中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化

2014/02/24

 今ではすっかり一般的な技術として受け入れられているように見える「サーバ仮想化」だが、そもそもサーバの数が限られる中堅・中小企業ではサーバ集約効果が必ずしも大きくなく、また従来とは異なる管理手法への対応に不安を感じて導入をためらうケースも多い。しかし今ではスモールビジネスでもサーバ仮想化によりコスト削減や可用性向上にめざましい効果を上げる事例が増加中だ。今回は、中堅・中小規模のシステムでメリットを感じられるサーバ仮想化の導入法を考えてみよう。

サーバ

※「サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1中堅・中小企業のサーバ仮想化、その運用課題と解決法

 サーバ仮想化ツールはvSphere(ヴイエムウェア)とHyper-V(マイクロソフト)が双璧をなし、Xen Server(シトリックス)、KVM(Red Hatなど)、Oracle VMなどが比較的ニッチな領域で利用されている。その方式やメリットについては前回特集「真の企業メリットを見出そう!サーバ仮想化」をご参照いただくとして、ここでは中堅・中小企業がこうしたツールを導入するにあたっての不安や悩みについて考えてみよう。

1-1「サーバ数が少ないので仮想化による集約効果が出ない」…本当に?

 IDC Japan株式会社の調査によるとすでに国内大手企業での仮想サーバ導入率は84.1%にのぼり、2011年以降は中堅・中小企業にも普及が始まった。従業員100〜499人の企業では2010年までに36.9%、2011年〜2013年には46.2%がサーバ仮想化を実施している。ただし、仮想化の対象となっているのは基幹系以外のシステムが大部分で、システム台数は「1台から10台程度」が57.7%(※1)で、中堅・中小企業での導入はまだ一部にとどまると見てよさそうだ。
 普及がまだ進んでいないのは、そもそもサーバ数が少なく集約しても投資効果が不明確に思われるところに原因の1つがある。しかし本当にそうだろうか。実際には次のように大きな効果を挙げているケースが増えている。

【事例1】
 ある英会話スクールでは事業の成長にともない増え続けるサーバ台数がコストを圧迫していた。そこでサーバ仮想化を導入したところ、物理サーバを80台から5台にまで削減できた。データセンタの契約ラック数も8本から3本に減らすことができ、物理サーバの運用管理コストは1/2になった。また老朽化サーバのリプレースで保守作業負荷が軽減し、さらにシステム構築が簡単なので新サービスの投入が迅速化した。

【事例2】
 あるカレー専門店チェーンではデータウェアハウス、EDI、ドメインコントローラなどが稼働している14台のサーバを仮想化して物理サーバ3台への統合を実現した。その結果、TCOは50%以上削減、冗長化による高可用性の確保、コストを抑えたバックアップ環境やテスト環境の構築、ダウンタイムを最小限に抑えた安定運用が実現できた。

 成功ケースを見れば、必ずしもサーバ集約による直接的な効果ばかりがメリットではないことがわかる。仮想化は、より短期間のシステム構築、バックアップや保守の合理化、運用管理工数削減、可用性の向上といったさまざまなメリットのトータルで価値判断すべき技術なのだ。

※1「仮想化技術導入の満足度、運用の課題と展望」ヴイエムウェア/ZDnet、2013年より。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

シマンテック クラウド型WAF 【ソフトバンク コマース&サービス】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
WAF MDM その他PC関連
WebサイトやWebアプリケーションを改修することなく脆弱性の対策を実施可能なSaaS/ASP型WAF(Web Application Firewall)。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

サーバ」関連の特集


企業内に乱立するストレージを個々に管理するのは疲れますよね…。ストレージ仮想化を使って効率のいい運用…



 最終回の今回は、前回までで説明した、情報資産、電子ファイルに対する「重要度の識別」を習慣化させるこ…



CRMは、初期費用は比較的簡単に計算できますが費用対効果が見えにくいシステムです。今回はCRMを導入…


サーバ」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 4月26日(水),6月20日(火),7月19日(水),8月22日(火),9月20日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 4月21日(金),8月9日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 4月27日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ/ 中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ 中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006866


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ