サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

サーバ移行の第4の選択肢 IaaS

2014/05/26

 来年7月のWindows server 2003のサポート終了を前に、サーバ移行に頭を悩ますシステム部門も多いことだろう。移行先に従来どおりにWindowsの新バージョン搭載機を選び、これまでどおりの運用を続けるのか、ホスティングサービスを利用するのか、仮想化サーバとしてより合理的な運用を図るのか、はたまたクラウドに移行するのか、およそ4つの選択肢の間で揺れ動いている企業も多いのではないだろうか。ここ数年でサービスの選択肢が増え、成功事例が次々に誕生しているのがクラウドサービスで、中でもIaaSは既存サーバの中味をそのままにクラウド化するのに最適。今回は、次のサーバの選択肢として必須の検討候補となる第4の選択肢、IaaSについて、その基本知識と移行のヒント、サービスの選び方の視点を紹介していこう。

IaaS

※「IaaS/サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IaaS/サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1成熟が進むIaaSの「使いこなし方」とは?

1-1「IaaS」を利用する利点は?

 IaaS(Infrastructure as a Service)は、ネットワークとサーバハードウェアとをクラウド事業者が提供し、ユーザはサービス利用契約をして従量制あるいは固定制の利用料金を支払って、インターネットあるいはVPNなどの広域ネットワークを経由して利用する形態のことを言う。図1に示すように、IaaSはアプリケーションの購入と運用管理およびOSとミドルウェアの運用管理はユーザ側で行い、業者側はネットワーク、ハードウェアの提供と管理、およびOSとミドルウェアの提供(管理はしない)を行う。

図1 自社設置、IaaS、PaaS、SaaSの役割の違い
図1 自社設置、IaaS、PaaS、SaaSの役割の違い
資料提供:マイクロソフト

 IaaSを利用する主な利点は次のとおりだ。

(1)

サーバを所有する必要がなく、極めて低い初期投資で新しいサーバを利用できる。

(2)

契約から分単位のスピードで思いどおりの仕様のサーバが手に入る。

(3)

サーバの負荷が高くなればサーバの数を増やしたり(スケールアウト)、仕様の増強(スケールアップ)が簡単にできる。

(4)

必要がなくなり次第、廃棄コストもなく台数を削減したり、仕様を落として能力を削減したりできる。

(5)

ネットワークとハードウェアの運用管理責任が外部化されるので、運用管理負荷が低減できる。

(6)

事業拠点が災害に遭っても他拠点あるいは家庭からでも業務が遂行でき、BCP対策になる。

 もう少し詳しく説明しよう。(1)の特長をホスティングと比較すると、ホスティングは基本的には月額固定料金であり、最低利用期間などの縛りがあり簡単に解約できず、また利用開始前の支払いが必要なことが多い。IaaSでも同様の料金形態のものもあるが、「使っただけ課金される」従量課金制をとるサービスが多く、利用時間と選択した仕様と台数によってコストが変わる。また簡単に契約/解約ができ、無駄な料金を払う必要がない。
 (2)について言えば、ホスティングよりも仕様の選択肢が広く、自社のサービスに合致するサーバを構成しやすいことが挙げられる。契約から利用開始まで、ホスティングでは数日かかることがあるが、IaaSなら契約後即時に利用可能になる。

【事例】
 ネットショップの受注/在庫管理システムを多数のショップに向けて提供するある企業では、複数拠点からの同時アクセスや海外からの利用など顧客のさまざまな要望に答えるためにIaaSの利用に踏み切った。これにより顧客社内へのサーバ設置やソフト導入作業が大幅に短縮するとともに、新しい提案を顧客が即座に体験できる形で提示して、商談をスムーズに行えるようになった。ホスティング利用に比較してコストメリットも出ている。

 (3)(4)の特長は、特にオンラインサービスやゲーム、ECサイトなどのように、アクセス量が急変しても遅延や中断を起こさずにサービスを提供したい場合や、サービスの短期立ち上げや短期間での終了が予定される場合に好適だ。(1)(2)の特長と合わせ、開発・テスト用の環境構築にも適している。
 (5)(6)の特長については言わずもがなだろう。

【事例】
 人気ソーシャルゲームを提供するある企業では、突発的に高い処理負荷がかかりリソース不足に陥る危険を回避するための対策を探していた。コスト面とスケールアウトの柔軟性を検討した結果、基本的にはサーバホスティングでのサービス提供を行ないながら、突発的な負荷が生じた場合はIaaSで仮想サーバを調達して連携させ、適時にインフラの処理能力を上げて対応できる仕組みを構築し、コスト最適なサービス環境を実現した。

【事例】
 オンラインプリントサービスを提供するある企業では、グローバルにサービス展開するPaaSとIaaSを選択し、サービス窓口をPaaSで構築、印刷データの変換システムをIaaS上で構築して連携させることにしたところ、国内クラウドサービス利用の場合の1/10程度のコストに抑えることに成功した。また年賀状シーズンなどのトランザクション量に合わせたリソース契約はその時期だけでよくなり、サーバの増減が数分でできるために無駄な契約をせずに済むようになった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IaaS/サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS」関連情報をランダムに表示しています。

IaaS」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 業務システムをオンプレミスからクラウドへ、見逃せない重要スペックは? 【富士通クラウドテクノロジーズ株式会社】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS VDI
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 業務システムをオンプレミスからクラウドへ、見逃せない重要スペックは? 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

IaaS」関連の特集


 クラウド(クラウドコンピューティング)を活用した場合、ハード面であるスマホ(スマートフォン)、モバ…



“上場企業”を対象に2015年あるいは2016年に強制適用が始まる予定の「IFRS」。では、“中堅・…



SDNが使えるとITインフラの管理業務はどう変わる? 目的別に使いどころや、情報システム運用管理担当…


IaaS」関連のセミナー

JRCA承認 ISO/IEC 27017審査員コース 【BSI グループジャパン】  

開催日 4月24日(月)〜4月25日(火),6月8日(木)〜6月9日(金),8月3日(木)〜8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込)

2015年 ISOよりクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。これにより、ISO/IEC…

JRCA登録CPD ISO 27017に基づくクラウドセキュリティ解説コース 【BSIグループジャパン】  

開催日 4月19日(水),6月2日(金),8月2日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

ISOより2015年新たにクラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインISO/IEC 27017が発行されました。ISO/IEC 270…

Google Cloud Platform セミナー 【クラウドエース/TOKAIコミュニケーションズ】  

開催日 4月28日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

 2016年11月8日、Google Cloud Platformの東京リージョンの開設が発表されました!東京リージョンの開設により、GCPはさらに進化を遂げま…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IaaS/ サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IaaS/ サーバ移行の第4の選択肢IaaS…最新事情徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006953


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ