都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド

2014/01/27

 モバイルファーストの考え方が広まりつつある現在、社外からネットワークを介して業務を遂行することも日常的になりつつある。そうしたなか、各通信キャリアが提供しているモバイルブロードバンドサービスも進化を続けている。今回は、現在提供されているモバイルブロードバンドサービスの基本的な違いを紹介しつつ実際に街中で利用することで、改めてその実測値を示してみたい。

モバイルブロードバンド

※「モバイルブロードバンド/都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイルブロードバンド/都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1測ってみた!モバイルブロードバンドの実力

1-1モバイルブロードバンドとは?

■モバイルブロードバンドの種類と利用方法

 「モバイルブロードバンド」とは、ノートPCやタブレット、スマートフォンといった各種モバイルデバイスを、外出先などでインターネットに接続する無線データ通信サービスの総称だ。
 現在、モバイルブロードバンドのインフラとして用いられている通信方式には、大きく「LTE(Long Term Evolution)」と「WiMAX」の2つがある。LTEを採用している主な通信キャリアがNTTドコモとKDDI、ソフトバンク、イー・アクセス、WiMAXを採用しているのがUQコミュニケーションズだ。ただし、KDDIもMVNO(仮想移動体通信事業者)としてUQコミュニケーションズのWiMAX通信サービスを提供している。今のところどちらも通信速度に大きな違いはない。ただ日本においてはWiMAXの使用周波数帯がすべて2.5GHz付近と比較的高めであることから、周波数の特性上では鉄筋コンクリートの建物などでは屋内まで電波が届きにくいとも言われている。

 ちなみにWi-Fiの公衆無線LANサービスもモバイルブロードバンドに近いサービスと言えるが、屋内に設けられたアクセスポイントの通信カバー範囲は非常に限られ(半径数十メートル程度)ており、基本的に定位置で使うサービスだと言える。

 モバイルブロードバンドを利用するのに必要なデバイスの種類には、モバイルルータ型、USB接続型、PC内蔵型などがある。また、昨今ではスマートフォンでのテザリングでも手軽にモバイルブロードバンドの利用が可能になった。ただ、スマートフォンのテザリングはバッテリーの消費が大きいので、頻繁に利用する場合には不向きかもしれない。
 なお、USB接続型とPC内蔵型は使用できるモバイル端末との関係が1対1となるので、利用する端末を限定せずに、もしくは複数台同時でも利用したいのであれば、モバイルルータ型を選択するのが現状ではベストだと言えるだろう。

図1 様々なモバイルルータ
図1 様々なモバイルルータ
屋内での固定利用タイプ(左端)だけでなく、電源や有線LANと接続できるクレードル(左から2番目)も提供されている。
資料提供:UQコミュニケーションズ

■各キャリアが続々提供開始!“100Mオーバー”モバイルブロードバンド

 今回特に紹介したいのが、ここに来て各キャリアが注力し始めている100Mbps超のモバイルブロードバンドサービスである。理論値だけを見れば光ファイバーをも凌駕するこうした超高速モバイルブロードバンドは、現時点(2014年1月)で以下のサービスが存在している。

表1 100Mbps超の各社モバイルブロードバンド一覧
表1 100Mbps超の各社モバイルブロードバンド一覧
※「WiMAX」の場合は使用年数に関係なく速度制限なし、下り最大40Mbps

 このうち、NTTドコモとソフトバンクモバイルについては、現在のところ最大速度での利用が可能なサービスエリアは限られており、ドコモが首都圏・東海・関西地区の一部、ソフトバンクモバイルは群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川の一部地域のみとなっている。また利用できる端末も、どちらも2013年冬モデルの一部となっている。ただし、NTTドコモの場合、それ以外のLTEカバーエリアでの下りの最速は112.5Mbpsなので、いずれにしても100Mbps超のモバイルブロードバンドということになる。

 ちなみに現状国内最速となる、下り最速150MbpsのXiだが、この速度を可能にしているのが「クアッドバンドLTE」という技術だ。これは、従来同社が使用していた800MHz、1.5GHz、2GHzという周波数帯に、2013年9月より新たに1.7GHzの周波数帯が加わり、この4つの周波数を効率的に利用する技術となっている。150MbpsのXiでは、1.7GHzの周波数帯で20MHz幅の周波数を同時に使用しているため、こうした技術が有効となってくるのである。

図2 クアッドバンドLTE
図2 クアッドバンドLTE
資料提供:NTTドコモ

 もっとも、各キャリアとも現状のサービスエリアを拡大しつつ、更なる高速化を図っていく計画を打ち出している。例えばUQコミュニケーションズの場合、現状の端末側と基地局側でそれぞれ2つずつのアンテナを使用する2x2MIMOを拡大し、4つずつのアンテナ構成となる4x4MIMOを採用することで、下り最大220Mbpsという業界最速のサービスを来年度中にも開始する予定だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイルブロードバンド/都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルブロードバンド」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルブロードバンド」関連の製品

ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
ルーター
LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

モバイルブロードバンド」関連の特集


高速で移動しながらでも、ビデオ会議やハイビジョン映像が!真に「ウルトラ」なモバイルブロードバンドの技…



広域で高速な通信を実現する各社のモバイルデータ通信を総浚い!気になる3.9Gの行方は?次世代通信のロ…



国内でいくつも存在するモバイルブロードバンドの通信サービス。個人で使う感覚で選定すると失敗する!?ビ…


「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルブロードバンド/ 都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルブロードバンド/ 都内7ヵ所で検証!モバイルブロードバンド」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006862


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ