【第6回】プロジェクト体制“整備”と導入ポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/10/18

中小企業でも共通!?中小病院の“IT化”成功術

自己紹介
ビーアイ・ラボ 佐藤 雅英
主な経歴
情報サービス会社、システムインテグレータにて17年間、SEとして業務アプリケーションの開発に携わる。その後、真に経営に役立つIT導入に貢献したいという想いから経営を学ぶため経営コンサルティング会社に勤…

【第6回】プロジェクト体制“整備”と導入ポイント

 前回から引き続き、電子カルテシステム等の部門をまたがる基幹系システム導入で成功するためのポイントを取り上げます。
前回ご紹介させていただいた通り、基幹系システムの導入が決定したら、導入委員会を結成し、体制の整備を行って下さい。病院長から全権を委任された副院長をCIOとし、部門トップだけではない多職種による精鋭チームとするのが理想です。

1

プロジェクト体制の整備

 CIOは、IT導入のキーマン(病院のプロジェクトマネージャ)であり、一定以上の権限を兼ね備え、システムにする知識よりも全体最適な視点での判断と各部門と調整を行うスキルが求められます。また、導入委員会の配下に、外来、入院、救急、地域連携等の機能ごとに組織横断WG(ワーキング・グループ)を組織します。

 この委員会と各WGのリーダーがカルテの電子化によって実現できる新たな診療プロセスを構築し、機能要件と非機能要件を定め、次の調達フェーズ以降も主導していくことになるのです。

 不安要素があれば、CIOを補佐する人材、または、導入委員会を支援する人材を外部から招聘することを検討して下さい。 WGになるべく多くの職員に参画してもらうことで、各メンバーは病院の方向性を認識することができるとともに、そのシステムを理解することができます。もちろん、各WGのリーダーは、強いリーダーシップを発揮しなければなりません。

プロジェクト体制の例
プロジェクト体制の例

+拡大

2

開発・導入フェーズの留意点

 開発・導入フェーズはITベンダに任せきりになりがちです。しかし、ここで病院側に抜かりがあっては、システム導入を成功に導くことができません。それでは、病院が留意しなければならないこと、主体的にやらなければならないことで主なものを以下に示します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクト体制/【第6回】プロジェクト体制“整備”と導入ポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト体制」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクト体制」関連の製品

IT企業向け購買管理システム 「BP-LINKS」 【TDCソフト】
EDI
見積・発注・請求業務の完全ペーパーレス化により、業務の劇的な効率化を実現。IT企業の購買業務に特化したEDIパッケージ。

プロジェクト体制」関連の特集


「営業支援システム(SFA)は、営業支援の機能だけを比較して選定すると失敗しやすい」という。では、何…



SFAはなぜ定着しないのか――普及期に入ったSFAでは成功事例だけでなく失敗事例のノウハウも蓄積され…



さて、長らく続けて参りました本コラムの連載「海外拠点のあるべき姿とは」ですが、今回と次回のテーマで最…


「その他基幹系システム関連」関連の特集


日本生命のとある部門で働くRPA「ロボ美ちゃん」。2016年には入社式まで行われ、話題をさらった。導…



第1回「日本本社と、海外拠点の想い」はこちらhttp://www.keyman.or.jp/at/3…



クラウド移行に着手しても、実際には限定的な範囲での利用にとどまっている企業は多い。しかし、日本ビュー…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクト体制/ 【第6回】プロジェクト体制“整備”と導入ポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクト体制/ 【第6回】プロジェクト体制“整備”と導入ポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006806


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ