【第14回】増え続ける「非構造化データ」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/18

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第14回】増え続ける「非構造化データ」

 今回は「ビッグデータ」が量的にどれくらい伸びているのか?また、その中でも急激な伸びを示しているデータにはどういったものがあるのか?について見てみたいと思います。

1

増え続けるデータ

 本コラムで「ビッグデータ」を取り上げるにあたり、本コラムにおける「ビッグデータ」の定義を第1回目でさせていただきましたが、その中で「量」「多様性」「発生頻度」の3つのキーワードのうち、「多様性」において「構造化データ」「非構造化データ」について説明させていただいており、それらのデータを今一度確認すると共に、総務省が「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」(平成25年)版で「構造化データ」と「非構造化データ」のデータ量の伸びについて情報を公開していたので、紹介させていただきます。

構造化データ

通常コンピュータシステム等で利用するコード、名称、数量と言った構造化されたデータ(RDB:リレーショナルデータベース等)を指します。

非構造化データ

スマートフォンの普及などで飛躍的にデータ発生量が増えたソーシャルメディア(facebookやtwitter等)から発せられるテキストや位置情報などのデータを指します。

構造化データと非構造化データの伸び(イメージ)
構造化データと非構造化データの伸び(イメージ)
(出典)総務省「情報流通・蓄積量の計測手法の検討に係る調査研究」(平成25年)

 こちらのグラフでご覧いただいたとおり、データは1990年代以降のネットワーク環境の高速化を契機に、「非構造化データ」が飛躍的に増加し、まさしく量的拡大としての「ビッグデータ」の時代に遷移していることがお分かりいただけると思います。
 ただなぜ「構造化データ」の伸びに対して、「非構造化データ」が飛躍的に伸びているのか?それは「構造化データ」と「非構造化データ」をさらに理解する必要がありますので、次にそのデータについて細かく見てみたいと思います。

2

「構造化データ」と「非構造化データ」の違い

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビッグデータ/【第14回】増え続ける「非構造化データ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは? 【Cloudera】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか 【富士通株式会社】
ビッグデータ BI ビッグデータ
Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは? 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか

ビッグデータ」関連の特集


ペタバイト級のデータ量でも性能を劣化させないデータベース「NewSQL」について解説!NoSQLやR…



なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか…。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が…



幅広いビジネス情報コンテンツ/データベースを提供しているジー・サーチでは、データ分析サービスにも注力…


ビッグデータ」関連のセミナー

デジタル・プロセス・イノベーションセミナー 【キヤノンITソリューションズ】 注目 

開催日 9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業を取り巻く経営課題(超高齢化にともなう少子化や労働力減少・・・等々)は今もなお深刻な問題で、人材の多様化はもちろん、ICTの有効活用による生産性向上が大…

神奈川県ICT講座 【主催:神奈川県】  

開催日 10月28日(土),11月4日(土),11月18日(土),12月2日(土),12月16日(土)   開催地 神奈川県   参加費 無料

 神奈川県内におけるIoT導入を計画・立案できる人材の育成を目的として、神奈川県内に勤務する方を対象としたICT(情報通信技術)に関する無料講座として、 「神奈…

【G-Tech 2017】はじめてのR言語による統計分析(仮) 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 10月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

概要IoT、ビッグデータの普及に伴い、データ分析の必要性が高まっています。「これからデータ分析の学習を始めたいけれど、何から手を付けたらよいかわからない」という…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第14回】増え続ける「非構造化データ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第14回】増え続ける「非構造化データ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006875


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ