メールシステムとセキュリティ対策(2014年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

メールシステムとセキュリティ対策(2014年)

2014/06/24


 キーマンズネットでは、2014年3月26日〜2014年4月3日にかけて「メールシステムとセキュリティ環境(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:359)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.7%、一般部門が59.3%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、「電子メールの利用状況」「電子メールに関連するトラブル」「電子メールにおけるセキュリティ対策」など、メールシステムとセキュリティ対策状況を把握するための質問。その結果、現在、電子メールを経由した脅威による被害がある企業の割合は39.4%という実態が明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「メール/メールシステムとセキュリティ対策(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール/メールシステムとセキュリティ対策(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

1日のメール受信通数、大企業では「50万通以上」が31.5%

 最初に「会社全体で1日あたりおよそ何通の電子メールを受信しているか」について尋ねた(図1)。1位は「500通未満」で25.4%、2位は「1000通〜5000通未満」で15.0%、3位は「50万通以上」で13.3%、4位は「1万通〜5万通未満」で12.4%、5位は「5000通〜1万通未満」で11.5%という結果となった。これを従業員規模別で見ると、100名以下の中小企業では「500通未満」が54.7%と1位に、1001名以上の大企業では「50万通以上」が31.5%で1位であった。

図1 1日あたりの電子メールの受信数

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 1日あたりの電子メールの受信数

 続いて、「受信メール全体に占めるスパムメールの割合はどれくらいか」を尋ねた。その結果、全体で1位は「10%未満」で43.2%、2位は「10%〜30%未満」で22.2%、3位は「ほとんど受信することはない」で17.5%、4位は「30%〜50%未満」で7.7%、5位は「50%〜70%未満」で4.4%であった。ちなみに、前回の2012年の調査では、1位は「10%未満」で35.5%、2位は「ほとんど受信することはない」で22.3%、3位は「10%〜30%未満」で22.1%だったことから、全体に占める割合は少ないものの、スパムメールを受け取る割合が高まっていることが見て取れる。また、1001名以上の大企業の方が、100名以下の中小企業や、101名〜1000名以下の中堅企業に比べてメールの受信数は多いが、その中でスパムメールを「ほとんど受信することはない」と回答する割合が比較的高いことから、スパムメール対策によって事前に処理されていると考えられる。

このページの先頭へ

2

大企業の電子メールシステム導入…「クラウド/ASP」割合が大幅増加

 次に、「どんな電子メールシステムを導入しているか」を尋ねた。その結果、1位は「商用ソフトウェア」で52.9%、2位は「クラウド/ASP」で21.6%、3位は「アプライアンス」で13.2%、4位は「オープンソースソフトウェア」で12.4%となった。前回の2012年の調査と比べると、1001名以上の大企業における「クラウド/ASP」の利用割合が6.8%から14.3%へと大幅に増加した。導入・運用コスト削減、メールセキュリティ対策の外部運用といったメリットから、中堅中小企業での利用が先に広まったが、大企業での利用も進んできていることがわかった。
 続いて、「標準環境ではどのメールクライアントを利用しているか」について尋ねた(図2)。1位は「Microsoft Office Outlook」で46.9%、2位は「Outlook Express/Windows Live Mail」で19.1%、3位は「Thunderbird」で14.3%、4位は「Lotus Notes/Domino」で13.8%、同率5位は「グループウェアのメール機能」「インターネットブラウザ(Webメールなど)」で13.2%という結果となった。

図2 標準環境メールクライアント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 標準環境メールクライアント
このページの先頭へ

3

大企業で導入が進む「メールセキュリティ対策」、誤送信対策は中小企業の約4倍

 次に、「実施しているメールセキュリティ対策」について尋ねた(図3)。1位は「ウイルス対策」で93.9%、2位は「スパムメール対策」で73.8%、3位は「メール誤送信対策」で27.1%、4位は「メール暗号化」で25.1%、5位は「メールアーカイブ・フィルタリング」で24.5%いう結果となった。前回の2012年の調査と同様、ウイルス対策やスパムメール対策の割合は全体的に高い傾向にあり、また、「メール誤送信対策」「メール暗号化」においては、従業員規模が大きくなるにつれて導入率が高くなっている。特に、「メール誤送信対策」は100名以下の中小企業が10.7%に対し、1001名以上の大企業では38.8%と、その差は約4倍にも及ぶ。全体順位の目立った変化としては、「誤送信対策」が前回調査では5位だったのに対し今回の調査では3位に浮上した。

図3 電子メールにおけるセキュリティ対策

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 電子メールにおけるセキュリティ対策

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール/メールシステムとセキュリティ対策(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール」関連情報をランダムに表示しています。

メール」関連の製品

人気ECサイトのメール返信はなぜ早いのか?問い合わせ対応の秘訣 【ラクス】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 安心・安全・快適認証ソリューション 「YubiOn」 【ソフト技研】
EC CMS ワンタイムパスワード
人気ECサイトのメール返信はなぜ早いのか? 顧客が喜ぶ問い合わせ対応の秘訣 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 さまざまな認証のシーンにワンタイムパスワードを追加し、セキュアな二要素認証を実現可能にする。新たなハードウェアの購入やシステムの変更を行わずに導入可能。

メール」関連の特集


待機電力ゼロでデータを保持できる「不揮発性連想メモリプロセッサ」。この技術で超低消費電力PCや超省エ…



 前回は「ポートホッピング」や「Anonymousプロキシ」を例にセキュリティの回避手法を解説した。…



基幹システムやグループウェア、文書管理ツールのワークフロー機能とは一味違う、汎用ワークフローツールの…


メール」関連のセミナー

エンドポイントトレンドセミナー2017 【NECキャピタルソリューション】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

時間や場所にとらわれない柔軟な働き方の実現に向けて企業がモバイルワークを検討、採用していくなかで、エンドポイントへのセキュリティ脅威も増え続けています。企業の情…

F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティ 【テクマトリックス】 注目 

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【Office 365に最適なインフラ構築とセキュリティ対策がわかる】Microsoft社のOffice 365を導入される際にセキュリティリスクとなるテナント…

次世代エンドポイント対策セミナー 【ネットワークバリューコンポネンツ】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日々脅威は進化し、もはや完全に攻撃を防ぐことは出来ないといわれて久しく、昨今では最後の砦、エンドポイントでのセキュリティ対策が注目を浴びています。機械学習や人工…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール/ メールシステムとセキュリティ対策(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール/ メールシステムとセキュリティ対策(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006946


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ