【第8回】必ずお世話になる!?“棺”を考える

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/09

目からウロコ!今話題の“終活”とは?

自己紹介
Procyon  坂部 篤志
主な経歴
2009年まで日本ヒューレット・パッカードにて、エンジニア、営業として業務に従事。現在は独立し、生命保険、損害保険のコンサルタント、代理店業務を行いながら、上級終活カウンセラー、スマートパッドマスター…

【第8回】必ずお世話になる!?“棺”を考える

  前回は手元供養品について考察しました。日本での供養もかなり多様化してきた事がご理解いただけたと思います。

今回は、日本ではほぼ火葬されるため必要になる「棺」を考察します。棺桶(かんおけ)とも言う「棺」。
普通の生活では分からないことがたくさんあると思いますので、いろいろ考察したいと思います。


1

“棺”が必要な背景とは?

  “棺”は火葬する際に火葬場まで遺体を運び、火葬炉に入れるために必要なものです。ではなぜ日本はほとんど火葬なのでしょうか?

火葬される背景としては、
・法律上は土葬など火葬以外の方法は禁じられていないが、土葬などでは腐敗菌が拡散する事など環境衛生面から火葬を奨励
・特に都市部では土葬するための土地が確保できない
・現代人は埋葬形式に対するこだわりがない
・仏教では火葬が尊ばれている
といったことが考えられ、亡くなってから火葬されるまで“棺”が必須となっています。

なお、一部の都市(東京都の一部や大阪府など)では土葬を条例で禁止しています。


2

葬儀って環境に負荷をかけてる!?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

終活/【第8回】必ずお世話になる!?“棺”を考える」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「終活」関連情報をランダムに表示しています。

終活」関連の特集


 初めまして。坂部 篤志(さかべあつし)と申します。現在は、生命保険、損害保険のコンサルタント、代理…



 前回は「終焉」について考察しました。今回はその次に必要となる「お墓」について、考察していきたいと思…



前回は棺について考察しました。今まで棺については、残された方々があまりにも時間が無い中で、決めざ…


このページの先頭へ

終活/ 【第8回】必ずお世話になる!?“棺”を考える」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「終活/ 【第8回】必ずお世話になる!?“棺”を考える」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006879


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ