この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ワークスタイルを変える「複合機」の今

2014/04/07

 1980年代後半に登場した、プリンタ、コピー、FAX、スキャナを統合する「複合機」はネットワーク機能と高度な情報処理機能を搭載するようになり、スリム化・静音化してオフィスの片隅からセンターへと立場を変えた。今ではモバイルやクラウドとの融合も果たし、オフィスのワークスタイルを変える「紙と電子情報との変換装置」として特別な情報機器に成長した。今回は複合機がどのように仕事を変えていくのか、最新の機能を中心に紹介しよう。

複合機

※「複合機/編集部で実験!最新複合機の実力は」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「複合機/編集部で実験!最新複合機の実力は」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1新しい利用価値を備えた最新複合機

1-1複合機とは

 かつて印刷マシンとしての役割に偏重していた複合機は、文書の電子化=ペーパーレス化が進むにつれ、紙文書の電子化保管のための入力機として、あるいはプリントせずに送受信可能なFAXとして、さらに情報共有と個人専用ファイル保管場所としても利用できるように進化した。そして今、クラウド連携やスマートフォン、タブレットからの利用も可能にし、また新たなワークスタイルを生み出そうとしている(複合機の基礎知識については前回特集参照)。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

複合機/編集部で実験!最新複合機の実力は」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 Enterprise Imaging Platform 【キヤノンITソリューションズ】
統合ログ管理 FAXサービス SOA
印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。 累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 社内で利用されている基幹系・情報系等の各種システムとMFPやスキャナなどのイメージデバイスを連携し、複雑な業務プロセスを効率化するSOAベースの開発プラットフォーム。

複合機」関連の特集


既にお馴染みの複合機は、涼しい顔してスゴイ機能をたくさん備えているんです!意外と知らないその全貌を動…



企業の脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加傾向にある現在。高い精度で検知・防御が可能なIPS製品への注目が…



358名を対象に無線LANの導入状況を調査。後編では「無線LANの規格」「無線LANでのセキュリティ…


複合機」関連のセミナー

「ほぼ、自動電子化!」無料セミナー 【共催:ハイパーギア/システムズ・デザイン】  

開催日 2月10日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

複合機がオフィスのネットワークにつながり、スキャナ機能が年々強化されたことにより、オフィスで発生する紙文書や伝票類を複合機でスキャンして電子化するケースが増えて…

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/ 編集部で実験!最新複合機の実力は」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/ 編集部で実験!最新複合機の実力は」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006947


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ