【第5回】事業の強化・開発が“IT活用”の本命に!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/30

売上UP利益改革に!成果を実現するIT活用術

自己紹介
株式会社日本能率協会コンサルテイング 神奴 圭康
主な経歴
(株)日本能率協会コンサルティング(JMAC)顧問・シニアコンサルタント。ITコーディネータ。業務改革や経営改革の経験多数。ITコーディネータの経験を生かして中小企業のIT活用の支援も多い。「BPRに…

【第5回】事業の強化・開発が“IT活用”の本命に!

 今回は、IT活用の本命ともいうべき事業の強化・開発とIT活用のポイントをお話します。今話題のビジネスに直結したIT活用の要点を理解していただければと思います。


1

ビジネスに直結したIT活用とは

 今話題の「ビジネスに直結したIT活用」とは、事業の強化=事業競争力の強化を目的としたIT活用です。社内外を横断するビジネスプロセスを対象にBPRによる業務改革と一体化させてIT活用をします。よく耳にするSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)の改革は代表的なテーマです。最近は、既存事業のビジネスモデル再構築を含めて、事業の開発=新しいビジネスモデルの開発を目的としたIT活用が注目されています。次々と進化するインターネット関連ビジネスは、ITを活用した代表的なビジネスモデルといえます。いずれも、売上UPと利益改革(利益創造)をするために、事業戦略を実行する事業システムにITを活用する点は同じです。(下図参照)


2

BPRの考え方・手法を活用する

 事業の強化・開発にITを活用するテーマは、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)の考え方・手法が役に立ちます。BPRは部門や企業を横断するビジネスプロセスを対象に業務改革する手法として、1990年台から普及しました。
 BPRは現状を良くする業務改善という考えではありません。現状を白紙にして新たなビジネスプロセスを描き、現状の業務を思い切って改革する考えです。当初は、現状のQCDを劇的に改革することを成果目標としました。今はそれだけでなく、売上UPや利益改革が成果目標となりました。BPRは業務改革の代名詞ともいえ、ITを有効に活用するために必要な手法と認識されています。
 BPR手法の特徴を事業システムとの関連でいえば、次の3点があげられます。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IT活用/【第5回】事業の強化・開発が“IT活用”の本命に!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT活用」関連情報をランダムに表示しています。

IT活用」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

IT活用」関連の特集


 今回と次回で、SaaS、PaaS、IaaSを適材適所に活用しワークスタイルの変革を実現した中小企業…



 前回のコラムでは、シクミを「やるべきことの意識づけ策」、シカケを「やるべきことの動機づけ策」と定義…



「災害対策は万全だったのに…。」東日本大震災時、“従業員の安否確認”に思いのほか時間がかかる事態に!…


IT活用」関連のセミナー

IT活用による業務効率化 × 弁護士が教える企業秘密漏洩対策 【スターティア/ChatWork/ファースト法律事務所】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みのある経営者、経営幹部、営業部、情報システム部の方は、ぜひ受講をおすすめします!】・社内の業務を効率化しようと思うが、何から手をつけたらいいのかわ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT活用/ 【第5回】事業の強化・開発が“IT活用”の本命に!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT活用/ 【第5回】事業の強化・開発が“IT活用”の本命に!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006752


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ