【第6回】売れるための“販促媒体”の選び方!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/10/15

新規客!リピート客!顧客が集まる仕組みづくり

自己紹介
有限会社グレイズ 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれいな…

【第6回】売れるための“販促媒体”の選び方!

 あなたの事業で販促の成果を出すために、これまで対象のお客様を絞り、初めて買ってもらうときの心の壁、対象のお客様の普段の生活を想像して販促で出会える場所を探すことなどをご紹介してきました。この中に販促ツールや活動を組み込んで、顧客が集まる仕組みを作っていきます。販促ツールや活動などの媒体は様々あり、状況などに応じて使い分けることで効果を発揮してきます。
今回はその販促ツールや活動の特徴などをご紹介していきます。


1

まずは基本の販促ツールをおさえる!

 顧客が集まる仕組みづくりをする際に、販促に使える媒体は数多くあります。実は、企業活動のほとんどが販促として活用できるのです。といってしまうと、ではどれを使えばいいの?と思ってしまうでしょう。まずは、基本的な販促ツールの種類とその特徴をおさえておきましょう。販促ツールとしてすぐに思い浮かべるのはチラシやWebサイトなどです。他にも基本的な販促ツールの種類と特徴をまとめるとこうなります。

基本的な販促ツールの種類と特徴
基本的な販促ツールの種類と特徴

 このように基本的な販促ツールといっても、それぞれに特徴があります。認知度を高めるもの、購買意欲を喚起させるものなどさまざまな特徴があります。売れる仕組みの中にはいくつもの顧客の段階があります。見知らぬ人には認知が必要ですし、見込客には購買意欲を喚起させる必要があります。さらに一般客の方にはリピート客になってもらうための仕組みがあります。その段階に合わせた販促ツールを選ぶようにしましょう。


2

企業活動の全ては販促に活用できる!

 ただいま基本的な販促ツールをご紹介しましたが、それ以外にもさまざまな販促ツールや活動があります。基本的な販促ツールと合わせて、いくつかをご紹介します。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

販促/【第6回】売れるための“販促媒体”の選び方!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販促」関連情報をランダムに表示しています。

販促」関連の製品

マニュアル・デモ動画作成ツール iTutor (アイチューター) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Adobe Illustrator CC 【ソフトバンク コマース&サービス】 EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】
その他情報共有システム関連 その他PCソフト関連 EC
誰でも簡単にマニュアルやデモ動画、eラーニング教材が作成できるツール。一度操作するだけで、操作説明文付きの画像を取り込み、PowerPoint感覚で編集作業ができる。 精密かつ高度な描画ツールとタイポグラフィツールを使用して、ベクトルアートやイラストレーションを作成。 EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。

販促」関連の特集


 ウェブサイトにおいて、どんなキーワードで検索してもらえるかというのはまさに生命線であり、同時にSE…



「mBaaSって何?」という方は必見。IaaS/PaaS/SaaSでもない、mBaaSの位置づけや基…



 前回までで、Kindle Direct Publishingでの電子書籍出版の方法は理解いただけた…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

販促/ 【第6回】売れるための“販促媒体”の選び方!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「販促/ 【第6回】売れるための“販促媒体”の選び方!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006799


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ