軍事用がレンジに?日本が見過ごした日本人

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/04/11
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#233軍事用がレンジに?日本が見過ごした日本人 〜岡部金治郎氏

無線LANを使っていると、ときに「2.5Ghz帯は家庭内での電波干渉がある」などと耳にすることがある。これは主に、電子レンジが利用しているマイクロ波が原因とされている。今回は、そんなマイクロ波を搭載した機器の普及に大きく貢献した岡部金治郎氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

岡部金治郎は、1896年に名古屋市にて誕生した。旧制中学を修了すると、名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)に進学。同校を1916年に卒業すると、東北帝国大学(現・東北大学)工学部に進学。電気工学科で学び、1922年に同大学を卒業している。

岡部金治郎氏
1896年
名古屋市にて誕生。
1916年
名古屋高等工業学校を卒業。
1922年
東北帝国大学工学部電気工学科を卒業。
1925年
東北帝大准教授に就任。マグネトロンの研究を開始。
1927年
「多分割陽極マグネトロン」の発明に成功。
1939年
日本十大発明者に選出される。
1984年
死去。享年88歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 軍事用がレンジに?日本が見過ごした日本人 〜岡部金治郎氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 軍事用がレンジに?日本が見過ごした日本人 〜岡部金治郎氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006960



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ