【第13回】あの“流行語大賞”にもノミネート!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/06

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第13回】あの“流行語大賞”にもノミネート!

 「ビッグデータ」という言葉が今年2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補50語にノミネートされました。ただ言葉自体は既に数年前から使われていた言葉ですので、今年になって如何に新聞やテレビなどのメディアで取り上げられたかということだと思いますが、単にデータが増え続けているという客観的な状況だけではなく、「ビッグデータ」の利活用がより身近に感じられるようになった、即ち分析に必要な技術の進歩や人材の育成が進んだということの証なんだと思います。
 そんな中、こちらのコラムを書かせていただく機会を頂戴して今回の「ビッグデータ」を取り上げさせていただき、前回までに12回にわたり”起承転結”の4部構成のうち【転】までの3部構成を次のタイトルで解説をさせていただいてきましたが、少し振り返ってみますと

【起】 そもそも“ビッグデータ”って何なの?  【第1回】

・ビッグデータとはどういったものなのか?
・どういった種類のデータを指すのか?を8つに分類

【承】 実は身近に?ビッグデータとその価値  【第2回】、【第3回】

・8つに分類したデータのうち、既に保有しいるであろう「リトルデータ」や「スモールデータ」と呼ばれる4つのデータと、残る4つのデータを2回に分けて解説
・さらにそれらのデータが実は自分たちがデータ発信者として、身近に存在しているということについて解説

【転】 ビッグデータ活用上の課題        【第4回】〜【第12回】

データを活用する上での課題を「収集」「分析」「法の解釈」の3つの構成で解説
・「収集編」では、どこからデータを収集したらいいのか?さらに8つに分類したビッグデータに加え、9種類目の「オープンデータ」の内容と入手方法について解説
・「分析編」では、データ分析に利用するツールや対象データ、さらに「データサイエンティスト」という職種について解説
・「法解釈」では、サービスの提供と利用、データの提供と利用の関係における課題について解説

 今回のコラムでは、結果的に【転】の部分だけで9回のボリュームになってしまい、読者の皆さんには「ビッグデータ」に取り組むのは難しいことだという印象を与えてしまったかも知れません。ただ課題の中にも利活用のヒントも盛り込まさせていただいたつもりですので、もし途中からこちらのコラムをご覧いただいている読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご興味がある部分などを遡ってご覧いただければと思います。

 (コラムの一覧は こちら からご覧いただけます。)

1

【結】にむけて・・・

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビッグデータ/【第13回】あの“流行語大賞”にもノミネート!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】
ビッグデータ NAS データ分析ソリューション
Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。

ビッグデータ」関連の特集


何かのきっかけがあれば、更に利用する価値が見出せれば、ビッグデータ活用を積極的に推進したいという考え…



Webマーケティング施策を行っても、何が本当に売上向上などの効果につながっているのかわからなければ「…



 前回は「ビッグデータ」の量的増加について解説をさせていただきましたが、今回はその量的データ増加に関…


ビッグデータ」関連のセミナー

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

【追加開催】 IoT活用事例セミナー in 名古屋 【日立システムズ/日立ソリューションズ/日立製作所】  

開催日 4月20日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

2017年3月3日開催の本セミナーには、大変多くのお申込みをいただき誠にありがとうございました。多くのご要望をいただき、このたび追加開催をさせていただく運びとな…

データドリブンな経営を実現する機械学習の実例紹介 【伊藤忠テクノソリューションズ/ブレインパッド/SAPジャパン】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

●このような方におすすめいたします●・機械学習の活用イメージが知りたい方・手作業のデータ分析が限界のため、効率化していきたい方・すでに機械学習を活用しているがビ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第13回】あの“流行語大賞”にもノミネート!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第13回】あの“流行語大賞”にもノミネート!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006880


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ