【第15回】ビッグデータとスマートフォンの関係

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/01/31

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第15回】ビッグデータとスマートフォンの関係

 前回は「ビッグデータ」の量的増加について解説をさせていただきましたが、今回はその量的データ増加に関係しているであろう「スマートフォン」の普及状況と、実際にどういったデータが「スマートフォン」から発生しているのかについて見てみたいと思います。

1

スマートフォンの普及状況

 まずスマートフォンがどれくらい普及しているのか?について総務省の「平成25年版 情報通信白書」「平成24年 通信利用動向調査」の中から図表4-3-1-1「情報通信端末の世帯保有率の推移」のグラフを見てみたいと思いますが、ご覧いただいた通り、あまりの情報量で解説がしづらいので、同じサイトから提供されていたEXCELデータをダウンロードして、解説に必要なデータのみを抽出して、改めてグラフ化しましたので、次のグラフをご覧下さい。

情報通信端末の世帯保有率の推移
情報通信端末の世帯保有率の推移
(出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 図表4-3-1-1

 こちらが「スマートフォン」普及を示すグラフですが、平成22年から始まるデータ(9.7%)は実に2年間で5倍の49.5%という保有率に推移しています。これは同じくグラフに残した「タブレット型端末」よりも大きな伸びで、「携帯電話またはPHS」の飽和状態と比べても急速に普及が進んでいることがご理解いただけると思います。
 ただし、ここで注目すべきは「スマートフォン」に付いている「再掲」の2文字ですが、これには

「携帯電話・PHS」には、平成21年末以降は携帯情報端末(PDA)も含み、平成22年末以降はスマートフォンを内数として含む。なお、スマートフォンを除いた場合の保有率は89.4%である。

という注意書きがされていますので、「携帯電話・PHS」の推移は横ばいではなく、むしろ減少していて9割を切っているということになります。

「スマートフォン」に「携帯電話またはPHS」と「タブレット型端末」をグラフ化
「スマートフォン」に「携帯電話またはPHS」と「タブレット型端末」をグラフ化

 さらに今回何気なく「EXCELデータをダウンロードして」「データを加工して」と解説を進めてきましたが、こういったデータも以前であればコンピュータにデータを再入力をする作業が必要だったわけです。
 このようなデータは、こちらのコラムでも以前紹介させていただいた「オープンデータ」の一例になりますが、データ利活用の面からも、今後ますます情報公開が活発になっていって欲しいものです。

[情報通信端末の世帯保有率の推移] EXCELデータ
[情報通信端末の世帯保有率の推移] EXCELデータ
(出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 図表4-3-1-1
2

ビッグデータの分類から見た、スマートフォンから発生しているデータについて

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビッグデータ/【第15回】ビッグデータとスマートフォンの関係」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは 【日本アイ・ビー・エム】 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこか 【クリックテック・ジャパン】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】
ビッグデータ ビッグデータ 文書管理
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか? 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤

ビッグデータ」関連の特集


 『“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性』というタイトルで今回で6回目を迎えました。前回までに…



これまで、潤沢な予算を持つ一部の大企業のものというイメージがあったクラウド型DWH。最近では、簡単・…



既にクラウド上で大規模データ高速分析基盤を提供済みのIIJが、スタートアップの支援を目的とした「II…


ビッグデータ」関連のセミナー

Japan Storage Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

ストレージ市場ではクラウド、コンバージェンス(統合)、フラッシュ、Software-Definedへのシフトが大きな潮流となっています。この潮流の変化の中で、オ…

IoT活用事例セミナー in 名古屋 【日立システムズ/日立ソリューションズ/日立製作所】  

開催日 3月3日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

「IoT」「ビッグデータ」「AI」などのITキーワードが注目されはじめてから久しくなり、多くの企業さまでの重要な検討課題となっていたり、すでに取組み始めておられ…

高速データベース基盤セミナー 【富士通】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

あらゆるものがつながり、IoTとビッグデータを組み合わせることによって、新たな価値を創造する。リアルタイム処理による業務効率化はもちろん、データ利活用という点で…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第15回】ビッグデータとスマートフォンの関係」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第15回】ビッグデータとスマートフォンの関係」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006912


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ