もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

もう会議も眠くない!モバイル会議導入で会議を活性化

2014/01/06


 会議の効率化は古くて新しいテーマだ。ダラダラと長い会議を繰り返す組織は存続が危ういとさえ言える。公益社団法人 港区シルバー人材センターは月1回開かれる理事会の効率的運用を目的にiPad会議システム「モバイル会議」(NRIネットコム)を導入。会議資料づくりの作業軽減などで効果を上げている。
 システム選定のポイントはズバリ「わかりやすいこと」だった。

※「モバイル会議/もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイル会議/もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

公益社団法人 港区シルバー人材センター
所属職員/理事12名、監事2名、事務局10名
事業内容/高齢者向け業務の請負・委託
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

iPad会議システム「モバイル会議」
NRIネットコム株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

会議の資料づくり作業が膨大で、印刷コストも嵩む。また、紙の資料を配布する会議では出席者が内容を理解しにくいことがあった。

NRIネットコムのiPad会議システム「モバイル会議」を導入。

会議の資料づくり作業が大幅に削減されるとともに、使用する紙の量も削減された。また、会議では出席者がタブレット端末を集中してしてみるため、理解度が進み会議が効率化された。


1

会議の資料準備に2人で半日も…大量の紙を使用することも問題だった

■資料の修正が発生すると、再印刷と差し替えが必要だった

 港区シルバー人材センターは港区内の定年後の60歳以上の区民が会員として登録している。現在約1,550名に対して、就業の機会を提供する業務を行っている。組織運営は会員が選んだ役員が中心となって行っており、自主自立・共働共助をモットーにしている。
 同センター常務理事・事務局長の鈴木修一氏が理事会にNRIネットコムのタブレット端末を使った会議システムの導入を検討した理由の第一は、会議の準備作業の大変さだった。
「従来の紙の資料作成ではすべての原稿の完成を待って印刷や両面コピーの作業などに取り掛かるため、原稿の完成を待っている時間が必要。また、訂正があった場合の差し替えなど、資料作成の作業時間は2人で半日はかかっていいました」(主任 本間秀樹氏)という。
 また、鈴木氏は理事会を取り仕切る立場から、「タブレット端末を使用すれば会議の場で出席者に分かりやすい説明ができるのではないか」と考えた。2012年夏のことだった。

担当者のナマ声:紙の資料では理解しづらい説明もあり、準備作業にも時間がかかっていた。

 私どもは公益法人という性格もあり、事務方が得た情報はできるだけ多くの会員の方に公平に伝えようと心がけています。そのためにはまず、役員会において理事に知ってもらう必要があります。しかし、理事・監事は全員が経営のプロではなく、会社勤めの経験がない方もいますので、通常の会社の会議のように紙の資料を配布するやり方では、出席者がこちらの説明に集中できず、その結果、会議の内容を十分に理解していただけないと感じていました。
また、会議事務局の準備作業も、紙の資料作成では訂正の差し替えや印刷、コピー作業の負担が少なくありませんでした。
 NRIネットコムの「モバイル会議」では紙の資料を準備することは不要ですし、iPadを使って手元で、カラーの図表や写真などを見ながら説明を聞けるので、70代の人もいる理事にもわかりやすいのではないかと考えました。
(港区シルバー人材センター常務理事・事務局長 鈴木修一氏)

鈴木氏と本間氏
鈴木氏と本間氏
中心になって「モバイル会議」の導入を進めた常務理事・事務局長鈴木氏と、主任 本間氏 

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

モバイル会議/もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル会議」関連情報をランダムに表示しています。

モバイル会議」関連の特集


高精細な映像と音声でのコミュニケーションが可能な遠隔会議ですが、帯域の不安定なモバイル環境での実力は…



多くの企業で導入し始め、手軽にコミュニケーションを行う手段として広く認知されているWeb会議。今回は…


「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】 海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド! ◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の特集


「会議はムダが多い」と思っていませんか?そこで注目したいのが遠隔会議。時間・交通費を削減し、意思決定…



高品質を武器にさまざまな場面で利用されるようになってきたビデオ会議システム。今回は事例を交えて徹底紹…



ブロードバンドが普及した現在、ビデオ会議システムはIP電話の次にくるキラーアプリケーションと目されて…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイル会議/ もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイル会議/ もう会議も眠くない!モバイル会議で活性化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006706


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ