異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

異動者がすぐに理解できるような引き継ぎを行いたい

2014/04/17


 人事異動で業務や職種が急に変更されることは大企業ならずともよくあること。異動した本人もたいへんだが、急に人がいなくなったかつての部署でも、担当していた業務の引き継ぎがうまくいかないと思わぬトラブルのもとになる。異動決定から実際の異動までの期間は2週間もあればいいほう。時には数日ということもある。業務の文書化をしている時間もないことを想定し、いつ異動になってもよいように、引き継ぎ手順を考えた情報整理をしておきたい。そのために使えるITツールにはどのようなものがあるだろう。

※「引き継ぎ/異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「引き継ぎ/異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

文書管理システムやグループウェアの文書共有機能を活用する

 日頃から業務関連の文書を整理して保管する習慣があるかないで大きな差が出るのが異動の時。口頭での業務引き継ぎでは仕事で培ってきた知識の1割も伝えられないことがほとんどだろう。移動後もしばらくは新しい業務への対応で忙殺されるので、後継の担当者が一番相談したい時期にコミュニケーションがとれないことがしばしば。伝えられなかった知識は残していく文書から汲み取ってもらうしかない。
 そんな時に便利なのが「文書管理ツール」。作成した文書を日頃から整理して文書管理システムに保管しておくと、紙の文書とは比較にならない速さで検索、閲覧できるようになる。作成日付や内容のジャンル分け、機密区分、内容に沿ったタグ付け、キーワードなど、文書検索に必要な属性をファイル個々に設定し、高速検索できるインデックスを作成できるからだ。文書の登録の際には属性入力の手間が必要にはなるが、例えばファイルサーバでフォルダとファイル名をたよりに探すよりも、はるかに再利用しやすい仕組みができあがる。
 また複合機やスキャナを利用して紙の文書を電子化し、OCR機能をつかって全文検索可能にしたうえで、属性を付加して保管する機能も利用できる。紙にしかない情報もこうして同じシステムで管理できるようにしておくとよい。
 同じような機能はグループウェアの情報共有機能にもある。専用ツールほどきめ細かくはないにしろ、関連文書をポータル画面から簡単に検索、閲覧できるので、誰にでも使いやすい。

文書管理ツールの画面例 その1
文書管理ツールの画面例 その1
提供:株式会社OSK

+拡大

文書管理ツールの画面例 その2
文書管理ツールの画面例 その2
提供:株式会社OSK

+拡大


このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

引き継ぎ/異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「引き継ぎ」関連情報をランダムに表示しています。

引き継ぎ」関連の製品

BIに完成形はない 全員で使いながら成長させていくことが成功への道となる「Actionista!」 【ジャストシステム】 脱メインフレームでコスト削減、JR貨物が大規模コンバージョンに成功した理由 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドコンテンツ管理 「ShareBase」 【Hyland Software】
BI メインフレーム ファイル共有
Microsoft Excelを使ってデータ集計・分析をしている日本企業は非常に多いが、現場の担当者はそこに多くの不便を感じている。なのに、なぜBI活用に踏み出せないのだろうか 脱メインフレームでコスト削減、JR貨物が大規模コンバージョンに成功した理由 監視、管理を徹底し、セキュアな情報共有、コラボレーション促進を実現するクラウドコンテンツ管理。セキュリティを確保しつつ、ストレスなく手軽にファイルを共有できる。

引き継ぎ」関連の特集


在庫状況をリアルタイムに把握したい、ネットショップでの「売り越し」を防止したい…など、企業が抱える課…



 皆さま初めまして。太陽グラントソントン株式会社の三輪と申します。 弊社松山のコラム「業務改革:コン…



以前にも増して真剣に考えなければならない災害対策。データ転送高速化の秘策も含めた災害対策“3つの処方…


このページの先頭へ

引き継ぎ/ 異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「引き継ぎ/ 異動者がすぐに理解できる引き継ぎを行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006929


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ