業界の情報収集、Webか紙媒体、どちらでですることが多い?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/01/22

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

ランチはどちら派?

 昼休みのほっとするひととき、ランチは「外食」という人は45%、「お弁当」という人は55%という結果になった。「外食」派の最大の理由は「気分転換」。昼休みまで自分のデスクで過ごしてしまうと、電話をとってしまったり仕事に手を付けてしまったりと、結局リフレッシュにならないからあえて外に出る、という人が多いよう。多少のコストは覚悟の上なのだろう。社員食堂でランチをいただくという恵まれた人も散見した。「お弁当」派の最大の目的はもちろん「節約」。自宅から弁当を持ってくることでランチ代を浮かす。コンビニなどの安い弁当を購入する人も一部いるが、多くは自分で、もしくは家族が作ってくれる。質素な弁当を嘆く人もいるが、家族の手のかかったランチをいただけるのは、それだけで幸せな気もする。

【「外食」派のコメント】

朝に弱いので、お弁当を作る余裕がないというのが正直なところ。お弁当屋さんやコンビニもよく利用しますが、外食はオフィスから出てリフレッシュできる(時によってはグチ大会)というのも理由です。(20代・女性)

作ってくれる人の負担を考えると弁当は選択できない。(30代・男性)

600円以下、できればワンコインで食べられるところをネットや自分の足で歩いて探しています。(30代・女性)

社内に自席以外でお弁当を食べる場所がなく、自席で食べていたら電話応対をすることになり、休憩にならないので。(40代・女性)

せっかく社員食堂がビル内にあるのに、使わないのはもったいない!(40代・男性)

自席だとマウスを使いながら食べてしまうし、食堂やリフレッシュルームでの食事などで会社の人とランチをすると仕事の延長線上になりかねない。単独行動の外食で完全リフレッシュの1時間にしている。(40代・男性)

毎日社員食堂ですませます。たぶん、恵まれているほうでしょうね……。(50代・男性)

近くでお弁当を買ってきて社内で食べる人も数人いますが、お弁当は揚げ物が多くなりがちなのでパス。その時の気分で、行きつけの何店かから選んでます。基本新規開拓はしてないので。(50代・男性)

昼休み、ダイエットでのために低カロリーランチのある隣駅のお店までまでウォーキングしています。(50代・男性)

営業部門にいるので外回りが主体ですが、できるだけ事務所にいたくないこともあり、外食しています。メタボ体型にはなりますが……。(60代・男性)


【「お弁当」派のコメント】

節約中です。(20代・女性)

弁当といっても仕出し弁当ですが。でも安いので、外食よりも良い。(30代・男性)

社食がないため、外食だとコーヒー込で1000円超。毎日は辛いので、外食は週1、後は弁当にして安く済ませてます。(30代・男性)

ダイエットを兼ね、昼食をおにぎり1個にしたら、そのうちに買いに行くのが面倒になり、今はバランス栄養食のまとめ買いでこなしてます。おかげで昼食コスト44円/dayです。(40代・男性)

子供の弁当のついでに作ってもらっています。小遣い制なので、費用抑制に役立っています。(40代・男性)

自分でお弁当を作っておりますが、最近クックパッドのレシピを活用するようになり、同じ素材でも味付けのレパートリーが増えたような気が……。パートナーにも好評でお陰でお弁当作りが深夜(早朝?)におよぶ事も(汗)。(40代・男性)

結婚以来家内が毎日ガッツリ作っているので、弁当から逃れられません。(40代・男性)

弁当を作ってくれるから仕方なく食べているが、お世辞にもおいしいとは言えないので、本当は外食したい。(40代・男性)

以前は会社の食堂でしたが、我が家でも一層の節約を目指して3年前からお弁当に切替えました。(50代・男性)

ランチだけでなく、3食すべて、妻の管理下にあります。なので、たまの出張が秘かな楽しみです。(50代・男性)

お弁当は夏の暑いときや冬の寒いときに外に出ないで食べられるので幸せです。また、出張の時などにたまに外食すると新鮮な感じです。(50代・男性)



業界の情報収集、何ですることが多い?

 業界の情報収集の手段を「Webサイトやメールマガジン」と答えた人は95%、「情報誌や書籍」と答えた人はわずか5%という、大きな差のつく結果となった。ここまで差が開くということは、実質「Webサイトやメールマガジン」がほとんどの情報源となるということだろう。「Webサイトやメールマガジン」派の大きな理由は、やはり情報の「鮮度」。Webサイトやメルマガと比較すると、雑誌や書籍はどうしても情報伝達に時間がかかる。また紙媒体は場所をとるために、オフィスや移動時に紙媒体を敬遠する人が多い。「情報誌や書籍」派は、じっくり調べたい場合に紙媒体を選ぶという。また「Webの情報は必ずしも正確ではない」という判断もあるよう。決してそんなことはないと思うが……。

【「Webサイトやメールマガジン」派のコメント】

わからないことも気軽に調べられますし、無料なのがいいです。ときどき社内にある共有の情報誌も見ることはありますが、年に数回程度ですね。(20代・女性)

書籍だと情報共有するのが手間なので。(20代・男性)

本や雑誌を読んでいると「暇なのかな」と思われそうで。(30代・男性)

書籍は既技術を勉強するには良いですが、情報収集の面では情報が遅すぎて使えません。(30代・女性)

同じ情報をいろいろなところから取ることが有益だと考えているので、Webサイトやメールマガジンです。(30代・男性)

情報は鮮度が命、印刷物では入手時点で陳腐化してしまっていることも。(40代・男性)

PCが圧倒的に多いです。そういえば最近雑誌を買わなくなったのに気が付きました。(40代・男性)

メルマガなどは、受けたこちら側で読む読まないの取捨選択が簡単にできますので。やはり紙媒体はかさばってしまう。(40代・男性)

書籍を買っても展開があまりにも早い業界なので、ついついWebサイトで済ましています。(40代・男性)

リアルタイムで情報が飛び込んでくるからメルマガです。(50代・男性)

最近雑誌がめっきり減り、薄くなってしまい、読みごたえがない。買う回数も激減です。(50代・女性)

印刷物は保管・破棄が大変なので、買わなくなりました。(50代・男性)

書物は、心身とものリフレッシュ用ですので、極力、仕事関係では見たくないものですから……。(60代・男性)


【「情報誌や書籍」派のコメント】

大まかな情報収集はサイトから行いますが、紙媒体のほうが、より正確かつ確実な気がします。(20代・女性)

概要はネットで、詳しく知りたければ書籍で。(20代・女性)

書籍のほうが情報が頭に残りやすいように思います。書籍は能動的、メルマガは受動的なイメージ。(20代・男性)

時事ネタはWebサイトですが、じっくりと詳細な情報収集をする際は、やはり情報誌や書籍です。(30代・男性)

紙媒体の方が「斜め読み」しやすいので、情報収集が早いと考えている。(40代・男性)

Webは便利ですが、信用度は低いですね。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年12月19日〜 2013年12月25日にかけて実施した「最適」に関するアンケート(有効回答数:419)より抜粋して構成した。


最新特集

イヌ用の脳トレ? ネコ用VRゲーム? ペットのためのヘンテコIT 【金曜Black★ピット】 2018/04/20

人間がITを活用して生活を豊かにしていくように、ペットも最新テクノロジーの恩恵を受ける時代がやってきた。何だか未来だワン…

人口45万人の都市がランサムウェアに感染、何が起きたのか? 【金曜Black★ピット】 2018/04/13

大都市の行政システムがランサムウェアの侵入を許すと一体どうなってしまうのか。果たして、身代金を支払うべきなのか。

最悪の犯罪、ドローンが運んだ84億円の「ブツ」とは? 【金曜Black★ピット】 2018/04/06

中国の深セン市で発覚したドローンを悪用した密輸事件。1万5000台ものアレが密輸されたが、その手口が予想の斜め上を行く。

IBMの「世界最小」コンピュータが小さすぎて、すぐに紛失しそう 【金曜Black★ピット】 2018/03/30

IBMが開発中の微細コンピュータが発表された。あまりの小ささに、くしゃみをしたら見失ってしまいそうだ。

「Alexa、取りあえずビールで」渋谷の居酒屋の挑戦 【金曜Black★ピット】 2018/03/23

スマートスピーカーを店員の代わりとして使う実証実験が始まった。果たして、思惑通りにAIスピーカーは活躍しているのだろうか…

仮想通貨で新たな犯罪、ナナメ上の犯行が大胆すぎる 【金曜Black★ピット】 2018/03/16

アイスランドでは、全国民の電力使用量よりも仮想通貨の採掘で使う消費電力の方が多い。同国で予想外の犯行が発覚した。




最適/業界の情報収集、Webか紙媒体、どちらでですることが多い?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「最適」関連情報をランダムに表示しています。

最適」関連の製品

アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 【CA Technologies】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】
テストツール 開発ツール SFA
アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 営業の働き方改革を加速させるために、IT部門ができることとは?どのようなITツールを活用すれば、営業の働き方改革が前へ進むのか、詳しく解説。

最適」関連の特集


昨今、違法コピーをしている企業が訴えられる事件が相次いでいます!あなたの企業は大丈夫ですか?IT資産…



 情報システムの調達といっても、色々な段階がある。またそのガイドについても、公共においては「情報シス…



今回は、ストレージシステムの中で機能面に優れるSANをご紹介します。各ベンダーの仮想化への取り組みな…


最適」関連のセミナー

Windowsレガシー/VB6.0モダナイゼーション 移行対策セミナー 【システムズ】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

最近当社に多く寄せられるのが「Windows2020年問題」に関するご相談です。Windows 7 と Windows Server 2008 の延長サポート終…

法人向けクラウドメールサービス無料紹介セミナー 【サイバーソリューションズ】 締切間近 

開催日 4月26日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

多くの導入実績により顧客の声をしっかり反映、ビジネスに求められるメール機能を全て備え、手厚いサポートにより安心感に加え、 8年間完全停止ゼロという驚異の安定性に…

パフォーマンス悪化を予防するアプリケーションの見える化とは 【主催:アシスト】 締切間近 

開催日 4月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

「Webサービスのパフォーマンス悪化を予防するアプリケーションの見える化とは」〜Webサービスのパフォーマンス悪化によるビジネス機会の損失、ユーザクレーム!にお…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006726


IT・IT製品TOP > ビッグデータ > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ