国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識

2014/02/25


 前々回前回と3回にわたって「情報処理技術者試験ネットワークスペシャリスト試験」の平成25年秋期ネットワークスペシャリスト試験午後II問題を解説しながら、ネットワークの基礎をおさらいしているが、今回は最後の1回だ。試験の概要などは、情報処理技術者試験センターのホームページを参照していただきたい。本試験の問題形式や回答方式などの概要は、以前の記事で詳しく紹介しているので、こちらもあわせてご確認いただきたい。

ネットワーク

※「ネットワーク/国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ネットワーク/国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

25年秋期ネットワークスペシャリスト試験 午後II 問1

1-1

〔サブネット間のローミングの調査と設計〕と設問4

 前回までに紹介していた設問3までは基本的な問題だったが、設問4、設問5は難易度が高くなる、いよいよ佳境に入るといった感じだ。
 前回の続きから本文を読んでみよう。

この段落は3ページ半と長い。1つひとつチェックしながら読んでみよう。しっかり読めば解答の糸口が導き出せる。

 ここで、WLCやRFC2002といったキーワードを初めて聞いたという人も少なくないだろう。しかし、焦る必要はない。次の段落で後輩のJ君がしっかりと調査している。この文章では「Y社独自の工夫を加えて〜」が気になる…と感じられればOKだ。
 続けて調査結果を読んでみよう。

※「MN」はモバイル端末を指す。
図4 HAとFAを経由したMNの位置登録の通信手順及び送信ノードとMN間の通信手順
図4 HAとFAを経由したMNの位置登録の通信手順及び送信ノードとMN間の通信手順

 ここで設問4を解いてみよう。

 Advertisement(広告)メッセージである。
 設問をよく見てみよう。問われているのは、宛先IPアドレスの種類”である。IPアドレスの種類(分類)と言ってすぐに思いつくのは「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」であろうか。ここで本文の冒頭から「アドレス」に関して手がかりを探してみよう。

 〔現状調査〕の中で「本社に機器には固定IPアドレスが設定される。」とある。特に「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」の明記はない。この分類は、本文を読むかぎりではどちらとも断定できない。
 IPアドレスの種類(分類)を今一度考えてみよう。項目2番目に「モバイルIPv4」とある。わざわざ「IPv4」と明記されているのだ。IPv4であれば「ブロードバンドキャスト」「マルチキャスト」「ユニキャスト」というIPアドレスの種類がある。参考までにIPv6であれば「マルチキャスト」「エニィキャスト」「ユニキャスト」というIPアドレスの種類がある。

 図4中の「1」を「ユニキャスト」と仮定した場合、対象とされる全MNのIPアドレスに個別にAdvertisementメッセージ送らなければいけない。それ以前に移動してきたMNとFAとはネットワークアドレスが異なる、これは現実的ではない。
 「ブロードバンドキャスト」と仮定した場合、Advertisementメッセージの入ったフレームの宛先MACアドレスは、すべてビット“1”となるのでFAが所属するネットワーク内にあるすべてのMNに同報ができる。

 IPアドレスは、ネットワークアドレスとホストアドレスで構成される。単なるブロードバンドアドレスの場合、ネットワークアドレスはFAが所属するネットワークアドレスでホストアドレスはすべてビット“1”となる。移動してきたMNとFAとはネットワークアドレスが異なるので通信ができない。ブロードバンドアドレスにはもう1つ、ネットワークアドレス、ホストアドレスともにすべてビット“1”とする方法がある。前者を「ディレクティッド(指定)ブロードキャストアドレス」、後者を「リミテッド(限定)ブロードキャストアドレス」と呼ぶ(下図参照)。

「ディレクティッドブロードキャストアドレス」と「リミテッドブロードキャストアドレス」
「ディレクティッドブロードキャストアドレス」と「リミテッドブロードキャストアドレス」

 Advertisementメッセージの宛先IPアドレスを「リミテッド(限定)ブロードキャストアドレス」にすれば、移動してきたMN(FAとは異なるネットワークアドレス)でも受信することができる。
 設問4(1)の解答としては【ブロードキャストアドレス】では点が取れないであろう。【限定(的)ブロードキャストアドレス】または【リミテッドブロードキャストアドレス】で点が取れる。また【マルチキャストアドレス】でも正解である。  

 図4の続きを見ていこう。

 上記の説明に対応する設問が、設問4の(2)である。

 まず、「通信プロトコル」が問われている。通信プロトコルと言えば用語の終わりに“P”がつくものだ。TCP/IPかUDPか、はたまたDHCPかARPか…。さてさて、ホストは通信に先立って相手方のMACアドレスを知るためにARP要求パケットの中に相手方のIPアドレスを入れてブロードキャストでネットワーク内のホストすべてに送出する。該当したIPアドレスをもつホストがARP応答パケットを返す。しかし、毎回毎回、通信するたびにARP要求パケットを送出していると通信効率が悪くなる。そこでARPで得たMACアドレスとIPアドレスとの対応関係をARPキャッシュとして保持する。保持時間はOSやネットワーク機器によって異なる。参考までにWindowsで2分、Linuxで4分、ルータなどのネットワーク機器は2〜6時間程度である。保持時間を過ぎると自動的に消去され、改めてARP要求パケットを送出する。

 さて、この設問で考えてみると、移動前、ホームネットワークの各ホスト内のARPキャッシュには、「MNのMACアドレス」〜「MNのIPアドレス」という対応関係が保持されている。移動後、対応関係は「HAのMACアドレス」〜「MNのIPアドレス」となる。移動に要する時間は不明だが、ここではARPキャッシュを強制的に書き換えてもらわなければならない。そこでHAは、ARP要求パケット(目標IPアドレス:MNのIPアドレス)を送出する。そして「HAのMACアドレス」〜「MNのIPアドレス」という関係を内在させたARP応答パケット(HAのMAC アドレス)を送出する。これによって各ホストのARPキャッシュが強制的に書き換わるのだ。
 このような自作自演のARP要求とARP応答を「Gratuitous ARP」と呼ぶ。Gratuitousとは「無料の」「無意味の」という意味があるが、決して無意味ではない。「Gratuitous ARP」は、DHCPで割り当てられたIPアドレスが重複していないかの確認時や、VRRPでも使われる。

 設問4の(2)、「プロトコル」の解答としては【ARP】では点が取れないであろう。【Gratuitous ARP】または【GARP】で点が取れる。また【マルチキャストアドレス】でも正解である。設問4(2)、「目的」の解答としては、40字の中に前述のとおり「ARPキャッシュを書き換える」旨の内容を書けばよい。例えば【HAの所属するサブネットワーク内の各ホストのARPキャッシュを書き換えるため。】(39文字)などだ。

 図4の続きに戻ろう。

 ここで設問(3)だ。

 設問をよく読むと「ARP要求」である。送信ノードは、ARP要求パケット(目標IPアドレス:MNのIPアドレス)を送出する。移動前ならばMN自身がARP応答パケット(MNのMACアドレス) を送出する。移動後は、MNがこのサブネットワークに存在しないのでARP応答がない。
 そこで、下線(え)がHAによって代理受信するためには、上記ARP要求パケットに対してHAがMNの代理としてARP応答パケット(HAのMACアドレス) を送出しなくてはならない。解答例としては【プロキシARPで代理応答する処理】(16文字)。

 さて、次の設問4(4)までの本文が長い、ここで集中力を切らさずに本文を読んでいこう。

 ここで一番最初に気になった「Y社の工夫」が登場する。前提となるのはMNにはモバイルIP機能がないことである。
 図4(1)で、MNではAdvertisementメッセージを受信した後の処理が記述されている。これによってホームネットワークにいるのか、訪問先ネットワークにいるのかを判別し、位置登録の要求を行う。でもこの機能がない。これをカバーするために「Y社の工夫」が必要となる。

図5 WLCとAPを導入する時の構成(抜粋)
図5 WLCとAPを導入する時の構成(抜粋)
表2 モバイルIPに関連してWLCとAPがもつ機能の名称を機能の概要
表2 モバイルIPに関連してWLCとAPがもつ機能の名称を機能の概要

 ここで図6を見る前に、設問4(4)を見てみよう。

 設問をよく読むと、「表2中の機能の名称で答えよ」とある。表2の機能の名称は「HA」「PA」「HAプロキシ」「FAプロキシ」の4つしかない。すなわち4択である。さて、図6を細かく見てみよう。

図6 MN1がAPjに移動したときのMN1に関連する通信の内容
図6 MN1がAPjに移動したときのMN1に関連する通信の内容

 (i)より、「MN1とWLC間で認証処理が行われる。」とある。表2の下に「MNがAPと接続するときに行われるIEEE802.1Xの認証では、WLCがオーセンティケータ」として働く。」と書いてある。通常はアクセスポイント(AP)がオーセンティケータであるが、この場合は、WLCがオーセンティケータとなるので、MN1とWLCでの通信が必要になる。

 表2機器名「WLC」機能の名称には「HAプロキシ」「FAプロキシ」とある。そのため空欄aに入る字句は、上記2つののいずれかである。
 (ii)「移動情報テーブル」「位置情報」を基に、それぞれの機能の概要を見ると「移動情報テーブルに登録」など移動情報テーブルの管理は「HAプロキシ」が行っている。よって設問4(4)aは【HAプロキシ】である。

 (iv)より、MN1からみたAPjはFAである事がわかる。よって設問4(4)bは【FA】である。
 念のため、表2機器名「AP」機能の名称「FA」機能の概要(1)を確認すると、「受信したパケットを中継処理する。」とある。L3スイッチに送信している。

 (v)より、MN1からみたAP1はHAである。よって設問4(4)cは【HA】である
 念のため、表2機器名「AP」機能の名称「HA」機能の概要を確認すると、「そのMNが移動中のときは、受信したパケットをカプセル化してWLCのFAプロキシに送信する。」とある。

 (vi)より、「そのMNが移動中のときは、受信したパケットをカプセル化してWLCのFAプロキシに送信する。」とある。よって設問4(4)dは【FAプロキシ】である。
 念のため、表2機器名「WLC」機能の名称「FAプロキシ」機能の概要を確認すると、 「カプセル化解除」と「再度カプセル化してパケットを移動先のAPのFAに送信する」とある。

 (vii)より「再度カプセル化してパケットを移動先のAPのFAに送信する。」とある。よって設問4(4)eは【FA】である。
 念のため、表2機器名「AP」機能の名称「FA」機能の概要(2)を確認すると、「WLCから送信されたパケットを受信したときはカプセル化を解除して、MNに送信する。」とある。

 これで長かった段落〔サブネット間のローミングの調査と設計〕が終わる。同じ設問内でも難易度の違いがあることに気がついただろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ネットワーク/国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク」関連情報をランダムに表示しています。

ネットワーク」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】 常に最先端のSDS利用を可能にするOSSとサポートの魅力 【レノボ・ジャパン株式会社】 導入検討で実際に体験もできるハイパーコンバージドインフラ 【レノボ・ジャパン株式会社】
その他PC関連 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。 100TB超のオールフラッシュストレージをSDSで素早く構築する方法 仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法

ネットワーク」関連の特集


完全に防ぐ方法はないとされるメールのリスクに対して企業は今、どんな対策を優先すべきか?メールセキュリ…



以前は高額製品だったFTサーバ(無停止サーバ)ですが、最近では低価格製品が登場してきました。今回はそ…



22種類ものLANケーブルを、規格名からケーブル直径、最大長、最大ノード数まで徹底比較!それぞれの特…


ネットワーク」関連のセミナー

【3社合同(Cylance/IBM/MOTEX)】最新セキュリティ対策セミナー 【エムオーテックス/日本アイ・ビー・エム/Cylance Japan】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今年9月に米国大手インターネット検索会社が、不正アクセスにより約5億件のユーザー情報が流出したことを発表しました。また、今年3月からシステムへのアクセスを制限し…

Connected AI Conference 2016 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

加速する人工知能がもたらす社会変革〜 “繋がるAI”の活用で実現するビジネスの未来とは?〜加速する人工知能がもたらす社会変革をテーマとし、ビジネスへ与えるインパ…

サービスパフォーマンスモニタリングを、はじめよう 【CTCテクノロジー】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、モバイルの普及に伴い、企業が提供するサービスは「いつでもどこでも、快適に利用できる」ことが以前にも増して求められ、エンドユーザーが体感するサービス品質その…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ネットワーク/ 国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ネットワーク/ 国家試験で再確認!ネットワーク基礎知識」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006719


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ