知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

知っておきたい!「ソーシャルメディア分析ツール」事情

2014/06/02

 ソーシャルメディア上には、自社に関する評価や商品・サービスに対する様々な要望など、コールセンタや問い合わせ窓口には直接届かない“サイレントカスタマー”の声が数多く飛び交っている。そんな声を拾い上げ、自社のマーケティング活動などに役立てるための「ソーシャルメディア分析ツール」が注目されている。今回は、そんなソーシャルメディア分析ツールの基本的な知識についておさらいしながら、実際にどんな用途に応用できるのか様々な活用例を詳しく見ていきたい。

ソーシャルメディア

※「ソーシャルメディア/知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ソーシャルメディア/知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ソーシャルメディア分析ツールとは?

1-1ソーシャルメディア分析ツールの基本

■ソーシャルメディア分析ツールとは?

 ソーシャルメディア分析ツールとは、Twitterをはじめ、アメーバブログなどのブログサービス、2ちゃんねるに代表される掲示板、Yahoo!知恵袋など各種Q&Aサイト、そしてFacebookといった各種ソーシャルメディアに書き込まれた様々な情報を拾い集め、その情報を分析することで消費者の行動や嗜好など新たな気付きを与えてくれるツールだ。サービス提供会社がクローラを駆使してソーシャルメディア内の情報を集めたりソーシャルメディアのプラットフォームから直接提供してもらったりすることで、各メディアを横断的に見ながら自由に検索、閲覧、分析することができるようになる。

図1-1 ソーシャルメディア分析の画面例
図1-1 ソーシャルメディア分析の画面例
資料提供:プラスアルファ・コンサルティング

+拡大

図1-2 条件・キーワード入力画面例
図1-2 条件・キーワード入力画面例
資料提供:ホットリンク

+拡大

図1-3 分析結果表示例
図1-3 分析結果表示例
資料提供:ホットリンク

+拡大


■一般的な活用シーン

 ソーシャルメディア分析ツールは、自社製品や競合情報を含めた市場調査をはじめ、キャンペーン施策などに対する消費者の反応を見る効果測定、日常的にモニタリングすることによる風評監視といったリスクマネジメント目的などの用途に利用されることが多い。一般的には、市場調査や効果測定は宣伝部やマーケティング部門が担当し、リスク管理などは広報やCS部門などが担当するケースが多い。ただし、各部署の依頼に応じて全社横断的に情報システム部門が関わることもある。

図2 ソーシャルメディア分析の導入目的
図2 ソーシャルメディア分析の導入目的
資料提供:トライバルメディア

■ライセンスの考え方

 ソーシャルメディア分析ツールは、自社で環境を構築することも可能だが、多くはベンダ側が情報を保持し、Webブラウザを経由して情報を検索、閲覧、分析できる形で提供されている。課金体系はアカウント単位に発生するケースもあれば、利用するデータ件数や抽出期間によって変動するケースもある。アカウント単位とはいっても、実際は同時アクセス数に制限を持たせ、複数人がアカウントを共同で利用するケースもある。

コラム:ソーシャルメディア分析が“活かせない”領域とは?

 ソーシャルメディア分析では、数多く書きこまれたクチコミ情報を分析することで傾向が把握できるようになる。そのため、利用者の多いB to Cのサービスであればいいが、to B向けのサービスなどはクチコミ情報自体が少ないため、マーケティングデータとして活用しづらい。そもそも知名度がなければクチコミが少ないのは当然だが、そんな場合であっても同じ業界にいる他社情報も含めて分析することで、業界全体の動向はつかむことができる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャルメディア」関連情報をランダムに表示しています。

ソーシャルメディア」関連の製品

常に最先端のSDS利用を可能にするOSSとサポートの魅力 【レノボ・ジャパン株式会社】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】
ストレージ仮想化 CRM NAS
100TB超のオールフラッシュストレージをSDSで素早く構築する方法 デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント

ソーシャルメディア」関連の特集


クラウドの一領域に加わった「BaaS」について紹介。SaaSともIaaSとも違うこのサービスはどんな…



個人情報保護法の改正法案が閣議決定されたが、IT部門で必要とされる対応とは?何が「個人情報」とみなさ…



 先週、LINEが1億ユーザを突破したと発表がありましたが、アジア版LINEとも言われている「WeC…


「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ソーシャルメディア/ 知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ソーシャルメディア/ 知っておきたい!今の「ソーシャルメディア分析ツール」事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006954


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ