手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

データ分析を簡単に!クラウド型DWH

2014/03/17

 これまでデータウェアハウスは潤沢な予算を持つ、一部の大企業だけのものだった。そこに登場したのが、クラウド型データウェアハウスである。構築作業を自社で行うのであれば初期コストは不要、データ量と時間あたりの従量料金で利用できるのがメリットだ。成果に確信が持てない段階からスモールスタートでチャレンジできる、データ分析・活用の民主化時代が到来した。

DWH

※「DWH/手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DWH/手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1気軽なデータ分析を実現するクラウド型データウェアハウス

1-1データウェアハウスの基礎解説

  データウェアハウスとは何か?といったデータウェアハウスの基礎知識については、こちらの記事をご覧ください。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DWH/手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DWH」関連情報をランダムに表示しています。

DWH」関連の製品

ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI IaaS/PaaS BI
簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

DWH」関連の特集


拠点に乱立するサーバ。もはや手に追えなくなっていませんか?今回はインフラを最適化しコスト削減に有効な…



IT担当者564人を対象に「BIツールの導入状況」を調査。満足度や重視ポイント、導入時の課題などから…



2009年度の市場規模が200億円の「BIツール」。今後、好調な推移が見込まれている同製品の市場占有…


DWH」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月10日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 1月16日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

AI・機械学習の前に!データ統合・ETLツール「Pentaho」セミナー 【KSKアナリティクス】 締切間近 

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

「ETL」はデータウェアハウス構築に必要となる、既存データソースからのデータ抽出(Extract)、データの変換(Transform)、データベースへのロード(…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DWH/ 手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DWH/ 手軽に実現!初めての「クラウド型DWH」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006869


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ