【第10回】進まないIT経営を“阻むもの”とは何か?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/11/06

売上UP利益改革に!成果を実現するIT活用術

自己紹介
株式会社日本能率協会コンサルテイング 神奴 圭康
主な経歴
(株)日本能率協会コンサルティング(JMAC)顧問・シニアコンサルタント。ITコーディネータ。業務改革や経営改革の経験多数。ITコーディネータの経験を生かして中小企業のIT活用の支援も多い。「BPRに…

【第10回】進まないIT経営を“阻むもの”とは何か?

 今回は最終回となりますので、今までのまとめとしたいと思います。IT経営実現のためにトップの役割発揮、経営とITの橋渡しが必要なことを書きます。


1

経営戦略は社長の頭の中にある

 IT経営とは、簡単に言うと経営とITが融合することです。“経営戦略の実現にITを活用している状態”が目指す姿と言えます。本コラムでは、IT経営を経営改革にITを活用して事業拡大と利益改革を進めるという意味で話をしてきました。経営改革は会社の経営戦略が関連しますので、IT経営は経営戦略を明確にすることが前提となります。
 しかし、中小企業では経営戦略が必ずしも明確にされていません。この点にIT経営がなかなか進まない根本的な原因があると考えられます。経営戦略が明確でない理由は次の点が挙げられます。(経営戦略には、会社全体の方向づけをする企業戦略や事業の競争力を決める事業戦略があります)

 ●経営戦略は社長の頭の中にある(あれば良いと考えている)
 ●一部の人しか経営戦略が共有化されていない
 ●経営戦略を立てることに慣れていない
 ●経営戦略の内容が曖昧である
 ●経営戦略の背景が認識されていない


2

トップの役割発揮

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT経営/【第10回】進まないIT経営を“阻むもの”とは何か?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT経営」関連情報をランダムに表示しています。

IT経営」関連の特集


 中小企業IT経営力大賞の事例は、これまで、700件近い事例が掲載され公開されるようになりましたが、…



「多品種・少量生産」のものづくり現場。従業員の技術や工程ごとの作業量、各製品の納期などで、1日の作業…



 こんにちは。ITコーディネータの森田と申します。普段は、ITを活用した企業の経営改善や、販路拡大の…


「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 建設工事業向けERPソリューション 「ガリバーシリーズ」 【あさかわシステムズ】
ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 全国850社以上の豊富な稼働実績を誇るERPシステム。建設工事業の基幹業務(見積もり、受注、予算、発注、支払、請求、入金、会計、人事、給与、物販)をトータルサポート。

「ERP」関連の特集


絶対に失敗したくないERP導入。他社の失敗事例を見ながら、「そうならないためにはどう選べばよいか」を…



企業の基幹業務を支援するERPですが、クラウド基盤への展開が広がっており、変化の激しい経営環境に対応…



10年以上使い続けることも当たり前のERPなどの基幹業務システム。昔導入したモノは現在もマトモに使え…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT経営/ 【第10回】進まないIT経営を“阻むもの”とは何か?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT経営/ 【第10回】進まないIT経営を“阻むもの”とは何か?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006828


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ