【第2回】1.事業立志編〜起業を決意したら…

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/01/21

ソーシャル時代の“小さな会社”起業術!

自己紹介
ビリーブロード株式会社 代表取締役社長 草苅 徹
主な経歴
システムアナリスト/プロジェクトマネージャー/ITサービスマネジメント評論家、作家。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてシステム設計・開発、システム統合、システム運用設計などを経験。IT…

【第2回】1.事業立志編〜起業を決意したら…

 前回は、こんな時代だからこそ起業をしてみよう、小さな会社を立ち上げてみよう!という宣言めいた記事を書きました。
これから数回は、まずは起業前の心構え的なことや、下準備の部分を中心に記していきます。

 この起業の意志は本物かどうか。まずはそれを確かめることです。本物かどうか、とは、どういうことでしょう。
それは前向きか、後ろ向きか、起業の理由がどこにあるかを自分に問いかけてみて、自分が”こうなりたい”と思うイメージが浮かぶかどうかでわかります。


1

“なりたい自分”をイメージする

 もし、社長が気に入らないとか、上司や先輩、後輩に恵まれていないとか、仕事がきついとか、顧客が理不尽だとか・・・いわゆる“ネガティブ”な理由ばかりが自分の周りにあって、それで起業という道に進むのだとしたら、当たり前ではありますがそれはお奨めしません。

 それと心底やりたいことがあって、それをコアビジネスにするんだ、という”ポジティブ”シンキングの結果の起業は、これは否定はしませんが、ちょっとだけ注意が必要です。

 起業を決意して一番最初に自分に問いかける時に、こんな感じなら挫折しないと思います。この事業の未来が見えている。10年後に自分はこんな会社にしていて、こんな収入があって、こんな仲間が周りにいて、こんなふうに毎日を過ごしている。このイメージがはっきりと目に浮かぶようであれば、起業の理由がネガティブであれポジティブであれ、恐らく挫折せず、曲がりもせずに、まっすぐに進めると思います。なりたい自分がはっきりしているほうが強いのです。


2

1人で起つか、仲間と起つか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

起業/【第2回】1.事業立志編〜起業を決意したら…」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「起業」関連情報をランダムに表示しています。

起業」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】
CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。

起業」関連の特集


 前回は、クラウドソーシングサービスで、ロゴを作ろうというお話をしました。 クラウドソーシングは、今…



 前回は、日本の情報セキュリティ産業の規模が約7000億円であること、その流通構造が複雑であり、そし…



恐竜、ボルダリング、シャワー室…不思議な設備がいっぱい!天井一面に吊り下げられた複数の“ドアの謎”に…


このページの先頭へ

起業/ 【第2回】1.事業立志編〜起業を決意したら…」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「起業/ 【第2回】1.事業立志編〜起業を決意したら…」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006909


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ