この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

DLPの導入状況(2014年)

2014/04/08


 キーマンズネットでは、2014年1月29日〜2014年2月17日にかけて「DLP(deta loss prevention:企業の機密情報・データの紛失や外部への漏洩防止・阻止のためのソフトウェアやシステムなど)の導入状況(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:397)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.8%、一般部門が58.2%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、導入・検討しているDLPの「導入状況」「導入きっかけ」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、DLPの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は12.1%で、導入している企業の約8割は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「DLP/DLPの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DLP/DLPの導入状況(2014年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DLP導入率わずか1割…機密情報の保管場所は3割が「個人PC」、2割が「ルールなし」

 最初に「DLPの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加・リプレイス検討なし)」が11.3%、「既に導入済みである(追加・リプレイス検討あり)」が0.8%、「新規で導入を検討している」が5.3%、「必要性を感じているが導入は検討しない」が53.4%、「必要性を感じない」が29.2%と続き、まとめると、全体では12.1%が導入済み、6.1%が検討中という結果となった。また、「導入済み」の12.1%を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で5.1%、101名〜1000名以下の中堅企業で11.9%、1001名以上の大企業では17.1%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向であった。
 続いて、「機密情報の保管場所」について尋ねたところ、1位は「コンプライアンス上設定されたフォルダ」で62.5%、2位は「個人のPC」で29.1%、3位は「保管ルールなし」で20.2%という結果となった。この結果を従業員別に見ると、「コンプライアンス上設定されたフォルダ」に関しては、100名以下の中小企業で43.9%だったのに対して、101名〜1000名以下の中堅企業で64.0%、1001名以上の大企業では73.6%と、従業員規模が大きくなるにつれてコンプライアンスを重視した姿勢であることがうかがえた。同様に「保管ルールなし」に関しては、100名以下の中小企業で30.6%だったのに対して、101名〜1000名以下の中堅企業で22.0%、1001名以上の大企業では11.1%と、100名以下の中小企業においては未だに3割、1000名以上の大企業であっても1割以上が厳密な保管ルールを定めておらず、野放しの危険な状態で機密情報を管理しているという実態が見てとれた。

図1 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

導入きっかけ、1位「情報漏洩対策」、2位「PC紛失・盗難」、3位「データ損失」

 次に、DLPを導入済みと回答した方に「導入したきっかけ」を尋ねた(図2)。その結果、1位は「情報漏洩対策」で66.7%、2位は「持ち出しPCの紛失・盗難」で41.7%、3位は「データ損失事故」で33.3%、4位は「親会社の方針」で12.5%という結果となった。その他には、「見積書を他社へ誤送信した」「取引のある他社での情報漏洩事件」といったコメントが寄せられた。実際に自社または他社で起きた情報漏洩事件・事故がきっかけとなり、情報漏洩対策強化に踏み切るケースも見受けられる。BYODが少しずつ広がる中、PCに限らず会社支給のタブレットやスマートフォンを持ち歩く機会が増えてきている昨今、社員や内部関係者などが起こす不正アクセスによるデータ破壊や盗難といったポリシー違反も懸念されている。今後、情報漏洩対策としてのDLPが更に注目されてくるはずだ。

図2 導入きっかけ(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入きっかけ(導入済み)
このページの先頭へ

3

DLP選びの最重視ポイントは、「導入コスト」「実績」「検出精度」の順に

 続いて、DLPを「導入済み」と回答した方に「導入時に重視したポイント」について尋ねた(図3)。1位は「運用コスト」で62.2%、2位は「導入コスト」で57.8%、3位は「運用のしやすさ」で44.4%、4位は「既存システムとの親和性」で31.1%、同率5位は「検出精度」「実績」で28.9%という結果となった。「最も重視する項目」を見ると、1位は「導入コスト」で26.7%、2位は「実績」で17.8%、3位は「検出精度」で15.6%、同率4位は「運用コスト」「対象範囲の広さ」で11.1%と順位変動のある結果となった。同様の質問を2010年12月から2011年1月にかけても調査しているが、「最も重視する項目」を見ると1位は「導入コスト」で37.0%、2位は「運用コスト」で23.9%、3位は「実績」で19.6%、4位は「検出精度」で15.2%、5位は「対象範囲の広さ」で4.3%という結果であった。1位の「導入コスト」に変動はなかったが、「運用コスト」よりも「実績」や「検出精度」を重要視する傾向に変わってきていることが分かる。IT投資が削減されている中で認知度が低いとされているDLPを導入するには、他社の導入事例や導入効果などといった実例が重要なポイントとなってくるようだ。

図3 重視ポイント(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント(導入済み)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

DLP/DLPの導入状況(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

DLP」関連の製品

機密情報・個人情報漏洩対策ソリューション QGG 【クオリティソフト】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】
DLP その他エンドポイントセキュリティ関連 DLP
クライアントPC内にある機密情報や個人情報を自動的に探し集めて暗号化し、安全なファイルサーバに移動して厳重管理する機密情報・個人情報漏洩対策ソリューション。 共有サーバ上にある機密データの持ち出しを防止するソリューション。
機密データを参照や編集できても、印刷、コピーなど外部への持ち出しを制限することができる。
データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

DLP」関連の特集


盗撮に盗聴、ゆすりまで…アナタのプライベートがバラされる恐怖!端末をスパイ化する“クリープウェア”の…



身近な製品ではあるものの、たくさん種類があってどれを買おうか迷ってしまうプロジェクタ。今回はヨドバシ…



 ビジネスへのIT利用の普及は、ネットワーク化・オンライン化の面がとても大きい。メールやWeb等を介…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DLP/ DLPの導入状況(2014年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DLP/ DLPの導入状況(2014年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006941


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ