜Black★ピット】 2017/05/26

あの「ロボコップ」が警察署に配属された。身長170センチ、体重100キロの巨体で担った初任務とは?

のぞき見厳禁! Wi-Fiアクセスポイントを使った「透視術」 【金曜Black★ピット】 2017/05/19

Wi-Fiの電波を使って室内を透視する。こんな実験に挑戦し、見事に成功した研究報告が話題を呼んでいる。

最新映画が15円でダウンロードできる危険なサービス 【金曜Black★ピット】 2017/05/12

新サービス「SwiftMedia」が登場した。公開中の映画から音楽CDまで数百円でダウンロードできる! そんなばかな………

失敗作を集めた「失敗博物館」が開館、そこにあるのは? 【金曜Black★ピット】 2017/04/28

どんなに偉大な企業でも失敗作を生み出すことは当然だろう。そんな失敗作を集めた博物館ができるらしい。

刑務所でまさかの快適生活、受刑者がこっそり作り上げたのは? 【金曜Black★ピット】 2017/04/21

刑務所といえば、塀の中で厳しい作業というイメージがあるが、とんでもないITライフを満喫していた受刑者がいる。

ハッカー暗躍、北朝鮮流の国家予算錬金術 【金曜Black★ピット】 2017/04/14

ロシアのカスペルスキーが北朝鮮の「国家犯罪」を突きとめつつあるという。どうやらミサイル開発の資金を……。




ビッグデータ/ワークスタイルの変革開始!情シスVSユーザ、成功の要はどっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

ハイブリッドクラウドが「理想のIT環境」になり得ない理由 【日本コムシス株式会社】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
IaaS/PaaS グループウェア システムインテグレーション
あなたの企業のハイブリッドクラウドが「理想のIT環境」になり得ない理由 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み

ビッグデータ」関連の特集


純国産の大規模データ処理基盤「Jubatus」を紹介。HadoopやMapReduceとの違いはなに…



ビッグデータ利活用は「多額のシステム投資」「マーケティングやデータ分析の専門家」が必要といった点で、…



 前編では「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載されたマイケル・ポーター教授/PT…


ビッグデータ」関連のセミナー

【大学教員限定】大学での研究に、人工知能(機械学習)を応用 【主催:東芝電子エンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【人工知能(機械学習)そのものの研究から、その応用へ】大学における研究対象は、機械学習などの人工知能そのものの研究から、それらをどう応用するかに広がりつつありま…

2時間でわかるHadoop と RapidMiner無料紹介セミナー 【KSKアナリティクス】  

開催日 6月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

<第一部>並列分散処理環境「Hadoop+Spark +Cassandra」構築運用サービスご紹介データ分析では、「大量かつ多様なビッグデータをどう取り扱うか?…

IoT時代のものづくり現場事例セミナー 【主催:フューチャーイン/協賛:ウイングアーク1st】  

開催日 6月23日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

「IoT(モノのインターネット接続)」という単語が注目され、模索を始めているものづくり現場も多いと思います。しかし、何から手をつければよいか、IoTやインダスト…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007019


IT・IT製品TOP > ビッグデータ > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ