【第15回】電子書籍の“ロイヤリティ”を考える

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/11/25

ド素人でも出版できる!?はじめての電子書籍

自己紹介
ビリーブロード株式会社 代表取締役社長 草苅 徹
主な経歴
システムアナリスト/プロジェクトマネージャー/ITサービスマネジメント評論家、作家。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてシステム設計・開発、システム統合、システム運用設計などを経験。IT…

【第15回】電子書籍の“ロイヤリティ”を考える

 今回は、電子書籍出版でのロイヤリティについて考えてみます。

 ロイヤリティは、著者に入る印税のことですね。通常、紙の書籍の場合は最初の出版時は無名ですので、著者に入る印税は2〜3%程度だと思います。有名になれば、5〜8%程度でしょうか。10%もらうとなると、相当部数を売り上げるまでにならないと難しいですね。
 紙の書籍の場合は、編集、紙代、製版、印刷、製本、在庫保管など、著者以外の人と物が必要になります。それらにすべて費用が発生するので、当然ながら、著者の取り分は少なくなります。

 ですが、電子書籍はそれらの多くを省けるからこそ、今までと違うわけです。さて・・・。

■1.ロイヤリティの種類は?

  Kindle Direct Publishing(KDP)では、著者(私たち、本を書けば著者ですよ。)の印税、つまりロイヤリティに2種類のオプションを用意してくれています。

 1.35%ロイヤリティ
   35%ロイヤリティは、通常のロイヤリティです。
   最低価格の1USドル以上で価格設定した場合、このロイヤリティが適用されます。他に、特に制約事項はありません。

 2.70%ロイヤリティ
   70%ロイヤリティは、ちょっと条件が増えます。最低価格は3USドル以上です。

■2.ロイヤリティ選択時の注意点は?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

電子書籍/【第15回】電子書籍の“ロイヤリティ”を考える」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子書籍」関連情報をランダムに表示しています。

電子書籍」関連の特集


MSやGoogleの自社開発によるハードウェア投入によりますます活気づくメディアタブレット市場。最新…



 写真がこのレベルなら、絵でも十分出版可能な気がします。絵本は、漫画・コミックと同じくらい、まだまだ…



 さて、ここまでKindle Direct Publishing(KDP)について、様々な視点で記事…


「CMS」関連の製品

SDL Tridion 【タクトシステムズ】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】
CMS CMS CMS
グローバル企業700社に導入◆多言語Webサイトの課題に迫る!! コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子書籍/ 【第15回】電子書籍の“ロイヤリティ”を考える」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子書籍/ 【第15回】電子書籍の“ロイヤリティ”を考える」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006834


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ