サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバ買い替え時に、より効率的な環境を整備したい

2014/04/03


 2015年7月にサポート切れを迎えるWindows Server 2003。そのプレインストールマシンは少なくとも6〜7年の利用を経て老朽化が限界に来ているはず。またWindows Server 2008や後継OSマシンであっても、最新OSと最新ハードに比較すると機能面でも性能面でも見劣りしてしまう。しかしこの次の買い替えは今までとは話が違うはず。仮想化技術の普及とクラウドの隆盛、そしてクライアント端末としてスマートフォンやタブレットを加えたモバイルコンピューティングも視野に入れなくてはならない。中堅中小企業にとってのサーバ買い替えの最適解は何だろうか?

※「サーバ/サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

最新サーバ機で複数サーバを稼働させてコスト最適化を図る

 最新サーバマシンは同じ価格なら数年前より数倍の性能とストレージ容量の機種が選べるようになった。仮想化技術が普及する以前には、物理サーバ1台で1システムを稼働させてきたが、物理サーバの能力の20%程度しか実際には使われていなかったが、今では1台の物理サーバで仮想サーバを複数同時に稼働させることにより、ハードウェアの利用効率を上げることが可能になった。そこで、まずは複数の仮想サーバを1台の最新物理サーバで運用することを考えたい。
 既存の比較的新しい物理サーバへの仮想サーバ移行も考えられるが、平常時の処理なら十分なリソースがあっても月次処理などのように一時的に高負荷になった場合のパフォーマンス低下が懸念される。しかし最新サーバへの買い替えのタイミングなら、逆に複数台分のピーク時の処理能力を目安に物理サーバを選ぶことが可能になる。
 最新サーバマシンなら、数台のサーバを同時稼働させてもかなりの余裕がある処理性能を備えているものが多く、既存サーバマシンより1台あたりは高価格であっても、その1台で複数システムが稼働できるなら導入コスト面でトクすることになる。また物理サーバ台数が減る分、運用管理の手間や電気料金も減らすことができるはずだ。
 ただし、そうは言っても「ひとり情シス」体制の企業では、適切なサーバマシンを選定することがまず難しい。しかも物理サーバと仮想サーバの両方の運用管理を行うことにも不安を感じるはずだ。そんな場合には、最近になって相次いで登場している「垂直統合型の仮想化オールインワンモデル」を検討候補にしたい。
 これは物理サーバに仮想化環境をあらかじめ用意し、ネットワーク機器やストレージも組み込んだモデルだ。例えばサーバのクラスタリングによる耐障害性の確保や、バックアップシステムの設計などのようにサーバ仮想化で最も難しい部分が最適に設計済みで、利用機器もすべてベンダが検証を済ませている。短期移行が可能なうえ、安定稼働が期待でき、しかも専用の運用管理ツールにより、特別なトレーニングの必要なく物理環境と仮想サーバの統合管理が可能になる。しかもトラブル発生時にはアプリケーションの問題以外はすべてベンダのサポートを頼ることができるので、障害対応がワンストップ化することも大事なポイントだ。

垂直統合型仮想化オールインワンモデルのイメージ
垂直統合型仮想化オールインワンモデルのイメージ
資料提供:株式会社富士通マーケティング

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバ/サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

クラウドバックアップサービス 【NEC】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
バックアップサービス ADC/ロードバランサ ERP
パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】

サーバ」関連の特集


「UTM」とは「統合脅威管理」の意。単にUTMアプライアンスを設置しただけでは、統合的に脅威への対策…



 最終回である今回は、URLフィルタリングに求められている新しい利用体系を紹介したい。



バクテリアのゲノムをデータ保存に使うといユニークな技術が開発されました。耐久年数は数千年?!その仕組…


サーバ」関連のセミナー

ユーザー事例、AWS最新情報!クラウド活用のポイント 【主催:NTTデータイントラマートCSI/共催:アマゾンウェブサービスジャパン/エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

■概要日時:2017年1月26日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)会場:名古屋 ミッドランドホール 会議室A定員:60名参加費:無料ユー…

2017 新春 サイバーセキュリティ対策フォーラム 【主催:大興電子通信】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃、ランサムウェア、内部不正やDDos攻撃などサイバーセキュリティに関する対応は、企業・団体の規模を問わず、事業継続を考えるうえで共通する重要テーマとな…

Dropbox Business(企業向けDropbox)活用セミナー 【サテライトオフィス/Dropbox Japan】 締切間近 

開催日 1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

■Dropbox Businessの概要 - Business版のDropboxは、個人版と何が違うのか?他サービスとの違い■Dropbox Businessで…

このページの先頭へ

サーバ/ サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ サーバ買い替え時に効率的な環境を整備したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006927


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ