本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み

2014/01/28


 現在、一般的に使用されているIPv4のアドレス長は32ビットである。理論的には約40億通りの組み合わせが可能だが、インターネットの普及ペースから考えるとIPv4アドレスの枯渇は深刻な問題だ。今まではプライベートアドレス、CIDRなどの運用で何とか凌いできたが、アドレス枯渇問題の1番の切り札は、やはり“IPv6”である。
 IPv6はなかなか普及が進まなかった感があったが、昨今はIP電話の普及などで普及が加速化してきた。今回は、IPv6の仕組みやIPv4との違いなどについて、その基本を解説していく。

IPv6

※「IPv6/本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IPv6/本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IPv6とは

1-1

IPv6登場の背景

 IPアドレスは、IPネットワークに参加するホスト1台ごとに割り当てなければならない。
 近年、インターネットの急速な広まりやIP電話などのように個々にグローバルIPアドレスを割り当てなければならない技術が普及し、IPv4(IP Version 4)におけるIPアドレスの枯渇が問題となっている。というのも、IPv4のIPアドレス長は32ビットなので、すべての組み合わせを使用したとしても、理論上は約40億通り(2の32乗)の組み合わせしかないためだ。この問題の根本的な解決のために登場したのが、IPv6(IP Version 6)である。
 しかしIPv6への移行は、単に装置を置き換えるだけで済むものではなく、すでに普及しているIPv4で構築されたネットワークとの互換性を確保しながら、徐々に進める必要がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPv6/本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPv6」関連情報をランダムに表示しています。

IPv6」関連の製品

インターネットVPNルーター 「FutureNet NXR-G200シリーズ」 【センチュリー・システムズ】 セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】
ルーター ネットワークスイッチ ADC/ロードバランサ
無線(LTE)回線やWiFii対応で通信を二重化。通信にかかる負荷とコストを低減できる高性能VPNルーター。独自のFQDNルーティング機能を搭載し、ゼロコンフィグも実現可能。 通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。

IPv6」関連の特集


国内の名だたるスイッチベンダによる本格活用も始まった「OpenFlow」。ネットワーク界の新常識をわ…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…



3回連載で昨年の「情報処理技術者ネットワークスペシャリスト試験」を解説する企画も今回が最終回!ネット…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPv6/ 本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPv6/ 本当に理解している?IPv6とIPv4の仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30006715


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ