中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化

2014/02/24

 今ではすっかり一般的な技術として受け入れられているように見える「サーバ仮想化」だが、そもそもサーバの数が限られる中堅・中小企業ではサーバ集約効果が必ずしも大きくなく、また従来とは異なる管理手法への対応に不安を感じて導入をためらうケースも多い。しかし今ではスモールビジネスでもサーバ仮想化によりコスト削減や可用性向上にめざましい効果を上げる事例が増加中だ。今回は、中堅・中小規模のシステムでメリットを感じられるサーバ仮想化の導入法を考えてみよう。

サーバ

※「サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1中堅・中小企業のサーバ仮想化、その運用課題と解決法

 サーバ仮想化ツールはvSphere(ヴイエムウェア)とHyper-V(マイクロソフト)が双璧をなし、Xen Server(シトリックス)、KVM(Red Hatなど)、Oracle VMなどが比較的ニッチな領域で利用されている。その方式やメリットについては前回特集「真の企業メリットを見出そう!サーバ仮想化」をご参照いただくとして、ここでは中堅・中小企業がこうしたツールを導入するにあたっての不安や悩みについて考えてみよう。

1-1「サーバ数が少ないので仮想化による集約効果が出ない」…本当に?

 IDC Japan株式会社の調査によるとすでに国内大手企業での仮想サーバ導入率は84.1%にのぼり、2011年以降は中堅・中小企業にも普及が始まった。従業員100〜499人の企業では2010年までに36.9%、2011年〜2013年には46.2%がサーバ仮想化を実施している。ただし、仮想化の対象となっているのは基幹系以外のシステムが大部分で、システム台数は「1台から10台程度」が57.7%(※1)で、中堅・中小企業での導入はまだ一部にとどまると見てよさそうだ。
 普及がまだ進んでいないのは、そもそもサーバ数が少なく集約しても投資効果が不明確に思われるところに原因の1つがある。しかし本当にそうだろうか。実際には次のように大きな効果を挙げているケースが増えている。

【事例1】
 ある英会話スクールでは事業の成長にともない増え続けるサーバ台数がコストを圧迫していた。そこでサーバ仮想化を導入したところ、物理サーバを80台から5台にまで削減できた。データセンタの契約ラック数も8本から3本に減らすことができ、物理サーバの運用管理コストは1/2になった。また老朽化サーバのリプレースで保守作業負荷が軽減し、さらにシステム構築が簡単なので新サービスの投入が迅速化した。

【事例2】
 あるカレー専門店チェーンではデータウェアハウス、EDI、ドメインコントローラなどが稼働している14台のサーバを仮想化して物理サーバ3台への統合を実現した。その結果、TCOは50%以上削減、冗長化による高可用性の確保、コストを抑えたバックアップ環境やテスト環境の構築、ダウンタイムを最小限に抑えた安定運用が実現できた。

 成功ケースを見れば、必ずしもサーバ集約による直接的な効果ばかりがメリットではないことがわかる。仮想化は、より短期間のシステム構築、バックアップや保守の合理化、運用管理工数削減、可用性の向上といったさまざまなメリットのトータルで価値判断すべき技術なのだ。

※1「仮想化技術導入の満足度、運用の課題と展望」ヴイエムウェア/ZDnet、2013年より。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバ/中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager 【SCSK】 運用管理性・冗長性・構築期間に優れた「Lenovo Converged HX」 【レノボ・ジャパン株式会社】
BI ADC/ロードバランサ 垂直統合型システム
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。 古川製作所がクラウドではなくハイパーコンバージドを選んだ理由

サーバ」関連の特集


2007年度は前年比57.0%増の出荷金額71.9億円、2008年度は43.7%増の103.8億円と…



サーバの負荷分散やオフロード処理など様々な機能によってアプリケーションを最適な形で送り届けることが可…



内部統制に対応すべく、ワークフローには様々な新機能が追加されています。ワークフローの基礎と最新事情を…


サーバ」関連のセミナー

お客様のニーズに応えるftServer提案の勘所とメリット 【日本ストラタステクノロジー】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

24時間365日止まらない高信頼性とシンプルな運用が定評の「ftServer」。でも… 「ftServerは高い!?」 「他の可用性システムと何が違うの?」 「…

医療ICT カンファレンス 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

より高品質な医療サービス実現のためのシステムとは?クラウド、セキュリティ、AI活用、ID管理などの課題解決方法を最新事例で解説!■キーノート■      ※敬称…

【福岡開催】Windows 10利活用と移行ノウハウセミナー 【富士通】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       Windows 10の新機能の使いこなしと移行のノウハウをご紹介!   ━━…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ/ 中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ 中堅・中小企業も楽々導入!サーバ仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006866


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ