【第1回】マニュアルが存在する“たった1つ”の目的

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/01/06

使える!現場目線のマニュアル活用術!

自己紹介
株式会社スタディスト 庄司 啓太郎
主な経歴
1977年神戸市出身。東京工業大学工学部卒業。シンクタンク、業務コンサルティング会社を経て、株式会社スタディストを設立。現在、同社取締役。業務マニュアルを多数作成・管理する中で感じた「大変さ」を解決す…

【第1回】マニュアルが存在する“たった1つ”の目的


1

会社もいろいろ、マニュアルもいろいろ

 いきなりですが、会社の中にある「マニュアル」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?

・仕事や作業の流れをまとめた 「作業手順書」
・社内のノウハウをまとめた 「ノウハウ集」
・社内システムの操作方法をまとめた 「操作マニュアル」
・市販のソフトウェアや、コピー機、設備などの 「取扱説明書」
・オフィス家具の 「組立マニュアル」

・・・いろいろ、ありますよね。

 たくさんありすぎて、どこに何があるのか探せなくなって、「マニュアル管理マニュアル」を作ろうとした…という冗談のようなホントの話を聞いたこともあります。

■あった方がいい!でも、大変すぎる…

 会社をきちんと組織的に運営していくためには、最低限のルールや約束事は必要です。そして、組織に属する人たちが、そのルールを正しく共有するために「作った方がいい」「あったほうがいい」とされるのが、マニュアルです。

 ところが、実情はどうでしょう。「マニュアルを完璧に使いこなしています!」と言えるのは、ごくごく限られた一部の(しかも大手の)企業だけではないでしょうか?マニュアルを作り、使っていくのは「とても大変」「続けられない」というのがホンネだと思います。
特に、人員にも予算にも時間にも限りのある中小企業では、なおのこと。

「マニュアル?そりゃ、あったほうがいいし、必要だと思う。けど、ウチではやってない。直接教えたほうが早いから!」

 私は、業務改善のコンサルティングを行う中、業種・業界・規模も様々な会社でお話を伺ってきましたが、この言葉を数えきれないくらい聞いてきました。本当にそのとおりだと思います。

では「必要だけど、大変すぎる」のは、なぜなのか?どうすればその問題は解決できるのか?

 この連載コラムでは、私が多くの現場を見てきた中で気づいたり考えたりした“マニュアルに起こりがちな問題”やその“解決策”などを、お伝えしていきます。マニュアルという言葉が持つ「カタイ」「大変」というネガティブイメージを払拭し、本来の「使える」「役に立つ」「あってよかった」というポジティブなものにしていく一助となればと思います。


2

マニュアルは「◯◯◯」が命!

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マニュアル/【第1回】マニュアルが存在する“たった1つ”の目的」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マニュアル」関連情報をランダムに表示しています。

マニュアル」関連の製品

Neuron 【ブレインズテクノロジー】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
データ検索ソフト セキュリティ診断 BI
先端OSS技術(Apache Solr)を活用することで、コストメリットを高めつつ、セキュリティ/管理機能を補完することで、“企業向けに特化”した検索エンジン。 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

マニュアル」関連の特集


多くのメーカーが海外に生産拠点を移す中、国内生産にこだわるマウスコンピューター。同社飯山工場の生産現…



ユーザ企業のIT担当者439人を対象に「ITによる社内コミュニケーション・情報共有」の調査を実施。社…



2010年3月期の決算から任意適用が始まるIFRS。情報システムに与える影響は?何をどこまでやるべき…


マニュアル」関連のセミナー

ワンソース・マルチユース入門 【PFUテクニカルコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

かつては冊子で配布されるのが一般的だった製品マニュアルも、近年ではPC、タブレット、スマホなどの多様なデバイスで閲覧される機会が増え、Web形式や電子書籍形式な…

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング 【サードウェア】  

開催日 5月11日(木)〜5月12日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

Linux-HAによるクラスタ運用およびトラブルシューティング(有償、2日間コース)既存で構築されたLinux-HAシステムを運用するために必要な概念、様々な運…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マニュアル/ 【第1回】マニュアルが存在する“たった1つ”の目的」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マニュアル/ 【第1回】マニュアルが存在する“たった1つ”の目的」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006893


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ