ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流

2014/05/19

 複数の拠点を音声通信で結ぶ音声会議から始まった遠隔会議システムは、映像も含めたビデオ会議システムへと進化を遂げ、様々なコミュニケーション/コラボレーションの現場に革新をもたらしてきた。そして現在、スマートデバイスやウェアラブルデバイスをはじめとした最新エンドポイントデバイス技術やリアルな臨場感を伝える高機能なAV機器を活用することで、さらなる可能性を感じさせるコミュニケーションインフラへと変貌しつつある。新たなステップを踏み出している遠隔会議システムの今を概観する。  

ビデオ会議

※「ビデオ会議/ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビデオ会議/ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1新たなデバイス対応でさらに身近になった遠隔会議の今

1-1遠隔会議システムの市場動向

■ワークスタイル変革を支えるテレワーク基盤として普及が加速

 電話を利用した音声会議、PCを利用したソフトウェアタイプのWeb会議、ハードウェアコーデックによる専用端末タイプのビデオ会議など、様々なタイプに分かれて遠隔会議システムは普及してきた。そして今、遠隔会議システムは、新たなトレンドのもとでさらなる進化を遂げようとしている。
 その最たるものが、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の実現、いわゆるワークスタイル変革を支えるテレワーク推進への機運の高まりだ。テレワークは、政府の成長戦略「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」や「世界最先端IT国家創造宣言」にもその意義が盛り込まれ、日本社会を変える原動力として期待されている。例えば、厚生労働省はテレワークを新たに取り入れる中小企業に対し、その導入経費の半額を補助する助成金制度を2014年度から創設する方針を固めたことを発表した。また、東京都が実施している「東京都中小企業ワークライフバランス実践支援事業」においても、従業員数300人以下の中小企業を対象とした助成金制度の一環として、テレワーク制度の導入を含めることを決定した。
 こうした政策面からの後押しも受け、遠隔会議システムは従来のような大手企業のみならず、中小企業の間にも普及の弾みがつくと予想される。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビデオ会議/ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】 海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】
ノートパソコン テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。 ◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。

ビデオ会議」関連の特集


「ビデオ会議システム」の基本をわかりやすく解説!まるで同じ部屋にいるような臨場感の「テレプレゼンス」…



ビジネス環境の急激な変化にともなって、働き方にも大きな変革が求められている。その新たな働き方の基盤と…



事業拡大には即戦力となる中途採用はかかせません。従来の書類選考では見極めづらかった応募者の“可能性”…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議/ ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議/ ウェアラブル対応も登場!遠隔会議の新潮流」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006952


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ